FC2ブログ

タイトル画像

七賢 本醸造蔵出し2020無濾過生原酒

2020.04.07(18:18) 389

七賢 本醸造蔵出し2020無濾過生原酒
使 用 米:ひとごこち、あさひの夢
使用酵母:非公開


山梨県から山梨銘醸のお酒「七賢」です。
七賢、ホント久しぶりに飲みます。まだ日本酒飲みの走りの頃、直接蔵で
購入して飲んだ記憶があります。

それ以来、何故か縁がなくて手に取らなかったですが、今回馴染の酒屋さんで
変わったスペックが販売していたので予約して購入してみました。

15846767030.jpeg15846767120.jpeg
15846767210.jpeg15846767290.jpeg

このスペックは本来、山梨銘醸の「蔵開き」で販売されるお酒らしいですが
今年はコロナの影響で中止となったため、今年限りという条件で酒屋さんに
廻ってきたとのこと。

上立ち香は、甘い吟醸香でリンゴ系。
含むと、甘味・旨味とバランスがとても良く、後味もスッキリとした飲み口。
リンゴの果実味の砂糖水って感じです。控えめな旨味が憎らしいほどに仄かに
主張してきて良い感じです。どことなく長野酒っぽいニュアンスもある。

ヤバいな、コレかなり美味しい・・・水かな?山梨って水、美味いもんな。
こんな美味しい酒、蔵開きで毎年売ってたんか。。

2日目。
控えめで優しい甘味が美味しい。そして本醸造らしくスッキリとした飲み口が
中毒性があり、止まらんな。う~ん美味い。アフターフレーバーのお米の旨味が
秀逸で止めを刺される感じでヤバい。

コレ、税抜き1,000円だぞ!!
蔵開き限定酒だから特別価格で提供されているとは思うけど、にしても美味しい。
高いだけで大して美味くもないあの酒たちはなんなんだ!と怒りさえ感じる。

七賢、コスパ最強でとても美味しかったです!
でも、七賢って前飲んだときこんな美味しかったかな?


評価ランク ★…殿堂



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

うぐいすの囀り 純米吟醸生原酒 山田錦

2017.08.15(21:12) 34

うぐいすの囀り 純米吟醸生原酒 山田錦
使 用 米:山梨県産 山田錦100%
使用酵母:協会1901酵母

山梨県の萬屋醸造店のお酒です。
たまには新規開拓をということで、僕的に今までに情報がなかった「銘柄」を
チョイスしました。萬屋醸造店は地元山梨では「春鶯囀」の銘柄で知られており
この「うぐいすの囀り」は新商品で県外流通銘柄でしょうか。

15017568350.jpeg

特徴的なのは、開発されたばかりの新酵母1901酵母を使用して醸しているお酒です。
この1901酵母は、1801酵母の改良で「カプロン酸エチル」を抑え「酢酸イソアミル」
が高くバランスの良いスッキリとしたお酒になるとのこと。そして最大のメリットは
醸造過程で尿素を生み出さないため「カルバミン酸エチル」が生成されないところです。

「カルバミン酸エチル」については「日本酒ブログ」でもあるので、敢えて詳しくは
書きませんが、この酵母が今後主流となってくれば日本酒の将来はいま以上に
開けてくるかも知れませんね。まぁ美味しいことが大前提ではありますが…。

15017568480.jpeg15017568670.jpeg

冷酒でいただきます。
上立ち香は、あまり派手さはなく、カプエチ系の香りが少し。

一口含みます。
お米の味わいを感じ、そしてピリッとした辛味のアルコール感が抜けていきます。
ほんの少しだけ穀物系の甘味も感じるかな。う~ん…ちょっと苦手な味わい。
味わいは辛口の食中酒ってところですね。果実感はあまり感じないかな。

少し温度を上げてから、再度チャレンジ。
辛さがさらに目立ってきて穀物っぽさも強くなってきました…
いわゆる「昔の日本酒!」って感じがします。やっぱり苦手だ。

この商品はたしか県外流通銘柄だと思うのですが、昨今の流行りの日本酒の中に
入って果たしてどうなのかな?決して万人受けするお酒ではないと思うが…

2日目。
穀物系の味わいから辛さが目立ちます。旨味はそれほどなく後味はサラッとした
口当たり。ストロングポイントが無いな…以上。

やっぱり下調べは必要ですね。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


山梨県
  1. 七賢 本醸造蔵出し2020無濾過生原酒(04/07)
  2. うぐいすの囀り 純米吟醸生原酒 山田錦(08/15)