fc2ブログ

タイトル画像

ウエストエンド ホワイト シャルドネ 2021

2022.05.20(18:18) 688

ウエストエンド ホワイト シャルドネ 2021
品 種:シャルドネ
造り手:カラブリア・ファミリー・ワインズ


オーストラリアはリヴァリーナのワイン【ウエストエンド ホワイト シャルドネ】です。この生産者のワインはリーズナブルでコスパも高いので、年に数本は飲んでます。金額も1000円と気軽に手が出せる価格帯。ちなみにこのスペックの対極的な位置づけの【ブラックシラーズ】は僕の好きなワインです。

16515504660.jpeg
16515504740.jpeg16515504810.jpeg

上立ち香は、はちみつ、ライム、レモン。
含むと、フレッシュなレモンやライムの果実感があり、ミネラル感もそこそこ。この価格帯にしては凝縮感がありますね。ミディアムボディくらいのテクスチャーで飲み応えもあるな。あと、ほんのりした甘味もあります。

【ウエストエンド ホワイト シャルドネ】値段を気にせず飲めるコスパが高い美味しいワインでした。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ペンフォールズ BIN 8 ビン8 シラーズ カベルネ 2018

2022.04.08(18:18) 674

ペンフォールズ BIN 8 ビン8 シラーズ カベルネ 2018
品 種:シラーズ種、カベルネ・ソーヴィニヨン種
造り手:ペンフォールズ


オーストラリアはバロッサヴァレーのワイン【ペンフォールズ】です。
お値段は3,000円~と、まぁそう肩に力が入らない価格帯。

16459263650.jpeg
16459263830.jpeg16459263940.jpeg

上立ち香は、黒系果実、カシス、少し甘い香りが混ざる。
含むと、しっかりとしたタンニンと果実味、ややスモーキーさもあります。主張はやや強めで飲み応えある味わい。個人的に結構好きな方向性の味わい。

この価格帯だし多くは求めないけど、果実味や甘味、タンニンと分かりやすい味わいで結構万人受けしそうなワインといった感じ。

ゴクゴクとまではいかないけど、気合入れ過ぎず気軽に開けれるワインとしてはちょうど良いかもしれないな。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

リッチランド・ヌーヴォー モスカート 2020

2020.08.13(18:18) 439

リッチランド・ヌーヴォー モスカート 2020
品 種:モスカート・ビアンコ 100%
造り手:カラブリア・ファミリー・ワインズ


オーストラリアはニューサウスウェールズ州のリヴァリーナのワイン。
【リッチランド・ヌーヴォー モスカート】です。僕としてはめずらしく白ワイン。このブログでは確か2度目。毎日暑い日が続くので、キンキンに冷えた白ワインが飲みたくなって購入してみました。南半球はこの時期(7月中旬に購入)くらいが新酒(ヌーヴォー)なのかな。コスパも良くて果実味溢れる味わいが特徴的な造り手さんで結構好きな銘柄です。お値段は千円後半ってところ。

15956426150.jpeg
15956426250.jpeg15956426350.jpeg

上立ち香は、フレッシュで爽やかな柑橘系の香りとミントっぽいハーブ感も。
含むと、フレッシュ&ジューシーなテクスチャー、アルコール度数が6%なのでまるでジュースのようにゴクゴク飲めますね。少し温度が上がってくるとハチミツっぽさもでてきます。ああ、コレ美味しいわ。

なんといってもマスカットやライムをそのまま食べているようなフレッシュなジューシー感が良いですね!あと極々わずかに微発泡程度のガス感があり、それがまた飲み口を良くさせています。これヤバいな、一日で1本空くぞ。

【リッチランド・ヌーヴォー モスカート】美味しかったです。暑い夏にとてもピッタリなワインでした。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

リッチランド・カベルネ・ソーヴィニヨン 2018

2020.08.02(18:18) 435

リッチランド・カベルネ・ソーヴィニヨン 2018
品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン
造り手:カラブリア・ファミリー・ワインズ


オーストラリアはニューサウスウェールズ州のリヴァリーナのワイン。
【リッチランド・カベルネ・ソーヴィニヨン】です。
以前、この造り手のワインがリーズナブルでとても美味しかったので、今度は葡萄違いのものをセレクトしてみました。お値段は千円ちょっと、とリーズナブルな価格です。

15948218390.jpeg
15948218510.jpeg15948218610.jpeg

上立ち香は、カシス、紫蘇っぽさ、若いワインだけあって果実感がみずみずしい香り。
含むと、ベリー系の果実味溢れるジューシーな味わいで結構甘めです。コレうめぇな!タンニンはソフトでゴクゴク飲めるテクスチャー。果実味が特徴的なワインで、葡萄の甘味がそのまま出ているような甘味が美味しい。

さすがに奥深さや複雑味は無いけど、テーブルワインとしては結構好きな味わいですね。やはりこの造り手良いな。如何にも素人受けしそうな味わいだと思うけど、素人の僕にはまだこういうワインが美味しいと思える。ワインだけど、ほんの少し葡萄ジュース寄りの味わいっていうのかな。邪道かもしれないけどコレ美味しい。ゴクゴクいって1本開けそうな勢いです。。

【リッチランド・カベルネ・ソーヴィニヨン】コスパも良くて美味しかったです。こういうワインで上がれるという事は、まだまだ僕も【お子ちゃま】だな。。けど、こういうの好き(笑)


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

リッチランド ブラック・シラーズ 2018

2020.03.27(18:18) 390

リッチランド ブラック・シラーズ 2018
品 種:シラーズ 100%
造り手:カラブリア・ファミリー・ワインズ


オーストラリアはニューサウスウェールズ州のリヴァリーナのワイン。
「リッチランド ブラック・シラーズ」です。
お値段は1,000円ちょっと、とてもリーズナブル。
オーストラリアワインだけあってスクリューキャップですね。

15849676890.jpeg
15849677150.jpeg15849677260.jpeg

上立ち香は、赤黒い果実、サクランボやブラックチェリー、紫蘇っぽさ
墨汁、なかなか複雑ではないか。

含むと、タンニンは穏やかでまろやかな味わい。
酸味+鉄っぽさに葡萄の果実味もしっかりと感じられます。
若いワインらしくジューシーな飲み口でとても飲みやすい。
なんかとてもほっこりするような優しい味わい。

高級ワインのような奥深いスケール感はありませんが、個人的には
ドストライクでかなり好きな味わい。こういったテーブルワインに
出会うと幸せを感じます。

温度が上がると、甘味もでてきて葡萄の果実味もより感じ、益々
飲み応えある味わいに。これヤバっ、美味しい!!

2日目。
上立ち香に初日にはいなかったコーヒーもいるな。
含むと果実味たっぷりでなめらかなタンニン、後半にミントっぽさも感じ
清涼感もありますね。

飲み進めると、奥でバニラ感もでてきた。
この価格帯のワインにしては複雑味もあり、ちょっと意外な味わいに驚く。
いやいやコレ、マジで美味いわ!
とても1,000円~って味わいだと思えないな。
明日にでももう一本買いに行かねば。


評価ランク ★…殿堂(コスパ込みで)



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


オーストラリア
  1. ウエストエンド ホワイト シャルドネ 2021(05/20)
  2. ペンフォールズ BIN 8 ビン8 シラーズ カベルネ 2018(04/08)
  3. リッチランド・ヌーヴォー モスカート 2020(08/13)
  4. リッチランド・カベルネ・ソーヴィニヨン 2018(08/02)
  5. リッチランド ブラック・シラーズ 2018(03/27)
次のページ
次のページ