■プロフィール

Author:P太郎
日本酒と競馬好きなサラリーマン

日々飲んだ日本酒の紹介や競馬
関連のブログです。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセスカウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

而今 特別純米 にごりざけ生
而今 特別純米 にごりざけ生
使 用 米:山田錦、五百万石
使用酵母:非公開

三重県から木屋正酒造のお酒「而今」です。
今期(29BY)は「而今にごりざけ」運良く2本ゲット出来たので、1本はすぐ飲んで
もう1本はここまで(購入後から約6ヶ月間かぁ・・・)氷温保存しておりました。
どう熟成しているか楽しみです!

15268991610.jpeg15268991810.jpeg

15268991720.jpeg15268991920.jpeg

ちなみに1本目の記事はこちらです。

グラスに注ぐと、ちいさい気泡がまだつきますね。
上立ち香は、メロンっぽいです。梨も少し混ざるかな。

まずは上澄みから。一口含むと、甘旨メロンです!
昨年11月に購入したものと比べると、より甘くなってる?気がします。

今度はしっかり撹拌してからいただきます。
前回は「カルピスソーダ」の味わいでしたが、今回はどうかな。
ひと口含むと、すこし甘味旨味が前にでてますが、基本カルピスソーダです(笑)
ガス感はまだありますが、爽快ってほどでもなく微炭酸よりも少なめくらい。

でも、思ったよりそんなに育ってる印象はあまりないですね。
劇的に何かが変わったって感じでもないし。
それかもっと寝かせた方がよかったかな?

しかし、まぁ旨いですよ。少なくても前回飲んだ純吟の山田錦よりはずっと。
而今、いろんなスペックがあるけど「にごり」だけはちょっと別格かな。
僕的にはですけど。

2日目。
敢えて上澄みだけを飲みましたが、初日とほぼ変わらず濃厚甘旨なメロン。
僕はこっちの方が好きかな~

而今にごり、美味しくいただきました。でも6ヶ月間氷温熟成させた結果としては
これなら買ってすぐ飲んだ方が良いかな(笑)
而今は来期も積極的には追いませんが、やはり「にごり」は飲んでみたいな。



日本酒ランキング




スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

三重県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
奈良萬 純米吟醸 無ろ過生原酒 中垂れ
奈良萬 純米吟醸 無ろ過生原酒 中垂れ
使 用 米:五百万石 100%
使用酵母:うつくしま夢酵母

まだ梅雨にも入ってないのに最近の日本酒はすっかり夏酒ムード。
1ヶ月半~2ヶ月ズレてるような気がする。

しかし冷蔵庫を覗くと、まだ1月~2月出荷のお酒がゴロゴロと・・・
いささか購入を控えて飲まんとな・・・お酒の記事も季節が完全にズレてます。

福島県から夢心酒造のお酒「奈良萬」です。このブログでも3回目の登場。
すっかり僕のお気に入り銘柄ですが、じつは言うほど飲みこんではいません。

15173105980.jpeg

最初に「純米生酒 おりがらみ」を飲んで心を打ち抜かれて、さらにその次に
「純米吟醸 酒未来」をやって、やはり僕の好きな本線であると確信しました。

好きなお酒の出会いって大概そんなもんかな。そんな何本も飲まなくても大方は
最初の1~2本で好きの度合いは決まっちゃう。それは「人」も同じかな。
自分と合うかどうかって大抵1~2度会えば感覚で分かるみたいな感じ。

でも「お酒」や「人」も好きな傾向が徐々に変わってくることはよくありますが。
女性の好みのタイプなんかまさしくそれで、昔は苦手なタイプだったのに今では
むしろ好き!みたいな。(違うかっ・・・)

15173106120.jpeg15173106230.jpeg

上立ち香は、うつくしま夢酵母だけあってイソアミル系でバナナ、爽やかな感じ。
含むと、穏やかなバナナにラムネっぽい清涼感がある味わい。この味わい好きだなぁ。
口に含んだ瞬間に味わいが広がって味覚を刺激されます。旨いですね!

2日目。
初日とほぼ変わらず、とろっとした味わいでバナナ+ラムネ。
後味に旨味ものっかり雑味もほとんど無く抜けていきます。美味しいですね。

奈良萬美味しくいただきました。今期はこれで3本飲みましたが「純米おりがらみ」が
断トツに抜けて一番旨かったですね!できれば今期はもう1本くらい何かやりたいと
思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

福島県 | 08:08:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
作 新酒 純米大吟醸
作 新酒 純米大吟醸
使 用 米:非公開
使用酵母:非公開

三重県から清水清三郎商店のお酒「作(ざく)」です。
2016年の伊勢志摩サミットで乾杯酒として一躍有名になった銘柄でサミット後は
入手困難となってしまい一度は飲んでみたいな…と思っていました。

普段行く酒屋さんでは見かけたこと無く、県外出張の際に見つけるしかないなと
半ば諦めていましたが、先日行きつけの酒屋さんでこの商品を偶然見つけました!

