fc2ブログ

タイトル画像

ファミリー・リザーヴ シュナン・ブラン クライン・ザルゼ 2019

2022.06.28(18:18) 697

ファミリー・リザーヴ シュナン・ブラン クライン・ザルゼ 2019
品 種:シュナン・ブラン
造り手:クライン・ザルゼ・ワインズ


南アフリカはウエスタンケープ ステレンボッシュのワイン
【ファミリー・リザーヴ シュナン・ブラン】です。
いろいろな所で見かけるし結構有名な造り手だと思いますが、初飲みの生産者。これの下のやつもあったけど、今回は上位スペックのこちらをチョイス。お値段は3,000円~とそれでもお手軽価格。

16550206560.jpeg
16550206720.jpeg16550206840.jpeg

上立ち香は、洋梨、ハチミツとか。
含むと、まろやかなテクスチャーでさりげない甘味。凝縮感もそこそこで飲み応えがあり、なかなか美味しいです。軽すぎず、重すぎず丁度良い感じ。

個人的にあまり軽すぎるやつは好まないので、結構好きな凝縮感。下位スペックを飲んでいないので、なんとも言えないけど、これはこれでコスパは良いと思う。下のやつも飲んで、そう変わらないなら、そっちを買うけど。今度飲んでみようかな。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ミルクウッド シラーズ・ヴィオニエ 2017

2021.11.19(18:18) 629

ミルクウッド シラーズ・ヴィオニエ 2017
品 種:シラーズ98%、ヴィオニエ2%
造り手:グレープ・グラインダー


南アフリカは西ケープ州のワイン【ミルクウッド シラーズ・ヴィオニエ】です。
ラベルからも如何にもニューワールドって感じでお値段も~1,500円とリーズナブル。

16368602420.jpeg
16368602570.jpeg16368602690.jpeg

上立ち香は、赤黒い果実だけど、やや赤寄りかな。
含むと、ハーブ感がありジューシーな印象がありつつもしっかりとした渋味。タバコっぽさもあるか。ジューシーさもあるけど、やや干しぶどう的な熟感も感じる。コレ、美味しいですね。コスパの良いワインだ。

ゴクゴク飲める飲みやすさもあり、適度な渋味の主張も丁度良い。あと果実味やまろやかさも兼ね備えた万能なテーブルワイン。でも、初日で飲んでしまった方が良いかな。2日目はややピークアウトしてた。

このワインを購入した時に、ぶどうの品種違いのやつも売っていたので、今度はそっちも買ってみようかな。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

SSR・レッド 2019

2021.10.07(18:18) 615

SSR・レッド2019
品 種:サンソー、カベルネ・ソーヴィニョン、シラーズ
ムールヴェードル、カベルネ・フラン
造り手:パーデバーグ・ワインズ


南アフリカはウエスタンケープのワイン【SSR・レッド】です。
ネット購入したワインの同梱でポチったワインで価格も~1,500円とリーズナブル。

16332353510.jpeg
16332353630.jpeg16332353730.jpeg

色合いは中間の紫。
上立ち香は、若いだけありフレッシュな赤寄りの黒い果実、レザー、えんぴつの芯、ふかふかの土とか。含むと、おっ結構甘いな、けど少しケミカルな甘味。同時に渋味も重なって合わさってきます。

正直言うと、あまりバランスが良くない。この甘味と渋味以外はこれといった特徴はなく、おまけに渋味は少し引っ掛かる。この価格帯だから多くを求めてもしようがないけど、ちょっと味わいが単調で且つゴチャゴチャしてる。飲めなくはないけど…。

例えると、チェーン店の居酒屋で飲み放題メニューの赤ワインを頼むと、出てくるであろうワインかな。以上。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ステレンボッシュ・ヒルズ 1707 リセルヴ レッド2016

2021.08.19(18:18) 598

ステレンボッシュ・ヒルズ 1707 リセルヴ レッド2016
品 種:シラーズ、カベルネソーヴィニヨン、メルロー、プティヴェルド
造り手:ステレンボッシュ・ヒルズ


南アフリカのワイン【ステレンボッシュ・ヒルズ 1707 リセルヴ レッド】です。
これはカルディでサマーチャンスBOXのワインくじ(2000円)で引いたもので、南アはウエスタンケープのワイン。いちおう値段は3,000円となっていました。

16284029080.jpeg
16284029290.jpeg16284029390.jpeg

上立ち香は、赤黒い果実、墨汁、タバコ、キノコとかで結構好きなアロマです。
含むと、キュッとした果実味と酸味で想像していたよりはやや軽めなボディ。出汁っぽい旨味や熟感も少しだけ感じる。

奥深さやスケール感はさすがに無いけど、なかなか美味しい。時間が経つと少し甘みが前にでてきて鉄っぽさとかも。

2日目。
なんか不思議と初日より香る感じがする。芳醇な果実の良いアロマ。
カカオやバニラなんかも感じ、複雑味がある味わいに。これ美味しいわ!

程良い熟感と酸味、渋味も丁度よい塩梅。コスパは良いし、南アフリカのワインってレベルが高いな。これブラインドで出されて5~6千円のワインって言われても多分疑わないと思う。伊達にいろいろ受賞したシールを瓶にベタベタ張られているだけのことはある。。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク ピノ・ノワール 2017

2020.05.06(18:18) 402

ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク
ピノ・ノワール 2017
品 種:ピノ・ノワール 100%
造り手:ブシャール フィンレーソン


久しぶりにピノでも。南アフリカはハーマナス地区のワインで
「ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク」です。
お値段は【5,000円~】と新世界のワインにしては結構なお値段。

15882434510.jpeg
15882434680.jpeg15882434850.jpeg

南アでは最高クラスのワイナリーとのことらしく、このスペックより
上級キュヴェは15,000円近くするので、まずはこのクラスを飲んで
みようと思います。

上立ち香は、赤い果実、チェリーにオイリーな感じが混ざる。
含むと、収斂性のある酸味とミネラル感があり、果実味は少し弱め。
出汁っぽさを奥で感じます。少し硬い印象があるな。
クリアさ無く、複雑味とは違う少しゴチャゴチャした感じかな。
2017年だし、まだ開けるのが早かったか?閉じてるかな。

しかし時間が経ってくると、徐々にポテンシャルが上がってきて
柔らかなテクスチャーに。いや、ここまで変わるのかってくらい
変わった。

その後、尻上がりにどんどん良くなってきました。コレ、美味しい!
最初はすこし曇ったような上立ち香も、いまでは上品なアロマに。
そのアロマが飲んだ後、鼻腔に抜けてアルコールと混ざって感じる
後味がなんとも美味しい。これならコスパに見合った味わいだな。

今回改めて気づかされましたが、デキャンタって大事だな。
一応、抜栓は飲む30分くらい前にしたけど、差ほど効果はないな。
デキャンタグラスかポアラー買うか。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


南アフリカ
  1. ファミリー・リザーヴ シュナン・ブラン クライン・ザルゼ 2019(06/28)
  2. ミルクウッド シラーズ・ヴィオニエ 2017(11/19)
  3. SSR・レッド 2019(10/07)
  4. ステレンボッシュ・ヒルズ 1707 リセルヴ レッド2016(08/19)
  5. ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク ピノ・ノワール 2017(05/06)
次のページ
次のページ