FC2ブログ

タイトル画像

シャトー コルバン 2013

2021.09.06(18:18) 604

シャトー コルバン 2013
品 種:メルロー80%、カベルネ・フラン種20%
造り手:シャトー コルバン


フランスはサンテミリオンの特別級【シャトー コルバン】です。
2013年とオフヴィンテージではあるけど、どうだろう。いちおう特別級だけあってお値段はそこそこで4,000円~といった価格帯。

16298721340.jpeg
16298721440.jpeg16298721550.jpeg

4時間前に抜栓しておきました。
グラスに注ぐと中間のルビー色、上立ち香は赤黒い果実、チェリー、プラムとか。
含むと、甘味は穏やかでタンニンはやや強め、まろやかな味わいで少し出汁っぽさもある。でも、まだ閉じているのか少し硬い感じはある。

時間が経つと段々とバランスは整ってきたけど、少しギスギスしたイメージがあるかな。もしかしたら、元々こういった味わいなのかもしれない。

あと、飲み進めて少し温度が上がってくると、チョコレートのアロマなんかも顔を出してそれはそれで良い感じ。でも【特別級】ってハードルを課すというと、正直やや物足りない。それはヴィンテージ的なものなのか、そもそもこういう味わいかは分かりませんが、どうも右岸だとこの価格帯でなかなか良いものに当たらないなぁ。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

デジャン エ フィス ブラン ド ブラン ブリュット

2021.08.08(18:18) 594

デジャン エ フィス ブラン ド ブラン ブリュット
品 種:アイレン、チャレロ、マカベオ、シャルドネ
造り手:メゾン・デュ・ヴィニュロン ジュラ


毎日暑い日が続くのでスパークリングワインでも。
輸入食品店のワインコーナーでスパークリングワインBOXという限定60本のくじ引きのようなもので1回1980円。特賞はドンペリのほか1~5等までシャンパーニュ、6~8等はスパークリングワイン、と確率的に4本中1本がシャンパーニュという商品。末等でも価格以上のものなので、よせばいいのに2つも買ってしまいました。

結果、まさかの8等スパークリングワインの同じやつが2本。嘘やろ。。
箱の重いのを選んだつもりだったけど、まさか同じやつが入っているとは…。
という流れで【デジャン エ フィス ブラン ド ブラン ブリュット】です。フランスのスパークリングですが、産地はよく分かりません。

16277941500.jpeg
16277941580.jpeg16277941700.jpeg

スパークリングは普段ほぼ飲まないのでよく分かりませんが、こっちの世界までハマったらそれこそキリがない。でも興味はあるかな。

飲んでみると、意外とあっさりしたテクスチャー、甘過ぎず辛すぎずでこれといって特徴は無くて可もなく不可といった味わい。

当然、暑い日にはこのシュワシュワの感じはのど越しも良くて進みますが、もうちょっと果実味とか熟感とか特徴的な味わいがあれば良いけど、ただ炭酸水を飲んでいる感じ。悪くは無いけど良くもない。末等の味わい。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

シャトー ポンテ カネ 2011

2021.08.05(18:18) 593

シャトー ポンテ カネ 2011
品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー35%
カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド1%
造り手:シャトー・ポンテ・カネ


前回に引続きもう一本豪華なやつ。今回は格付けボルドー。
左岸はポイヤックの5級格付けワイン【シャトー ポンテ カネ】です。
お値段は前回同様10,000円~と特別な日のワインです。

16277940950.jpeg
16277941050.jpeg16277941140.jpeg

5時間前にちゃんと抜栓しておきました。
上立ち香は、うっとりするアロマ。赤黒い果実、鉛筆の芯とか。
含むと、おお美味しい。ちゃんと開いている。タンニンは強めで重厚な味わい。甘味は穏やかですが、温度が上がってくるとやや前に出てきます。チョコのアロマもあるな。

時間が経つと、果実味、渋味、甘味、ミネラル感とバランスも良く、力強くパワフルで美味しいです。さすがは格付けボルドー、うめぇわ。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ドゥラス・フレール コート・ロティ セニョール・ド・モージロン 2014

2021.08.02(18:18) 592

ドゥラス・フレール コート・ロティ セニョール・ド・モージロン 2014
品 種:シラー100%
造り手:ドゥラス・フレール


連日オリンピックで日本の金メダル獲得の快挙を見ていますが、やはり一生懸命の選手の姿には心打たれますね。そんなオリンピックにあやかって、ワインも特別なやつをバンバン開けていきます。フランスはローヌ北部コートロティのワイン。【ドゥラス・フレール コート・ロティ セニョール・ド・モージロン】です。コートロティのワインは初めて飲みますが、お値段は10,000円~と家飲みでは特別な時にしか開けない豪華なお値段。

16269312230.jpeg
16269312340.jpeg16269312430.jpeg

上立ち香は、赤黒い果実、ブルーベリー、コショウ、うっとりするアロマですね。
含むと、結構スパイシーなテクスチャー、干しぶどうのような果実味もあり、やわらかくふわっとした品もあり、アダルトな感じです。

美味しいけど、まだ少し硬いかな。2014年で、それほど良年ってヴィンテージでもないので開けたけど、少し飲むのが早すぎたかな? 本音はもう少し寝かせたかったけど、他のワインとの兼ね合いで、やむを無く開けたけど。やはりもう少し大容量のセラー欲しいな。

2日目。
上立ち香はコーヒーなんかも。よくよく味わわないと見過ごしてしまいそうな繊細な味わい。少しだけど熟感もなくはない。ああ、やはりポテンシャルはあるんだな。これはこれで悪くはないけど、早飲みし過ぎたかも。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

レクスプレッション ド ポイヤック 2014

2021.07.21(18:18) 586

レクスプレッション ド ポイヤック 2014
品 種:カベルネ ソーヴィニヨン70%、メルロー29.6%
カベルネフラン0.05%、プティヴェルド0.35%
造り手: 非公開


フランスはボルドー左岸ポイヤックのワイン【レクスプレッション ド ポイヤック】です。
このワインは、誰もが知っている有名シャトーのワインという触れ込みで販売していたワインで、調べると中身は【ラトゥール】とか、いろいろな情報がでてきますが、真偽は定かではありません。ただ言えるのは有名シャトーの葡萄で造られているのはホントだとしても、ファーストやセカンド、もしくはサードにもなり得なかったワインであることは確かなようです。

16259732650.jpeg
16259732750.jpeg16259732860.jpeg

上立ち香は、黒い果実、タバコ、ロウ。
含むと、重厚でパンチのあるテクスチャー、開けたては少し硬いかな。
時間が経ってくるとビターチョコのアロマも。味わいも段々開いてきて、ミネラル感や果実味もより感じるようになってきました。ややスモーキーさなんかもあるかな。

ゆっくり時間(2時間ほど)をかけて飲んでいますが、時間が経てば経つほどポテンシャルの片鱗が見え隠れし品の良さが際立ってくる。コレ美味しい。開けたてとはまるで違うアロマだな。これならもっと前に抜栓しておいておけば良かった。

2日目。
少しアロマに甘さがでてきた、ミルクチョコ。
少し酸味が立った味わいで血っぽさやミネラル感なんかも豊富でアルコール感も気持ち強めに感じる。タンニンもなめらかに溶けていてバランスも良いです。ああ、美味しいわ。液体として旨いな。

【レクスプレッション ド ポイヤック】美味しいワインでした。コレ格付けボルドーだよって言われたら正直信じてしまうだろうな。僕の稚拙な舌ではその違いは分からない。まぁ美味しいからそんなのどっちでも良いけど。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


フランス
  1. シャトー コルバン 2013(09/06)
  2. デジャン エ フィス ブラン ド ブラン ブリュット(08/08)
  3. シャトー ポンテ カネ 2011(08/05)
  4. ドゥラス・フレール コート・ロティ セニョール・ド・モージロン 2014(08/02)
  5. レクスプレッション ド ポイヤック 2014(07/21)
次のページ
次のページ