FC2ブログ

タイトル画像

日本ダービー

2019.05.22(18:18) 278

日本ダービー

久しぶりに競馬ネタ。
今週はいよいよ日本ダービー、世代の頂点を決める一生に一度の頂上決戦。
メンバーを見渡すと目立った新興勢力もいなく、やはり皐月賞組が中心に
なると思います。中でも皐月賞上位3頭が有力視されており、3強または
皐月賞馬の1強だ、などと予想されています。

僕的に見ても、やはり皐月賞の上位3頭は他馬と比べても抜けていると
思いますし、順当に行けばこの3頭のどれかがダービー馬としての栄冠を
掴むのではないかと予想しています。

では早速その3頭を。

まず間違いなく1番人気になるであろう皐月賞馬
「サートゥルナーリア」(父:ロードカナロア)

血統とは面白いもので、父ロードカナロアは短距離界の名馬。
昨年の3冠牝馬「アーモンドアイ」を輩出には驚かされたが
今年も父ロードカナロアで3冠馬誕生か?とまで言われている。

しかし、一線級レベルで血統的な距離の壁を超えて走ってるのは
「アーモンドアイ」(母父:サンデーサイレンス)と本馬くらいで
母父の血がそうさせているのかな?とも思う。
ちなみに「サートゥルナーリア」の母父はスペシャルウィーク

皐月賞はタイム差なしの勝利で着差こそ僅かでしたが2・3着馬とは
着差以上の強さを感じ、もはや弱点を探すのが難しいとの意見も。
敢えて言うなら、左回りが未経験ということと、前走皐月賞から騎手が
乗替るくらい。「騎手が乗替でダービーは勝てない」の定説はこの馬が
もしかしたら崩すかもしれない。


つぎに皐月賞2着馬。
ヴェロックス(父:ジャスタウェイ)
皐月賞では最後の直線「サートゥルナーリア」に抜かれそうになった際
勝負根性を見せて勝馬に食い下がり、アタマ差の2着は立派。
正直「サートゥルナーリア」の手応えから比較するとどこまで行っても
逆転できなかったと思うが、もし逆転の目があるとするなら極端な競馬
(0か100みたいな)に徹すれば可能性があるのかな、と思う。


最後に皐月賞3着馬。
ダノンキングリー(父:ディープインパクト)
皐月賞では内からグイグイ伸びてきて2着馬とはハナ差の3着。
同じ東京で行われた共同通信杯(1800m)では、2歳王者で後の
NHKマイルCの覇者「アドマイヤマーズ」を切れ味ある末脚で
あっさりかわして勝利。スローペースでヨーイドンの展開にでも
なれば面白い存在ではあるが2400mでそれが出来るかどうか。


あと、この3頭の次点で挙げたいのが
アドマイヤジャスタ(父:ジャスタウェイ)
皐月賞では8着と大敗したが、相手なりに走ってくるタイプ。
内枠を引いてインベタで粘り込みを図るような競馬ができれば
先の3頭に割って入る可能性があるかなぁ。

馬券的には上位3頭で組み合わせても妙味がないので、穴っぽく
アドマイヤジャスタからヴェロックス、ダノンキングリーに流し
購入すれば、多少は楽しめるかな。


スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

フェブラリーステークス

2019.02.16(21:44) 241

フェブラリーステークス

またまた久しぶりの競馬記事、ブログ名で「日本酒と競馬ブログ」を謳ってるのに
ここまで競馬記事の頻度が少ないならブログ名変えようかな・・・少し考えます。

さて、明日は今年最初のGⅠ「フェブラリーステークス」です。
JRAのGⅠの中では数少ないダート戦ということもあり、比較的地味なレース。

だけど、今年は例年と違います!!
それはJRA所属の唯一の女性ジョッキー「藤田菜七子」騎手がGⅠ初騎乗とあって
レース前からメディアでもかなり取り上げられていますね。

しかも騎乗馬は、前哨戦を勝利していて本番でも有力視されている馬なので余計に
注目を浴びています。騎乗馬は風水師ドクターコパの所有馬「コパノキッキング」

レースの枠順抽選で菜七子騎手はできれば外枠(7枠)が良いと言ってていましたが
抽選の結果、見事に7枠の11番をゲット。
ネット界隈でも「菜七子、7枠(11番)、セブンイレブン=nanaco」と
もしかしたら来るサインか?と期待は膨らみます。

