FC2ブログ

タイトル画像

寒紅梅 純米吟醸 夏のペンギン

2020.09.12(18:18) 448

寒紅梅 純米吟醸 夏のペンギン
使 用 米:国産米
使用酵母:非公開


三重県から寒紅梅酒造のお酒【寒紅梅】です。
【寒紅梅】はブログに載せてませんが、じつは年初に飲んでいて結構好印象だったので、今回は夏酒をセレクトしてみました。

15970398340.jpeg
15970398440.jpeg15970398550.jpeg

上立ち香は、あまり無いかな。
含むと、酸味ある甘味主体の味わい。少しガス感がありお猪口に小さい気泡が付きます。甘味・旨味の強さは結構好きな感じだけど、何かもちゃっとしてる。

お米の旨味というかエグみというか決して不味くはありませんが、飲んでいて飽きてくるクドさがあるかな。いろいろな味わいが変に混ざってアンバランスな感じ。飲んでいて思わず手が止まる。前回飲んだ別スペックはクリアな酒質が美味しかったですが、このスペックはちょっと違うのかな。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

而今 特別純米 おりがらみ生

2020.03.29(18:18) 385

而今 特別純米 おりがらみ生
使 用 米:山田錦、五百石
使用酵母:非公開

三重県は木屋正酒造のお酒「而今」です。
昨年に引き続き、今年も「特純おりがらみ」のスペックを入手することが
できました。

15838437190.jpeg15838437340.jpeg
15838437470.jpeg15838437620.jpeg

初日は滓を絡めずに飲んでみます。
上立ち香は瓜系でメロン。
ひと口含むと、甘旨ジューシー、果実は上立ち香そのままでメロン。
甘味と苦味がバランスよく、うっすらガス感もあります。
さすがは「而今」と言った安定の美味しさ。

温度が上がってくると、甘味・旨味・苦味と味わいの輪郭がハッキリ
してきて、さらに旨くなってきた。スイスイと飲めるわ。

2日目は滓を絡めて。
基本的な味わいは初日とあまり変わりませんが、まろやかになったかな。
甘旨ジューシーなメロン系。

後味にもキレがあり、クドさがなく何杯でもイケそうな味わい。
あー普通に旨いわ。飲んでてしみじみと美味しさを感じる。

3日目以降は後味にキレが目立つようになりシャープな味わいに。
けど、酒質が落ちることもなく、美味しかったです。

敢えて欠点を言うなら昨年の方が収斂性があったような気もする。
ケチをつけるのも重箱の隅をつつくようなものか。
もうこのスペックは「殿堂」でいいな。


評価ランク ★…殿堂



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

而今 純米吟醸 愛山 火入れ

2019.12.08(18:18) 345

而今 純米吟醸 愛山 火入れ
使 用 米:兵庫県産 愛山 100%
使用酵母:非公開


三重県から木屋正酒造のお酒「而今」です。
而今の純米吟醸シリーズは、ここ数年かけてほぼほぼやりましたが
未飲のスペックが数本あり、そのうちの1本がこの「愛山」です。

15751153560.jpeg15751153740.jpeg
15751153830.jpeg15751153930.jpeg

含むと、まず甘味から入って、旨味を伴いバニラっぽさも感じます。
そして後味にキレもあります。従来の而今っぽさもちゃんとあるけど
ボリュームある味わいではなく飲み口からもキレイな酒質。

甘味は結構強めに感じますが、クドさはまったくなく甘美な甘味で
後味のキレからもどちらかと言えばシャープな味わい。

普通に美味しいけれど、あまり好きな感じじゃないな。
まぁ、一回は飲みたかったからね。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生

2019.06.07(18:18) 276

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生
使 用 米:岡山県産雄町100%
使用酵母:非公開

三重県の木屋正酒造のお酒、「而今」です。
たまたま購入できる機会に遭遇したので生酒だし、一応買っとくか
ということで。無濾過生の雄町は約2年振りか。

15583575740.jpeg15583576020.jpeg
15583575860.jpeg15583576150.jpeg

上立ち香は、華やかな感じではなく穏やかな吟醸香。
含むと、而今らしい濃醇な味わいで甘旨ですね。
ラムネっぽさもあり、ガス感はうっすらと溶けてる程度。
だけど、深みがあまりないなぁ。なんか薄っぺらい感じが。。

流行りの王道みたいな味わいだけど、最近この手のお酒が
苦手になりつつある。好きなターゲットが狭くなってるな。

一定以上の美味しいお酒ではありますが、昔感じた感動はなくて
それは而今のレベルが落ちたのか、他銘柄のレベルが追いついたのか
はたまた僕の味覚が変わったのか、ホントのところは分かりませんが
ただ明らかに言えるのは、最近は日本酒を買うよりワインを買う方が
多くなった。

現在のレマコム(4合瓶換算で最大25本)の中身は「5本」なのに対し
ワインセラー(最大収納24本)は「24本」でいつもギリギリ。
ワインの扉を開けてから間もないので熱量がちょっと違いますが。

最近は、ワインを購入してもすぐに飲めないやつが多いので、どうせなら
もっと大きいセラーにすれば良かったな?って思ったりする。
それをふと奥さんに言ったら、ドン引きされましたが。。

でも、数年前に日本酒でよく感じた「感動的な味わい」の遭遇頻度が
だんだんと落ちてきて、逆にその「感動的な味わい」の遭遇機会が
ワインで多くなったと言うだけ。ワインもそのうち経験値を積んでいけば
同じような感覚になるのかな。

でも、これで「而今」はひと区切りがついたかな。
酒屋で見かけても昔は「ん?、而今!!!」って感じで真っ先に
飛びついたけど、最近は見かけても「へぇ~而今あるじゃん!」
くらいになったかな。生酒なら少し考えるけど、火入れはほぼ
スルーしてます。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

而今 特別純米 おりがらみ生

2019.02.19(18:18) 233

而今 特別純米 おりがらみ生
使 用 米:山田錦、五百石
使用酵母:非公開

三重県は木屋正酒造のお酒「而今」です。先日の「にごり」以来かな。
「而今」は大体のスペックをもうやったので、積極的に拾っていませんが
今回のこの「特純おりがらみ」は未飲で偶然にも購入機会に恵まれたので
手を伸ばしてみました。

15481616010.jpeg15481616120.jpeg

ちなみに特別純米は「火入れ」と「生」を過去にやったことがあるけど
この「おりがらみ」ってめずらしいのかな?存在は知ってたけど。
写真では分かりづらいかもしれませんが、滓は1センチ程度。

15481616350.jpeg15481616240.jpeg

では早速いただきます。まずは上澄みから。
ひと口含むと、メロンっぽい果実味があり甘旨でフレッシュな味わい。
甘味が強いけど、クドさは無くてバランスが良いです。
味わいも濃醇でハッキリとしてます。さすがは而今って感じ。
美味しいです!

レギュラー酒でこういうレベルだと、それはプレ酒になるわ、と
改めて思います。これが普段の晩酌酒なら言うことないな。
いや、さすがに毎日だと飽きるか(笑)

今度は滓をまぜて。
まろやかで優しい味わいになりましたね。こっちの方が飲みやすい。
滓が混ざって苦味が少し加わりましたが、良いアクセントに。
コレ、いくらでもイケそうだな。旨いわ。
ただ、少し温度が上がった方がお米の旨味がのってきて、より良い
バランスになるので、キンキンには冷やし過ぎない方が良いかな。

2日目。
果実味がメロンっぽさからブドウ寄りに変わったかな。
初日より若干大人しくなった印象になりましたが、変わらずに美味しい。

3日目。
甘味はあるけど果実味は収まってきて、ラムネっぽさがでてきました。
なんかこの味わいは「町田酒造」っぽい。
この間「町田酒造」を飲んだばかりなので、まだハッキリと味わいを
憶えてますが、似てる!3日目が。(笑)

休肝日を挟んで5日目~
甘味・旨味・果実味の主張は無くなり、全体的に落ち着いた味わいに。
居酒屋で「而今」を頼んで飲んでみるとこんな味わいって感じ。
いや、まだこの状態でも美味しいけど、ピークアウトはしてる。
飲んで美味しかったなぁ…ってボーダーは3日目(町田酒造)までかな。

もしかして開栓しないで寝かせたら、どうなるかは分かりませんけど
「而今」を飲まないで寝かせるってダメにしちゃう可能性もあるから
なかなか勇気がね。でも今度、特純の火入れを買うことができたなら
一度試しにやってみようかなぁ。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


三重県
  1. 寒紅梅 純米吟醸 夏のペンギン(09/12)
  2. 而今 特別純米 おりがらみ生(03/29)
  3. 而今 純米吟醸 愛山 火入れ(12/08)
  4. 而今 純米吟醸 雄町 無濾過生(06/07)
  5. 而今 特別純米 おりがらみ生(02/19)
次のページ
次のページ