FC2ブログ

タイトル画像

ボーヌ プルミエクリュ ブレッサンド ルモワスネ 2010

2019.09.14(18:18) 313

ボーヌ プルミエクリュ ブレッサンド ルモワスネ 2010
品 種:ピノノワール100%
造り手:ルモワスネ・ペール・エ・フィス


ブルゴーニュはコート・ド・ボーヌでボーヌのワイン
「ボーヌ プルミエ クリュ ブレッサンド ルモワスネ」です。

15672136660.jpeg15672136940.jpeg

お値段は 5,000円~とプルミエクリュではお手頃な価格。
「ボーヌ」はグランクリュが無いけど、プルミエクリュが多くて
比較的コスパに優れているアペラシオンらしい。

色合いは、うっとりするキレイなルビーレッド。
上立ち香は、赤い果実でチェリー、あとスミレで少しフラワリーな香りも。

含むと、梅っぽい酸味とサクランボの甘酸っぱさなどがあり、鼻腔に抜ける
アロマがとても繊細で心地良い。美味しいですね!

温度が少し上がり開いてきて、よくよく味わってみると可憐で繊細な輪郭が
見えてくる。けど、よく味わわないと見過ごしてしまうような繊細なタッチ。
あー美味しいな。でも、まだ少し硬いかな。

2日目。
初日よりも複雑味もでてきて、ポテンシャルが上がっている感じ。
きめ細かいタンニン、あと僅かだけど甘味もある。断然2日目の方が良いな!

ただ、味わいが繊細過ぎて、合せる食事は限られちゃうかな。
自宅じゃ、さすがに繊細なフレンチって出て来ないしね。。


評価ランク ◎…本命



ワインランキング



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

シャトー・レゾリュー 青ラベル 2016

2019.09.09(18:18) 311

シャトー・レゾリュー 青ラベル 2016
品 種:グルナッシュ30%、シラー30%、カリニャン40%
造り手:シャトー・レゾリュー

最近、採用業務の仕事が忙しくなりました。
3日に一回はどこかの大学に行ってインターンシップのお願いや
会社のPRなどいろいろな広報活動をしております。

いまのこの「売り手市場」は学生さんにとっては良い時代ですが
僕ら企業側にとってはまさに地獄で争奪戦。

名が通った大企業は黙ってても学生からピンポンと訪ねてきてくれるけど
中小企業はそうはいかない。ましてや地方の中小企業なんかは・・・

採用関連のセミナーに行くと、いまの時代の採用業務は営業と同じです!
と叩き込まれます。少子化のこのご時世、皆どこの企業も人が欲しい。
「いかに会社の魅力を伝え、学生を自社に引き込めるか」が勝負です!と。

しかも、いまの採用業務には費用がかかる。
会社の経費を多額に投入しているので、「学生来ませんでした。。」では
済まないし、業務である以上は成果を求められるので、結構しんどいです。
来年3月の求人解禁まで、ずっと忙しい日々は続きます。

さて今日のワインを。
南仏はラングドック、コルビエールのワイン「シャトー・レゾリュー」です。
お値段は 3,000円~くらい。

15656672220.jpeg
15656672320.jpeg15656672440.jpeg

色合いは結構濃いめなルビーレッド。
上立ち香は、紫蘇や腐葉土、果実感はあまりないかな。

含むと、タンニンはなめらかで甘味あるまろやかな味わい。
甘味と渋味そしてコクもあり複雑味がある味わい。
凝縮感もあって飲み応えがあります。

レーズンのような果実味があって後味はアルコール感と清涼感で締めます。
普通に美味しくはある。でもリピートするか?と言うと多分、いやしないかな。


評価ランク ▲…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

カレラ・セントラル・コースト・ピノノワール 2015

2019.09.01(18:18) 307

カレラ・セントラル・コースト・ピノノワール 2015
品 種:ピノノワール100%
造り手:カレラ ワイン カンパニー


アメリカはカリフォルニア セントラル・コーストのワイン
「カレラ・セントラル・コースト・ピノノワール」です。
お値段は ~4,000円ってところ。

15641898130.jpeg
15641897990.jpeg15641898230.jpeg

上立ち香は、ベリー系のアロマ、フランボワーズ。
グラスに注ぐと、キレイなルビーレッド。

含むと、きゅっとした酸味と旨味がバランス良いです。
タンニンはソフトで土っぽさ、鉄っぽい感じもあるかな。
果実味は思ったほど無くて、出汁っぽい旨味の方が強いです。
まぁ、普通に美味しい。