ただし前哨戦(1400m)で勝利した際、本番の1600mは明らかに長いと勝利騎手が
言っていたので(前哨戦は外人ジョッキーでしたけど)それがちょっと気になる。

今日時点の1番人気は、現在6連勝中で天才・武豊が騎乗の「インティ」
そして2番人気は、GⅠ6連続で連対中のCルメール要する「ゴールドドリーム」
「コパノキッキング」はおそらく3番人気に落ち着くと思います。

正直、1600mの実績もなく、馬もジョッキーもGⅠ初挑戦での相手関係からも
勝利はかなりハードルが高く、厳しいかと思われます。
だけど、もし菜七子騎手がGⅠ初騎乗初勝利なんかしたら、ちょっと感動もの。
勝利騎手インタビューで号泣なんかされたら、もらい泣きしてしまうと思います。

頑張れ、菜七子!歴史を造って欲しいです。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ジャパンカップ

2018.11.25(08:18) 203

ジャパンカップ

競馬記事はすっかりご無沙汰してしまっていますが・・・
競馬自体はしっかりと毎週見てます!(記事するのがちょっと億劫に。。)

秋からのGⅠ戦線は既に始まっていますが、今日は東京競馬場で「ジャパンカップ」が
開催されます。ジャパンカップって言っても今年は外国馬2頭のみですけどね。

日本の超高速馬場は、基本的に外国馬には合わなく、最近は外国の有力馬は来ませんね。
時計が出やすい超高速馬場は馬の故障にも繋がることが多いので、最もだと思いますが
いくら優勝賞金を上げても世界の有力馬が来なければ、盛り上がりに欠けますね。

世界最高峰レース、フランスの「凱旋門賞」制覇が日本競馬の夢とかいっているなら
馬場をヨーロッパ仕様に改修しろよ!と常々思うが、逆に日本の馬場が世界と比べて
ガラパゴス化していると思うのは僕だけ?敢えてJRAがそうしているのかな?

JRAは日本競馬だけが発展すれば良いかもしれないが、世界で通用する馬を造らないと
競馬自体が盛り上がらないってことにJRA幹部はどう思ってるのかな?アホだな。

閑話休題。ジャパンカップに戻します。
なんと言っても今年は3歳の三冠牝馬「アーモンドアイ」の出走が目玉であり
同世代では敵無しの強さが古馬相手でも通用するのかが注目されています。

その昔、同じ三冠牝馬の「ジェンティルドンナ」も同じステップで挑みましたが
牡馬3冠馬で古馬の怪物「オルフェーヴル」との接戦を制して見事に優勝。
名実ともに名牝の仲間入りを果たしました。

はたして「アーモンドアイ」は「ジェンティルドンナ」級の怪物牝馬なのか?
今から楽しみです。

その「アーモンドアイ」が圧倒的な1番人気で、それに次ぐのが天皇賞秋惨敗から
雪辱を狙う「スワーヴリチャード」逆に天皇賞秋を逃げて好走した菊花賞馬「キセキ」
そして個人的にはピークアウトしていると思いますが「サトノダイヤモンド」と
昨年優勝馬の「シュヴァルグラン」くらいが有力候補かな。

他メンバーも併せて見渡してみると「アーモンドアイ」と「スワーヴリチャード」
の2頭でガチガチだと思うけどなぁ。
もし間に割ってくるとしたら「サトノダイヤモンド」より、むしろ人気が落ちた
「サトノクラウン」が面白いかな。ヤツは期待されないときの方が好走する。

馬券は「サトノクラウン」から人気馬2頭(アーモンドとスワーヴ)に流して
後、サトノ丼も一応買っておこうかな。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

宝塚記念

2018.06.24(00:59) 150

宝塚記念

いよいよ春から続いたGⅠシリーズもこの「宝塚記念」で終わりを迎えますが
今年の春はここまでなんと全敗。最後くらいは当てて秋に備えたいが…

もう色々考えても当たらんし、シンプルに単勝で勝負!

