FC2ブログ

タイトル画像

安芸虎 純米吟醸 朝日 秋上がり

2020.10.25(18:18) 464

安芸虎 純米吟醸 朝日 秋上がり
使 用 米:岡山県産 朝日
使用酵母:非公開

高知県は有光酒造場のお酒【安芸虎】初飲み銘柄です。
四国のお酒は久しぶりに飲みます。僕はいわゆる【ひやおろし】は基本、購入しませんがこの秋に唯一購入したのがこのお酒。普段行く酒屋さんでたまたま見かけて、いままで飲んだことが無い銘柄だし、一度飲んでみるかと思い購入してみました。今期、秋酒を購入したのはこのお酒だけだな。

16011960800.jpeg16011960890.jpeg
16011960990.jpeg16011961100.jpeg

上立ち香は、酸味あるとろんとした甘めの吟醸香。
含むと、うわっ、濃ゆいな!シロップのような強めの甘味と、同じくらいパンチの効いた酸味で結構個性的な味わいですね。カプっぽさもあるし、イソアミルっぽさもどことなく感じる。かなり濃いめな味わいですが、酸味が強いので、そのぶんクドさが緩和されて意外と飲み続けていられる。面白いお酒だなぁ。

1日空けて、3日目。
甘味、酸味は少し収まり、だいぶ大人しくなったかな。初日はあまり感じませんでしたが、カカオのようなコクもあり、奥でバニラ感も。後味に苦味はあるけど、あくまでアクセントでなかなか旨いです。初日の個性全開の味わいも面白かったですが、この味わいも悪くないかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

豊能梅 G×Aピンクラベル 純米吟醸おりがらみ生原酒

2018.02.15(18:18) 100

豊能梅 G×Aピンクラベル 純米吟醸おりがらみ生原酒
使 用 米:吟の夢
使用酵母:高知酵母AC95

たまには新規開拓を。
四国は高知県から高木酒造のお酒「豊能梅」初飲み銘柄です。
この豊能梅G×Aシリーズは、新しいコンセプトで企画した限定商品らしく
加盟酒販店のみ販売のPB商品とのこと。

15163695200.jpeg

しかし蔵元のHPを見てもG×Aシリーズの情報は一切無く、もうちょっと
宣伝しても良いのでは?と少し思うのだが・・・このピンクラベル以外には
黒ラベルの火入バージョンが確かあったと思います。

15163695340.jpeg15163695500.jpeg

ちなみに酒名にある「G×A」とはG=吟の夢 × A=AC95酵母 だそうです。
AC95酵母は、カプロン酸系とイソアミル系の両方の特性を持っている酵母で
ちょっと楽しみですね!

上立ち香は、ズバリ!メロンです。果実系の甘い吟醸香。
うすにごり程度におりが絡んでいます。

ひと口含むと、あっ、コレ旨いです!濃醇甘旨で僕の好きな味わいド真ん中。
ベースはメロンでフレッシュ&ジューシーな味わい。今年飲んだ中では1番好きかも。
少しだけどガス感もあって後味にお米の甘味・旨味を感じます。コレ美味しいなぁ。
「たかちよ」とか好きな方ならおススメかも。

2日目。
開栓初日より果実感は落ち着いてメロンは、ほぼ居なくなりました・・・
甘味もおさまって変わりに旨味が前面に出てきました。
あと気になるほどではないけど、後味に苦味を若干感じますね。

正直に言えば初日にもうちょっと飲んでおけば良かったかな。
でも、たまにはこういった新規開拓も面白いですね。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24 生酒

2017.06.05(12:18) 11

亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24 生酒
使 用 米:八反錦100%
使用酵母:CEL-24
日本酒度:-13

高知県の亀泉酒造のお酒です。
四国の日本酒は、外飲みも含め初めて飲むことになります。

14965811790.jpeg


ラベル自体が日本酒スペックの説明、そして数値からも少し
変態的なスペックのお酒です。

14965812080.jpeg


高知県の「CEL-24酵母」はカプロン酸エチル主体の酵母で
その香は協会9号のじつに3倍以上とも…「香りの爆弾」と
称されるこの「亀泉 CEL-24」は、他の日本酒ブロガーさん達も
度々紹介されていて、ある意味メジャーな個性的銘柄です。

しかも、皆さんの評価は賛否両論で好き嫌いがハッキリ分かれる
なんとも魅力的なお酒(笑)是非とも自分の舌で確かめてみたいと
以前から気になっていましたが、たまたま行った酒屋さんで偶然に
出会ってしまい…買わずにはいられず、予定外でしたが購入して
しまいました。(この時点で既に魅了されてしまっている…)

上立ち香は、やはりカプエチ系の香りがプンプン香ります。

いざ、一口目。
甘っ!濃い~です(笑)
カプエチ系の香りを強く感じ、一瞬、青リンゴっぽい味わいもします。

二口目、フローラルな花の蜜のような甘味を感じますが、基本的には甘く
濃くそしてフローラルな味わい。日本酒というかリキュールのような感じ…。
(貴醸酒っぽい感じもするかな。)

僕は比較的に甘旨口のお酒は好きなのですが、これはちょっと…正直苦手。
フローラル系は匂いに酔ってしまうというか(アルコールにも酔いますが…)
個人的には、柔軟剤じゃ無いんだし、フローラル要るか?って思ってしまう。
(フローラルな好きな方には、誠に申し訳ありません…。)
カプエチ系が強いお酒は、たまにこのようなフローラルな香りを纏うので
僕的には苦手な部類です。

どちらかと言えばイソアミル系(静岡酵母とか新政酵母の6号、14号とか)の
お酒の方が好みです。イソアミルが強く出過ぎて酢酸エチル(セメダイン)に
なってしまっても、フローラル系よりは、全然平気(笑)

カプエチ系の全部が苦手ではないので、そこが微妙。カプエチとイソアミルが
両方でる、10号とか秋田酵母とかは普通に好きな部類だったりします。

このお酒と合わせられるおつまみは限られますね。個性がかなり立っているので、
たくさん量を飲むって感じではなく、まさに乾杯酒向きなお酒ですね。
家飲みでじっくりやるには、少し不向きなお酒に感じました。

「亀泉」は、通常のスペックを改めて飲まねばと思います。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


高知県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
高知県
  1. 安芸虎 純米吟醸 朝日 秋上がり(10/25)
  2. 豊能梅 G×Aピンクラベル 純米吟醸おりがらみ生原酒(02/15)
  3. 亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24 生酒(06/05)