2日目は、初日より酸味が少し立った味わいに。
もう少し、果実味や甘味があった方が好きな味わいだけどなぁ。
ちょっと開けるのが早すぎたか?
こういうワインを飲むと、逆にボルドー系のどっしりとした重めの
味わいのワインが飲みたくなってしまう。う~ん、いけず。。


評価ランク ▲…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ポール・ドラン ピノノワール ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ

2019.08.21(18:18) 301

ポール・ドラン ピノノワール
ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ 2014
品 種:ピノノワール
造り手:ポール・ドラン


カリフォルニアはメンドシーノのワイン「ポール・ドラン ピノノワール
ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ」です。
お値段は、~4,000円くらい。

15630842430.jpeg
15630842540.jpeg15630842640.jpeg

ピノのワインは好きだけど、アペラシオン毎の特徴はおろか、国別すら
いまいち掴めていないので、最近はブルゴーニュばかりでなく新世界の
ピノも買うようにしています。

上立ち香は、チェリー系、さくらんぼ。
含むと、酸味・旨味ある味わいでタンニンはソフト。
ほんのりな果実味、梅っぽさもあるかな。後味に若干渋味を感じます。
美味しいけど、ちょっとまだ硬いかな。

温度が上がってくると、徐々に開いてきて、含み香はフランボワーズ。
味わいの奥で甘味も感じるようになり、旨味も主張してきた。美味しいな。

2日目。
ベリー系のアロマ。
低い温度帯で飲むと、可憐でキレイな飲み口。
洗練されたタッチでタンニンも上手く溶けています。
温度が上がってくると、幅のある旨味と果実味が広がりボリュームある味わい。
どっちも美味しい!

2日目の方が断然良かったです!
飲みごたえもあり、コストに見合った美味しいワインでした。


評価ランク ◎…本命



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ 2013

2019.08.13(18:18) 296

ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ 2013
品 種:サンジョベーゼ85%、メルロー15%
造り手:ファットリア・ラ・ストリチア


もう先月の話になってしまいますが、ボーナスがでました。
サラリーマンの年2回の楽しみでもあります。
今回はというと、例年通りで昨年とほぼ変わらない額面を
いただきました。

ただ前にも書いたけど、仕事をしない奴らがボーナス貰いすぎ!
これだけ世の中で人工知能(AI)が発達してるなら仕事の対価に
合ったボーナスを正確に計算してくれるロボットを開発してくれ!
そしたら、うちの上司はおそらく新入社員以下だな。

上司をペッパー君に変えたほうが、まだ仕事してくれると本気で思う。
ま、でもそれだけうちの会社にはまだ「伸びしろ」があるということか。
上司自身にはもう「伸びしろ」がないけど・・・


さて今日は、イタリアはトスカーナのワイン
「ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ」です。

15625868140.jpeg
15625868230.jpeg15625868320.jpeg

上立ち香は、赤?いや、黒寄り?って感じの果実にコーヒー。
グラスに注ぐと、そこそこ濃ゆい色合い。
含むと、タンニンは程良く、果実味もあって凝縮感ある味わい。

甘味は優しいけど、アルコール感がそこそこあって飲みごたえが
ありますね。こういう飲みごたえあるワインを飲むとやっぱり肉を
合わせたくなります。気分的にはデミグラスとか濃いめのソースを
使った肉料理と飲みたいな、と思う。

まぁ普通に美味しいワインです。
お値段は税込でも3,000円しないくらいだから、コスパ的にも
良いのではないでしょうか。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


ワイン
  1. ボーヌ プルミエクリュ ブレッサンド ルモワスネ 2010(09/14)
  2. シャトー・レゾリュー 青ラベル 2016(09/09)
  3. カレラ・セントラル・コースト・ピノノワール 2015(09/01)
  4. ポール・ドラン ピノノワール ポッター・ヴァレー メンドシーノ・カウンティ(08/21)
  5. ファットリア・ラ・ストリチア オッチーニ 2013(08/13)
次のページ
次のページ