FC2ブログ

タイトル画像

萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ

2018.07.21(08:08) 156

萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ(あまだれいしをうがつ)
使 用 米:山田錦・吟吹雪
使用酵母:非公開

滋賀県から福井弥平商店のお酒「萩乃露」です。
当ブログで滋賀県は初登場ですが、ブログ開始前に「松の司」はやってます。

15260831930.jpeg

すこし話が脱線しますが、その「松の司」を購入しようとした際のエピソードが非常に
モヤモヤしたので、いまだに鮮明に憶えてます。松の司は以前より飲みたかった銘柄で
まずは行きつけの酒屋(松の司の特約店)さんに電話して在庫の有無を確認しました。
(電話には年配の女性店員さんが出ました。)

僕 「すみませんが、松の司って今どのスペックが置いてありますか?」
店員「えっ、なに?・・・スペ?・・・分からないどうしよ・・・困ったわ」
僕 「日本酒の松の司って置いてありますか?」
店員「あっ日本酒ね?ありますよっ!」
僕 「(そりゃ日本酒はあるだろ!)滋賀県の松の司はありますか?」
店員「えっ、なに?初亀(はつかめ)?初亀ありますよ!」
僕 「(なんでだよっ!)いや初亀じゃなくて、ま・つ・の・つ・か・さ、です!」
店員「いやっ困る、分からない・・・初亀?」
僕 「・・・。いや松の司です。松の司って取扱い銘柄ですよね?」
店員「初亀?・・・お客さん日本酒欲しいんですか?日本酒ありますよ!」
僕 「・・・。」
僕 「すみません、誰か分かる人に代ってもらえますか?」
店員「ちょっと待って・・・」
(遠くで他の店員を呼び「ちょっと電話出て!初亀がどうのって言ってるから」 )
僕 「(それ、アンタだよっ!)」
店員「ちょっと来れないみたい、他のお客さんも来たから。ガチャン。」
僕 「ツーツーツー・・・」

結局、後日直接お店に行き「初亀」ではなく「松の司」を無事に購入しました。
正直、松の司を見る度に思い出したが、松の司に罪は無く普通に旨かったから
良かったけど。

「萩乃露」に話を戻します。
今回のスペックは十水仕込(極端に少ない水で仕込みを行う江戸時代の醸造手法
だそうです)という少々変わった造りで、前情報では味わいは濃厚でコクが強く
飲みごたえがあるお酒とのこと。こういう情報を知ると試したくなりますね。

15260832040.jpeg15260832130.jpeg

上立ち香はシロップのような甘い吟醸香がうっすらと。
含むと、穀物系のトロッと粘着性のある甘味と旨味で濃ゆい味わいですね。
ただ、後味に少し苦味が目立つかな。
少し温度が上がってくると味わいのクドさが際立ってきて沢山は飲めないな。

2日目。
初日と変わらずお米の濃ゆい甘旨味がベースの濃醇な味わい。
貴醸酒レベルの味わいの濃さなので、このお酒だけを沢山は飲めない。
最初に1~2杯くらい飲むくらいが丁度良いかな。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


滋賀県
  1. 萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ(07/21)