15163698050.jpeg

店員に「作」って取扱いしてました?と尋ねたら不定期でたまに入ってくるとの事。
ただ入荷数はごく僅からしい。冷蔵庫もパンパンでしたが早速購入しました。

「作」について少し調べたら、特徴の一つに「生酒」を造らないとのこと。
理由は生酒はどんなに気を使っても品質の劣化が起こる可能性がありその可能性を
無くすにはお酒に火を入れる以外にないという蔵の意向があるみたいです。
新酒も火入れという徹底ぶり、めずらしいね。

15163698200.jpeg15163698290.jpeg

上立ち香はフルーティーな吟醸香、南国系かな。
ひと口含むと、上立ち香そのままに果実味があり、酸味もキュッと感じます。
そしてなんと言ってもスゴクきれいな口当たり。果実でいえばパイン系かな。
しかし火入れなのにまるで生酒のように感じます。上品でキレイな純大吟ですね!
美味しいなぁ。

2日目。
初日とほとんど味わいが変わってない。こんなに変わらないお酒もめずらしいなぁ。
火入れに拘っているだけあってレベルが高い証拠ですね。結構好きな味わいかも。
飲み進めるとお米の旨味も出てきて、ますます旨く感じる。コレ好きだわ!

4日目。
果実感ある味わいは落ち着き、甘味がすこし前へ。
でも、酒質は落ちずに美味しさもほぼ保ってますね。
さすがだなぁ。

「作」美味しく頂きました。
今度は他のスペックも試してみたいですね。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

三重県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
花邑 純米吟醸 雄町 生
花邑 純米吟醸 雄町 生
使 用 米:雄町 100%
使用酵母:非公開

秋田県から両関酒造のお酒「花邑」です。このブログでも2回目の登場。
前回は、昨年に純米の陸羽田(火入)をやりましたが、今回は前々より狙っていた
スペックで「純米吟醸 雄町 生」です。ようやく念願叶って購入できました。

15259574060.jpeg

前回の「純米 陸羽田」は美味しくはあったのですが、これがプレ酒かな?って
感じの印象だったので、今回は改めて仕切り直しの1本です。

15259574170.jpeg15259574300.jpeg

上立ち香はカプ系の甘い吟醸香、でもそんな強くはないかな。
ひと口含むと、結構甘いなぁ・・・雄町っぽいふくよかな甘味です。
飲み干した後も甘さが嫌な感じに残らずスッと消えていくあたりはさすがというべきか
前回同様に飲みやすいですね。まぁこの手のお酒のなかではレベルが高いのかな。

「十四代」は家飲みではまだ飲んだことがなくて外飲みで数回程度ですが、確かこんな
感じのお酒だったな。前回の「純米 陸羽田」と比べるとこっちの方が好みですね。

3日目。
上立ち香は収まりましたが、含むと相変わらず香り系のお酒ですね。
甘くてベリー系の味わい。後味に少し苦味を感じるかな。にしても飲んでて疲れるな。
なんか人工的な香りというか甘さというか・・・こういう味のハイチュウあったよな?
(何味かは分からんが・・・)って感じの味わい。

しばらく置いて7日目以降~
香りはだいぶ落ち着いて派手さが無くなっていい感じに飲みやすくなりました。
雄町らしいふくよかな甘味はありますが後半には旨味もあり「おっ、良いじゃん!」
って感じに変わりました。

「花邑」初日~3日目くらいまで正直「マジか?ちょっと苦手かも・・・一升瓶だぞ」
と思いましたが、1週間後くらいからようやくストライクゾーンに入ってきた感じです。
でもストライクっていってもギリギリ(外角高め)だけどね。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

秋田県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥能登の白菊 純米大吟醸 無濾過生原酒 おり酒
奥能登の白菊 純米大吟醸 無濾過生原酒 おり酒
使 用 米:兵庫県産 山田錦
使用酵母:非公開

石川県から白藤酒造のお酒「奥能登の白菊」です。
先日、初めて「奥能登の白菊 純米吟醸」を飲んで、あまりの美味しさにすっかり
虜になってしまいました。

15228434450.jpeg

なので、早速他スペックをという流れで、この純米大吟醸を購入してきました。
磨き50%で、お米は兵庫県産山田錦と王道的なスペック。ただ今回の純大吟は
「おり酒」というだけあって滓がたっぷり入っています。
(写真だとあまり分かりづらいかな・・・)

15228435110.jpeg15249134940.jpeg

滓が入っていない普通バージョンの純大吟もあったのですが「おり酒」の方は
蔵元出荷も極僅かということなので今回は希少性があるこちらを選択しました。

15228434560.jpeg15228434670.jpeg

上立ち香は目立ったものはありませんが、穀物系の甘めの吟醸香がほんの少し。

まずは上澄みから。
前回飲んだ純吟と比べると甘味はすこし抑えめですが穀物系の甘旨味を中心に
とろッとした濃醇な味わい。この時点でもう旨い!

次はしっかりと撹拌してから。とろッとろです!
ひと口含むと、粉っぽさは無くきめ細かいシルクのような口当たりで甘旨味に
ミルキーさを足したような味わいです。こりゃあ美味しい「にごり酒」だな。
うっすらガスも溶けている程度に感じ、味わいの奥でわずかに梨っぽい果実感も。

ほんの少し温度が上がった程度が味わいが開けてきて個人的には好きです。
ホント旨いな。今まで飲んだ「にごり」の中でも上位に入るレベルのお酒だな。

2日目。
甘味は落ち着きすこし辛口寄りのお酒になったかな。旨味はそのまま。
やはり温度が上がってきた方がいろいろと味わいがハッキリしてきて旨いです。
でも、この味わいでも充分美味しいですが、初日のあの甘味が良かったのになぁ。

休肝日を挟み4日目。
甘味旨味いろいろな味わいが丸くなって何かヨーグルトっぽい感じになってます。
こりゃあ旨い!面白いなぁ。最後にこんな感じで上がってくるとは予想外でしたね。
やるなぁ「奥能登の白菊」

「奥能登の白菊」美味しく頂きました。
僕の好きな系統でもあり、これからも少し追ってみようと思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

石川県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad