FC2ブログ

タイトル画像

紀土 純米大吟醸 Shibata,s be cool !

2019.08.23(18:18) 305

紀土 純米大吟醸 Shibata,s be cool !
使 用 米:山田錦 100%
使用酵母:非公開


和歌山県から平和酒造のお酒「紀土」です。
「紀土」は結構メジャーな銘柄ですが、意外とまだ飲んだことがなくて
酒屋さんに行った際に何気に手に取ってしまいました。
ぼちぼちやってみるか的です。
平和酒造って確か「四季醸造」の蔵だったような記憶があるな、たぶん。

15656671280.jpeg15656672110.jpeg
15656671410.jpeg15656672000.jpeg

上立ち香はラムネ。やはりこっち系のお酒か。
だから、今まで手を伸ばさなかったんだ、とこの時に思い出しました(笑)

含むと、甘旨っ!清涼感ある口当たりで味わいの奥ではお米の旨味をまろやかに
感じます。後味は少しドライな印象でキレがあり、苦みもあるかな。

思っていたほど、苦手な味わいでもないですね。
まぁ、普通に美味しいと思います。

2日目は少しケミカルな味わいを感じましたが、言うほど崩れてもいなくて
美味しくいただきました。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ポール・ドラン ピノノワール ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ

2019.08.21(18:18) 301

ポール・ドラン ピノノワール
ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ 2014
品 種:ピノノワール
造り手:ポール・ドラン


カリフォルニアはメンドシーノのワイン「ポール・ドラン ピノノワール
ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ」です。
お値段は、~4,000円くらい。

15630842430.jpeg
15630842540.jpeg15630842640.jpeg

ピノのワインは好きだけど、アペラシオン毎の特徴はおろか、国別すら
いまいち掴めていないので、最近はブルゴーニュばかりでなく新世界の
ピノも買うようにしています。

上立ち香は、チェリー系、さくらんぼ。
含むと、酸味・旨味ある味わいでタンニンはソフト。
ほんのりな果実味、梅っぽさもあるかな。後味に若干渋味を感じます。
美味しいけど、ちょっとまだ硬いかな。

温度が上がってくると、徐々に開いてきて、含み香はフランボワーズ。
味わいの奥で甘味も感じるようになり、旨味も主張してきた。美味しいな。

2日目。
ベリー系のアロマ。
低い温度帯で飲むと、可憐でキレイな飲み口。
洗練されたタッチでタンニンも上手く溶けています。
温度が上がってくると、幅のある旨味と果実味が広がりボリュームある味わい。
どっちも美味しい!

2日目の方が断然良かったです!
飲みごたえもあり、コストに見合った美味しいワインでした。


評価ランク ◎…本命



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

奥能登の白菊 純米吟醸 のとのなつやすみ

2019.08.18(18:18) 304

奥能登の白菊 純米吟醸 のとのなつやすみ
使 用 米:石川酒68号 100%
使用酵母:協会701


仕事で会議を行うことが増えました。大抵、仕切り役が多いです。
ひと言で「会議」といっても報告や連絡に重きを置く「会議」だったり
検討や決定まで行う「会議」といろいろなものがあります。

そして、どの「会議」でも必ずと言っていいほど、ある種別の人種がいる。
それは・・・「問題点を見つけるけど、文句しか言わない人」です。

奴らは「こういう時どうすんの?、このやり方でホントに出来るの?とか
たぶん無理だと思うな。、上手くいかないと思うよ。等々」と言いたい放題。

彼らの特徴は、まず「代替案は出さない」
仮に出したとしても会議外で「こうしたら上手くいくのに…」が口癖。
後、「ダメな所を指摘するけど自分ではやらない」
結果をみてから「だから俺、ダメって言ったんだよ!」と自慢げに言う。

そんなアホな連中と会議してると決まるもんも決まらないし、無駄な時間を
費やすだけで意味はないけど、そこは上下関係もあって致し方ないところも
あるからストレスが溜まります。他の会社の会議ってもっと有意義なのかな?