ズバリ!「サトノクラウン」
昨年の宝塚記念の覇者で、言わずと知れた道悪巧者。

当日の天気は、なんと「晴れ」予報でそれを嫌ってか「サトノクラウン」のオッズも
上がってきているが、前日(土曜)の芝レースをみると「良」から始まり「重」まで
悪化しています。もし仮に当日、良馬場発表でも馬場状態は悪いのではないか?
と期待しつつ何とか頑張ってもらいたい。

騎手はデムーロが乗らないのが少し気になるが、石橋(バシシュウ)もダービーで
人気薄を上位に持ってきたしオークスは完璧に乗ってたから、ぼちぼち運が回って
来てもいいだろう。

後、過去の統計から「ステイゴールド産駒」は宝塚と相性が良く夏場にも強いので
「パフォーマプロミス」を押さえておきたい。「サトノクラウン」との馬連で。

まぁ、これで外したら春の成績を象徴するような結果ですが、当たれば7月に行く
福島遠征の資金とします。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

東京優駿(日本ダービー)

2018.05.26(18:18) 137

東京優駿(日本ダービー)

明日はいよいよ「日本ダービー」です。
全てのホースマンが目標にしているこのレース、今年は結構面白いメンバーが
揃いましたね。気になる馬は何頭もいますが、馬券に絡める馬は絞ってこの5頭。

まず主役はやはり「ダノンプレミアム」
皐月賞は残念ながら直前回避でしたが、全4戦無敗の当馬。
前走の弥生賞では休み明けとはいえ、まさに横綱相撲で他馬を寄せつけずに完勝。
まだ全力を出しておらず、底知れぬ能力を感じます。
不安点があるとすれば、やはり直前回避による影響どれほどなのかくらいかな。
でも、弥生賞を休み明けでもあれだけあっさり勝つくらいだからそんな不安は杞憂に
終わるかもしれない。

そして無視できないのが皐月賞馬「エポカドーロ」
怪物3冠馬オルフェーヴル産駒で、前走では展開に恵まれたとの意見もあるが
そもそも展開に恵まれた程度では2馬身も差をつけてGⅠは勝てない。
父が成し遂げた大舞台でさらなる怪物の血が覚醒し、終わってみればあっさり
2冠っていうのもみてみたい。不安点は長い直線の東京コースでで先行したまま
押し切れるかどうか。

おそらく2番人気の「ブラストワンピース」
ダノンプレミアムと同じく無敗(全3戦)の当馬。
前3走をみると、まだまだ荒削りだが如何にも大物感たっぷり。
個人的にこういうタイプの馬って好きですね。ハービンジャー産駒の一線級馬は
比較的早い段階から活躍しますが、ガチガチの本命馬というよりは人気の盲点で
穴を空けるイメージ。この馬についてはそういうイメージと正直重なりませんが
もしかしたら怪物なのかもしれない。でも完成するのは秋以降な感じがする。
不安点は一線級との対戦がなく、この馬自身のレベルが世代上位かどうか。

「グレイル」
皐月賞はスタートで後手を踏んで後方からの競馬となりましたが、最後の直線で
追い込んできた脚はなかなかのもので、東京コースならと思わせる伸びでした。
走りを見ても器用なタイプではなく東京の広いコースでもう一度見直してみたい。
不安点は自身でレースを作れるタイプではないので展開の助けがある程度ないと
栄冠までは厳しいか。

「ステイフーリッシュ」昨年末から密かに期待していた当馬。
年明けの共同通信杯では馬体重も減っていてレースでは見せ場も無く惨敗、そして休養。
前走の京都新聞杯では馬体重を戻してきて出走し、レースは意外にも先行してそのまま
押し切って完勝。体調さえ戻れば、まだ見限るには早いと思わせる内容と強さでした。
不安点は本番のダービーでは騎手の乗替りってしまい「横山典」なんか「大逃げ」か
「後方ポツン」が発動される気がしてレースを乱してきそうな感じがある。

馬券はエポカドーロとブラストワンピースの2頭軸3連単マルチで勝負。
相手はダノンプレミアム、グレイル、ステイフーリッシュ、あとジェネラーレウーノも
保険で追加しておきます。
世代の頂点がどの馬になるか今から楽しみです。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


競 馬
  1. 日本ダービー(05/22)
  2. フェブラリーステークス(02/16)
  3. ジャパンカップ(11/25)
  4. 宝塚記念(06/24)
  5. 東京優駿(日本ダービー)(05/26)
次のページ
次のページ