FC2ブログ

タイトル画像

大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生

2020.01.26(18:18) 364

大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生
使 用 米:ひとごごち100%
使用酵母:非公開

長野県から大信州酒造のお酒「大信州」初飲み銘柄です。
「大信州」は方々で高評価なので、一度は飲みたかったお酒。
しかし「番外品」という位置づけがよく分からない。。

15782215770.jpeg
15782215880.jpeg15782216010.jpeg


上立ち香は、リンゴっぽい香りで基本はカプ系。
含むと、とろっとしたリンゴの密のような甘味が口の中に広がり
まろやかな旨味と混ざり、収斂性ある味わい。これは美味しい!

ガス感も少し溶けている程度にあり、後味に程よいキレも感じます。
このリンゴ系の甘旨な味わいが美味しいなぁ。
皆さんが推されるようにレベルが高く、美味しいお酒ですね。
もっと早く飲んでおけば良かったな。

「大信州」美味しかったです。
これからは他のスペックも飲んでみようと思います。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

蓬莱泉 空 純米大吟醸

2020.01.23(18:18) 363

蓬莱泉 空 純米大吟醸
使 用 米:山田錦100%
使用酵母:非公開


今年最初のお酒はお正月ということもあり少しミーハーなものを。
愛知県から関谷酒造のお酒「空」です。
外飲みでは飲んだことがありますが、家飲みでは初めてです。

15782215360.jpeg15782215460.jpeg
15782215560.jpeg15782215660.jpeg

上立ち香は、甘めの吟醸香で王道のカプ系。
含むと、まるで水のようにスッと入ってきて全く雑味の無い味わい。
良く言えば洗練された味わい、悪く言えば水のように味気無い味わい。

温度が少し上がるとさすがにポテンシャルが見えてきたのか味わいの
輪郭がハッキリしてきました。

基本はラムネっぽい味わいの中に旨味、そして甘過ぎず辛すぎずと
色々なバランスが取れていて良い酒だなと思う。

カプ系の流行りの味わいで万人受けする飲みやすさが当然あるけど
ちゃんとした日本酒らしさもあって美味しいことは美味しい。
何と言ってもこの雑味のない水のような口当たりは凄いと思う。

「空」人気があるだけあってポテンシャルの高いお酒でした。
けど、そんな買えなくなるほどのプレ酒かな?とは思いました。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

2019年の総括:ワイン編

2020.01.21(18:18) 362

2019年の総括:ワイン編

あけましておめでとうございます。
前回の「2019年の総括:日本酒編」に引き続き、今回はワイン編。
昨年、念願のワインセラーを購入して以来すっかりワインラヴァーになり
ワイン、日本酒と冷蔵庫の2台持ちで、日々、日本酒・日本酒・ワインの
割合で楽しんでいます。

ワインを飲み始めてまず感じたのは、ワインはお金がかかる!
ワインは上を見たらきりが無いので、大体3,000~10,000円未満くらいの
価格帯のワインを中心に飲みました。
昨年飲んだワインの集計の結果は下記のとおりです。

【ワイン】
本 数 : 46本
種類別 : 赤43本、白1本、ロゼ1本、オレンジ1本
総 量 : 34,500ml
酒 代 : 176,543円
単 価 : 3,837円/本

まず僕が昨年飲んだ日本酒と比べたら、ワインの方が約2.3倍も高い。
最初の頃はワインを購入の際はワインって日本酒と比べたら高いな…って
思っていたけど、購入するにつれて、もはや別物だという感覚に変わり
それ以降はワインの購入単価も上がっていきました。いまではワイン1本
3,000円なら躊躇なく出せるほどに変わってしまいましたね。

つぎに国別トップ3

1位 フランス 24本
2位 イタリア  8本
3位 南アフリカ 3本
3位 アメリカ  3本

こちらは集計するまでもなく、トップはフランスで大きく離れてイタリアと
ちょっと偏ったチョイスとなりました。ちなみに1位のフランスの産地内訳
はブルゴーニュ15本、ボルドー6本、ローヌ2本、南仏1本です。
今年は国別もそうですが、もう少しバランス良く飲もうと思います。

あと、年末年始についついお財布の紐が緩んでワイン福袋を2つも
購入してしまいました。まだ届いてませんが、どんなワインが届くか
今から楽しみです。飲んだらこのブログで順次紹介していきます。
感動するようなワインの出会いがあれば良いなと思います。

では、本年もご贔屓のほど宜しくお願い致します。
そして皆さんにとって、良いワインライフとなることを願っております。



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

2019年の総括:日本酒編

2020.01.19(18:18) 361

2019年の総括:日本酒編

あけましておめでとうございます。
昨年は「平成」から「令和」へと年号が変わり大きな節目の年となりましたが
個人的には仕事で何かとバタバタとした1年でした。

新しい業務の責任者として今までやったことが無いことを手探り状態でやったり
働き方改革とは逆行し、休み無しで1ヶ月間ぶっ通しで仕事なんてザラでした。。

ときには理解の無いアホ上司とノーガードの殴り合いのような衝突をしたり…
まさに激動の1年でした。(ちなみにそのアホ上司とは今でも口をきいてません。)

昨年2018年の総括でも書きましたが「やらない後悔」を無くしていきたいと
いうこともあって、一応やることは全部やったという充実感はあります。
今年、それらがいろいろと形になってくれば嬉しいですけど。

さて、本題の昨年の総括というと昨年は日本酒に加え、ワインも覚えてしまい
3回に1回はワインを飲んでいました。ワインは奥が深く、まだまだ経験値が
絶対的に足りないので、あーだこーだ言えるレベルではありませんが、知れば
知るほど日本酒以上にお金と時間は掛かるな、と思います。けど楽しい♪

昨年に引き続き昨年飲んだ集計した結果は下記のとおりです。
(カッコ内は昨年の実績です。)

【日本酒】
本 数 : 90本(109本)
銘柄数 : 62種類(71種類)
総 量 : 39.8升(47.0升)
酒 代 : 154,416円(188,601円)

昨年はワインも結構飲んだので、日本酒との比率を考えると昨年の2/3位の
はずですが、本数・総量ともにそこまで下がっていないのは、酒量が絶対的に
増えたせいですね。ちなみに新規銘柄は20銘柄ほどやりました。

つぎに都道府県別トップ3(昨年)
1位 福島県(静岡県) 22本(31本)
2位 静岡県(福島県) 21本(13本)
3位 長野県(長野県) 5本(10本)

こちらは昨年の1位と2位が逆転しました。(3位は変わらずです。)
福島酒は好きでよく飲みますが、まさか地元の静岡酒を超えるとは…
後半の福島遠征での仕入れが決定づけました。

後、昨年飲んだお酒のなかで最高評価の「★殿堂」をつけた銘柄は全部で
8本(飲んだ順)ありました。

牡蠣衛門(英君)特別純米 槽口詰め 【静岡県】
初亀 本醸造 無濾過生原酒 【静岡県】
開運 無濾過純米 山田穂 【静岡県】
岩清水 MARS2019 Souplesse 生原酒 【長野県】
村祐 常盤ラベル 本生 【新潟県】
奈良萬 純米生酒 おりがらみ 【福島県】
ささまさむね 特別純米にごり生酒 【福島県】
冩樂 純米 赤磐雄町 火入 【福島県】

15510145780.jpeg15521247290.jpeg15533339830.jpeg15656667530.jpeg
15672138570.jpeg15763871920.jpeg15772760110.jpeg15782214840.jpeg

今年もこのようなお酒との出会いが沢山あると嬉しいです。
では、本年もご贔屓のほど宜しくお願い致します。
そして皆さんにとって、良い日本酒ライフとなることを願っております。



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

冩樂 純米 赤磐雄町 火入

2020.01.16(18:18) 360

冩樂 純米 赤磐雄町 火入
使 用 米:岡山県産 赤磐雄町
使用酵母:非公開


福島県から宮泉銘醸のお酒「冩樂」です。
今年最後に飲む年越しのお酒は好きな銘柄を、という流れから「冩樂」です。
(※この記事がアップされるのはとっくに年が明けて1月中旬ですけど。)
「宮泉」は今年数本やってますが「冩樂」はじつに久しぶりで1年振り。

15782214940.jpeg15782215060.jpeg
15782215160.jpeg15782214840.jpeg

このお酒は「Sake competition2018」で純米酒部門の一位を受賞したときの
副賞として贈られた「赤磐雄町」米で醸された限定スペックらしいです。
なるほど「赤磐雄町」の純吟は見たことあるけど、純米は無かったわけだ。

上立ち香は、冩樂らしいイソアミル系。
含むと、甘っ!コレいままで飲んだ冩樂の中で一番甘いかもしれない。
強めな甘味はまるで貴醸酒レベル。でも、コクのある甘旨味が抜群に美味しい。

濃醇だけど、雑味無いクリアな甘旨味がクドさを感じさせなくて、いくらでも
飲めそうな味わい。これマジで旨いな。
相当な甘さだけどキライじゃないな。というか、かなり好き♪

2日目。
初日と比べて甘味はだいぶ収まりましたが、変わらずに美味しいです。
逆に初日には無かった後味の辛味やキレが食中酒としても良いですね。

久しぶりの「冩樂」でしたが、大満足の美味しさでした。
雄町の純米も通常スペックにしてくれないかな。


評価ランク ★…殿堂



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


最近の記事
  1. 大信州 別囲い純米吟醸 番外品 生(01/26)
  2. 蓬莱泉 空 純米大吟醸(01/23)
  3. 2019年の総括:ワイン編(01/21)
  4. 2019年の総括:日本酒編(01/19)
  5. 冩樂 純米 赤磐雄町 火入(01/16)
次のページ
次のページ