さて、ストレス解消に好きなお酒でも。。
石川県から白藤酒造のお酒「奥能登の白菊」です。
「奥能登の白菊」は好きな銘柄で、僕としてはそこそこやってます。

でも、このスペックは初飲みで、名前の「のとのなつやすみ」からも夏酒ですね。
僕も夏休み欲しいわ。(一応、短いながらあるけど。。)

15656669340.jpeg
15656669650.jpeg15656669750.jpeg

上立ち香は、うっすらとイソアミル系かな。
含むと、キュッとした酸味をまず感じ、その直後に旨味が包み込んでいく感じ。
甘味は奥で顔を出す程度で強くはないです。うん、普通に美味しいな。

酸味が立った特徴的な味わいだけど、さらっとした口当たりで比較的スイスイと
杯が進みます。夏酒だけあってクドく無くて飲みやすいです。

「奥能登の白菊」の「そのまんま」みたいな個性的な味わいのお酒も好きだけど
優しいタッチのこういうお酒もたまには悪くないかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

龍神丸 純米吟醸 生原酒

2019.08.15(18:18) 303

龍神丸 純米吟醸 生原酒
使 用 米:山田錦 100%
使用酵母:和歌山酵母


和歌山県は高垣酒造のお酒「龍神丸」、初飲み銘柄です。
意外にも和歌山県のお酒は外飲みを含め、初めてです。

15641898990.jpeg

「龍神丸」ってプレ酒なのかな。
ネットとかで販売しても直ぐに完売しちゃうし、いままで飲みたかったけど
なかなか手が届きませんでした。今回はたまたま入手出来ました。

15641899100.jpeg15641899210.jpeg
15641899320.jpeg15641899400.jpeg

上立ち香は、ほんのりラムネ。お猪口に注ぐと、少し飴色な色合い。
含むと、甘旨っ!トロっとした飲み口で甘味は結構強め、果実感はなくて
旨味とコクのある味わい。美味しい!これは人気出るわけだ。

ただ、熟感があるな。カンロ飴っぽいニュアンスが。
その点がちょっと好きな系統ではないので、個人的には少し引っ掛かる。

2日目。
全体的に大人しくなり甘味も落ち着いた感じに。
だけど濃醇な飲み口は初日と変わらず、ボリュームがある味わい。

美味しいけど、熟れ感があるお酒はどうも苦手。
出荷から2か月経っていますが、この熟れ感はこのお酒の特徴なのかな?
それとも劣化してんのか?そこはよく分からん。

多分難しいとは思いますが、フレッシュな状態のお酒を購入することが
できれば飲んでみたいですね。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ 2013

2019.08.13(18:18) 296

ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ 2013
品 種:サンジョベーゼ85%、メルロー15%
造り手:ファットリア・ラ・ストリチア


もう先月の話になってしまいますが、ボーナスがでました。
サラリーマンの年2回の楽しみでもあります。
今回はというと、例年通りで昨年とほぼ変わらない額面を
いただきました。

ただ前にも書いたけど、仕事をしない奴らがボーナス貰いすぎ!
これだけ世の中で人工知能(AI)が発達してるなら仕事の対価に
合ったボーナスを正確に計算してくれるロボットを開発してくれ!
そしたら、うちの上司はおそらく新入社員以下だな。

上司をペッパー君に変えたほうが、まだ仕事してくれると本気で思う。
ま、でもそれだけうちの会社にはまだ「伸びしろ」があるということか。
上司自身にはもう「伸びしろ」がないけど・・・


さて今日は、イタリアはトスカーナのワイン
「ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ」です。

15625868140.jpeg
15625868230.jpeg15625868320.jpeg

上立ち香は、赤?いや、黒寄り?って感じの果実にコーヒー。
グラスに注ぐと、そこそこ濃ゆい色合い。
含むと、タンニンは程良く、果実味もあって凝縮感ある味わい。

甘味は優しいけど、アルコール感がそこそこあって飲みごたえが
ありますね。こういう飲みごたえあるワインを飲むとやっぱり肉を
合わせたくなります。気分的にはデミグラスとか濃いめのソースを
使った肉料理と飲みたいな、と思う。

まぁ普通に美味しいワインです。
お値段は税込でも3,000円しないくらいだから、コスパ的にも
良いのではないでしょうか。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


最近の記事
  1. 紀土 純米大吟醸 Shibata,s be cool !(08/23)
  2. ポール・ドラン ピノノワール ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ(08/21)
  3. 奥能登の白菊 純米吟醸 のとのなつやすみ(08/18)
  4. 龍神丸 純米吟醸 生原酒(08/15)
  5. ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ 2013(08/13)
次のページ
次のページ