■プロフィール

Author:P太郎
日本酒と競馬好きなサラリーマン

日々飲んだ日本酒の紹介や競馬
関連のブログです。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■アクセスカウンター

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

富士錦 しぼりたて原酒
富士錦 しぼりたて原酒
使 用 米:非公開
使用酵母:非公開

静岡県は東部地方の富士宮市から富士錦酒造のお酒「富士錦」です。
家飲み外飲み含め、初めて飲む銘柄ですね。

近所のスーパーで普通に売っていてラベルからもオールドスタイルの
日本酒ってイメージがあり、今まで手が伸びませんでした。
スペックは本醸造原酒の生詰で蔵の看板とも言える位置づけの商品。
ちなみに瓶は「薄青瓶」を使用していて5月製造の6月出荷です。

15303995140.jpeg15303995290.jpeg

上立ち香はやはり昔の日本酒っぽい感じにアルコール臭が混ざるかな。
お猪口に注ぐと飴色ですね。ん?飴色…「しぼりたて」だよな?

ひと口含むと、ボディブローをくらったような重めな口当たり。
トロッとした甘味とパンチの効いた旨味が口の中に広がって後味はお米の
渋味とエグさがあります。オールドスタイルの芳醇な日本酒って味わい。
いや…芳醇というか、コレ老ねてんな…

しぼりたての商品がここまで色がついているのも疑問だけどラベルには
「新鮮な味の頗る(すこぶる)美味しき酒通にこたえる酒なり」って
書いてあるけど、むしろ真逆の味わい…やっぱ明らかに老ねだな。
「しぼりたて」っていうかこれは「古酒」ってレベルやぞ。
我慢できないレベルじゃないけど後味は結構エグい。

この老ねが「薄青瓶」が原因かどうかは判別できませんが、やはりこういう
お酒に当たってしまうと、どうしても気になってしまいます。
どこかが、ちゃんとした答えを出してもらいたいですね。

「富士錦」はまた改めてやらないと正式な評価は付けられないので
どっかでリベンジします。


評価ランク 注…判別不能



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




スポンサーサイト

テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

静岡県 | 08:08:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
奥能登の白菊 輪島物語 無濾過生原酒
奥能登の白菊 輪島物語 無濾過生原酒
使 用 米:石川県輪島市産 五百万石100%
使用酵母:協会14号(金沢酵母)

石川県から白藤酒造のお酒「奥能登の白菊」です。
「奥能登の白菊」は、春先に「純米吟醸無濾過生原酒そのまんま」を飲んで以来
すっかりファンに。その後、純大吟のおり酒も飲みましたがやはり旨かったので
すこし追っかけてみることに。(でも沢山のスペックがある蔵元じゃないけどね。)

酒屋さんに行ったら、この「輪島物語」が売っていて店員さんに曰く輪島物語の
生酒はめずらしいとのこと。そんな情報聞いたら…背中を押される前に自分から
飛び込んでました(笑)

15249135120.jpeg

15249135250.jpeg15249135380.jpeg

上立ち香は、穀物系の甘めの吟醸香が穏やかに。
ひと口含むと、お米の旨味、甘味が優しく膨らみスッと入ってきます。
酸味は結構強めかな。美味しい!やはりこの蔵、良いわ。旨い!

以前飲んだ「純吟そのまんま」と味わいの本線は同じでお米の旨味甘味を綺麗に
表現している味わいですが、この輪島物語は酸味が立って甘味はすこし抑えめ。
後味も雑味なくキレイに捌けていきます。いや~旨いな。

2日目。
初日とほとんど変わらず、酸味がポイントの甘旨酒ですね。
少し温度が上がってくると旨味が主張してきますが、旨いですね。
けど、冷えているときの方が全体のバランスも良くて好きです。

「奥能登の白菊 輪島物語」とても美味しかったです。
じつは先日、酒屋さんに行った際に「純米吟醸無濾過生原酒そのまんま」が
まだ売っていたのでリピしちゃいました。それは少し寝かせます。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

石川県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
白岳仙 純米吟醸 Slightly Sparkling
白岳仙 純米吟醸 Slightly Sparkling
使 用 米:福井県産 五百石100%
使用酵母:ワイン酵母

福井県から安本酒造のお酒「白岳仙」初飲み銘柄です。
「白岳仙」は初飲み銘柄という事もあり、オーソドックスな純吟あたりから
飲みたかったのですが、店員さんが夏らしい変わったスペックということで
お勧めしてくれたお酒です。
何やら今年から酵母を「ワイン酵母」を使用し造ったとのこと。

15300193380.jpeg15300193560.jpeg

ワイン酵母のお酒は、過去「鳳凰美田」のお酒を飲んだことがあり、僕の好きな
路線のお酒で初飲み銘柄ではありますが、今回この変わり種スペックを購入して
みました。

15300193790.jpeg15300193690.jpeg

グラスに注ぐと、小さな気泡がビッシリ付きますね。
上立ち香は葡萄っぽい香り、白葡萄だな。甘い吟醸香がします。
ひと口含むと白ワイン的な酸味から入り甘味は強すぎず、ほど良く感じる程度。
ガスは微炭酸レベルですね。全体的にドライな飲み口でキレもあり美味しいです。
敢えて言うとすれば、後味に苦味が少し引っ掛かるかな。

でも、よくよく飲んでみると後味の苦味は微炭酸のガス感で相殺されてキレのある
ドライな飲み口となっているような気もする。それも計算されてるのかな?
だとしたら凄い設計だなぁ。

2日目。
ガス感は大人しくなりチリチリと舌先で感じる程度。酸味も抑えめになったかな。
その代わり甘味が初日と比べ主張していますね。でもベタッとした感じはなくて
初日とはまた違った一面を見せています。まぁこの味わいもなかなか。

この間飲んだ「風の森」や「醴泉」もそうですが、やはりスパークリング系のお酒は
夏にはピッタリですね。飲み口が良いのでついつい飲み過ぎてしまう。
実際、この白岳仙も初日に3合近く飲んで、次の日二日酔いになりました(笑)


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

福井県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
醴泉 活性にごり 純米吟醸
醴泉 活性にごり 純米吟醸
使 用 米:富山県南砺産 雄山錦 100%
使用酵母:非公開

岐阜県の玉泉堂酒造のお酒「醴泉」初飲み銘柄です。
先日、日本酒ブロガー仲間「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんのブログで
「薄青瓶問題」の記事を見て家のレマコムを覗いたところ、なんと「薄青瓶」が
数本あるではないか!ってことで、念のため早めに飲むことにします。

15298435120.jpeg

「醴泉」は初飲み銘柄なのでホントは基本的なスペックからやりたかったのですが
店員さんの勧めもあり、この「活性にごり」をチョイスしました。容量も500mlで
飲みきりサイズです。(アルコール度数が14~15くらいなので1本は飲めんな…)

15298435220.jpeg

定員さん曰く辛口のスパークリングで飲みやすく食中酒としてもイケるとのこと。
ラベルを見るからに結構大袈裟な注意書きがありますね。どうだろう?

15298435310.jpeg15298435400.jpeg

スクリューキャップを捻ると瞬く間に底からボコボコと吹出してきました。
「活性にごり」も当たり外れがありますが、コレはガッツリと吹出します。
このレベルは昨年やった「新政の天蛙」以来かな。(あれも凄かったけど)
半透明の瓶なので、空気と触れて吹出す様が見れるのは面白いですね(笑)
キャップの開け閉めを結構な回数繰り返してようやく落ち着いてきました。

上立ち香は、爽やかな梨っぽいフルーティーな香り
グラスに注ぐとシュワシュワで気泡がビッシリと付きます。
ひと口含むと、結構ドライな口当たりで旨いです!

ファーストタッチは梨っぽい果実味があって「風の森」を彷彿とさせますが
途中で「お米のサイダー」に変わります。お米の旨味もあって結構辛口です。
そして、後味はジンジャーエールみたいなキレのあるドライ感があるかな。

甘さがほぼ無いので、どこかビールの飲み口に似ているところがあります。
ちょっとオモロイ味わいで美味しいですね!これは食中酒向きですね。
甘いスパークリングに飽きた人や、辛口派には支持されるだろうな。

2日目。
初日ほどではないですが、まだシュワシュワ感は顕在です。
飲み口爽やかでドライな味わい。いかにも夏っぽいテイストのお酒。
簡単に言うと「風の森」から甘味をとって後味をドライにした味わいかな。

「醴泉」なかなか美味しかったです。夏にピッタリのお酒でした。
次は通常スペックの生酒でもやってみようと思います。

あと「薄青瓶問題」ですが、今回のお酒については約1ヶ月経っておりますが
飲んでいても気になるような点は感じませんでしたね。
他のやつはどうかなぁ・・・早めに飲むか。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

岐阜県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
金明 特別純米 雄町
金明 特別純米 雄町
使 用 米:岡山県産 雄町
使用酵母:非公開

静岡県の根上酒造店のお酒「金明」です。御殿場市の小さな蔵元さんですね。
外飲みでは確か頂いたことがありますが、家飲みでは初めて。

15268995320.jpeg

静岡でもそんなにメジャーな銘柄では無いので、県外ではほとんど知られては
いないと思いますが、どちらかと言うとツウ好みの銘柄という印象ですかね。

一応、静岡酒銘柄の全制覇も目指しているのでどっかでやっておかないとね。
静岡県の蔵元は現在27蔵あり、ほとんどの銘柄は購入できる術がありますが
2蔵(東部と西部の蔵)の銘柄だけ、まだ見かけたことすらなく購入には労を
費やすと思います。静岡酒制覇のカウントダウンが始まったら本格的に探しに
歩こうかな。(たぶん来年くらい)

15268995420.jpeg15268995520.jpeg

スペックの詳細がイマイチ分かりませんが、おそらく「火入れ&加水」だと
思います。(買ったときに店員さんに聞いときゃよかったな…)

上立ち香は穏やかですが、静岡吟醸らしい吟醸香(たぶん静岡酵母かな。)
で酸味がたっていますね。

ひと口含むと、まず強めの酸味がありツルツルな感じの飲み口、旨味も強めで
後味は比較的さらっとしてます。奥でうっすらバニラ感もあるかな。
にしても酸味が強い!後味がキュッと締まっていますね。

おそらく吟醸香からも静岡酵母を使っていると思いますが、静岡酵母を使うと
大概酸度が低くなるので酸味が目立ったお酒って少ないですがここまで酸味が
ハッキリしている静岡酒も珍しいな。好き嫌いは分かれそう。

温度が冷や(常温)くらいまで上がったら、まろやかさがでてきてお酒全体の
輪郭がハッキリしてきました。もしかしたらこれくらいの温度の方が良いかも。

2日目。
すこし水っぽくなりましたが、初日に感じた角がみたいなのは取れたかな。
酸味も多少穏やかになり、さわやかな飲み口の辛口酒といったところ。

4日目。
味わいも崩れずに安定してます。
うっすらバナナで酸味強めの純米酒って感じです。
でも日ごとにだいぶ飲みやすくなりました。万能な食中酒ですね。

6日目、最後の1合。
ひと口含むと、甘っ…甘くなりましたね。これはビックリ!
最初、辛口だったお酒がここまで変わるのか…面白いなぁ。
ツルツルしたクリアな味わいはそのままですが、うっすらとしたバナナセーキで
もはや甘口のお酒ですね。酸味も落ち着いてスイスイと飲みやすい口当たりです。

「金明」静岡酒の中でも少し個性的な味わいでした。
数日経って、急に甘口に振れてきたところは面白かったです。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

静岡県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad