FC2ブログ

タイトル画像

十六代九郎右衛門 純米吟醸 活性生にごり スノーウーマン

2017.12.31(18:18) 83

十六代九郎右衛門 純米吟醸 活性生にごり スノーウーマン
使 用 米:信州産ひとごこち 100%
使用酵母:非公開

今日は12月31日、早いもので今年もあと数時間で終わってしまいますね。
今年の5月にこのブログを始めて早や8ヵ月。
最初はただの日本酒好きのサラリーマンで、さまざまな日本酒ブロガーさんの
お勧め銘柄を参考にお酒を購入し日々飲んでいるだけでしたが、まさか自分が
こうして日本酒ブログを始めるとは思ってもいませんでしたね。

そんな僕がなぜ日本酒ブログを始めたかというと、ある日本酒ブロガーさんとの
出会いが始まりでした。主に長野酒を中心に紹介されているブログです。

長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳

↑ このブログをきっかけに僕もこっちの世界に引き込まれましたね(笑)

しかし、始めてみると意外と面白くて、そんなに沢山の読者もいないのですが
結構楽しんでやっております。もしからしたら少なからず、こんなブログでも
参考にしてくれる人がいるかもしれませんし。(今後も含めてですけど…)

そんな「きっかけ」をつくってくれた「縁」を大切にし、そして敬意を表しまして
今年ラストのお酒は長野酒をセレクトしてみました。

長野県の湯川酒造店のお酒「十六代九郎右衛門」です。初飲み銘柄です!
「十六代九郎右衛門」は、僕が行く酒屋さんでも取扱いがあり、いつか飲もう
とずっと思っていましたが、タイミングが合わず購入出来ていませんでした。

15143747960.jpeg15143748420.jpeg

しかし、この時期の限定商品「活性生にごり スノーウーマン」だけは逃さずに
買おうと決めていたので、ようやく手にすることができました!

15143748080.jpeg15143748260.jpeg

開栓注意のタグが掛かっていたので、ゆっくりと栓(王栓のキャップですね)を
開けてみると、ポンッと音がなる程度で噴き出すことはありませんでした。

早速いただいてみます。まずは上澄みから。
おおっ美味しい…甘旨なパイナポーです!少しリンゴっぽいとこもあるかな。
ガス感は意外にもあまり無くてプチプチ程度、いやプチくらい。
でも絶妙なバランスで後味もスッキリしています。十六代九郎右衛門、旨いなぁ。

しっかり撹拌してから。
上澄み部分と比べると滓のクリーミーさがプラスされてお米っぽさが混ざり
これはこれで美味しいです。にごり酒の中でもスッキリで飲みやすいタイプの
お酒ですね。

2日目。
吟醸香も穏やかになりましたね。甘味も落ち着き、少し辛口寄りになってきたかな。
後味に僅かだけど苦味もでてきました。初日の方が僕は好みですね。

十六代九郎右衛門、とても美味しかったです。
今期は、やはり愛山のスペックをやってみたいですね。

今年の更新はこれで最後となりますが、このブログを通じて、様々な出会いがあり
それが「縁」となって、僕にとって楽しい日本酒ライフを送らせてもらっています。

来年もブログを通じ、少しでも沢山の方との新しい「縁」ができることを期待して
ブログを続きていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願いします!



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

志太泉 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生酒

2017.12.30(08:08) 82

志太泉 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生酒
使 用 米:富山県産五百石
使用酵母:静岡酵母New-5

先日、インフルエンザの予防接種を何年か振りに受けてきました。
僕の想像した以上に注射が痛くてビックリしました。注射針が刺さった瞬間に
思わず「んんんっっ」ってなりました(笑) そりゃあ子供が隣で泣き叫んでる訳だ。

静岡県の志太泉酒造のお酒「志太泉」です。外飲みでは何度か飲んでいますが
家飲みでは意外とそんなにやってないかな。このお酒は29BYの新酒ですね。
12月上旬に発売されて赤いラベルに緑色の瓶、季節柄クリスマスをイメージ
しているとのこと。

15130797550.jpeg

この記事がアップされる日は、既にクリスマスを過ぎてしまっていますが、
今日は12月25日でクリスマス。折角なのでこの日に合わせてみました。

15130797690.jpeg15130797790.jpeg

上立ち香は、静岡吟醸らしくイソアミル系の吟醸香ですが、New-5だから
穏やかな感じです。ほんの少し滓がありますが、最初から混ぜていただきます。

含むとお米の甘味と旨味がとても優しくフワッと口の中に広がり、後味にわずかに
バナナと少しリンゴが混ざってるかな。飲み干す時もきれいにスッと無くなります。
これは美味しいですね。ガツンとくる派手さは無いけど、飲みだすと、また一杯と
止まらなくなる感じ。食中酒に向いてるかな。

飲みすすめていき少し温度が上がってくると時折カスタードっぽさが顔を出します。
バナナにリンゴの蜜、そしてお米の旨味が混ざってカスタードになる。
この温度帯が一番旨いな。あまり冷やし過ぎない方が良いですね。

2日目。
「生酒おりがらみ」なので、ある程度の劣化を想定しておりましたが、殆ど
変わらずに美味しい!むしろ硬さがとれて初日よりウマくなってないか?
後味に旨味が初日よりもグッと主張してきて、それが良いバランスに。

少し前に志太泉は6年ぶりに復活販売した「純米吟醸・愛山」をやりましたが
断然こっちの方がおすすめ!淡い甘旨なバナナ林檎ジュースです。

この前飲んだ「奈良萬おりがらみ」と甲乙つけがたいほど美味しいな。
強いて言うなら、志太泉の方が奈良萬と比べて、後味がキレイで上品な
味わいかな。

「志太泉」美味しくいただきました。
酒屋の店主が激推しするだけある美酒でしたね。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

鳳凰美田 いちご酒

2017.12.28(18:18) 81

鳳凰美田 いちご酒
使 用 苺:栃木県産 とちおとめ100%
使用酵母:非公開

栃木県から小林酒造のお酒「鳳凰美田 いちご酒」です。
今回は日本酒ではなく鳳凰美田のリキュール酒です。
たまにこういうデザート酒って飲みたくなるんですよね。低アルで飲みやすいし!

15140212370.jpeg15140212470.jpeg

この「鳳凰美田いちご酒」は酒屋さんでも結構推している商品で、発売されても
すぐに売切れてしまったり、人気が有り過ぎて次回入荷は未定です。とか酒屋さん
でもそんな情報をよく耳にする季節限定の人気商品みたいです。

別のお酒を買いに行った際、まさかあるとは思わなかったですが、たまたま少量だけ
入荷していたらしく、折角だから飲んでみようかなと思い購入しました。

中身はというと「鳳凰美田の吟醸酒」と「いちご」と若干の「乳製品」のブレンド
らしく「いちごミルク」や「いちごヨーグルト」のような甘酸っぱい味わいとの事。
見るからに味は大体想像できますが…(笑)とても美味しそうなお酒です!

15140212560.jpeg15140212650.jpeg


上立ち香は、まんまいちごの甘い香りと吟醸香が混ざったもので、飲まずとも既に
美味しいことが約束されている香り(笑)これで不味かったらある意味面白い。

分離しているので、せっかくなので上澄みからいただきます。
一口含むと、甘っ酸っぱい!(そりゃそうだろうよ…)
うわぁぁぁ美味しいぃぃ…好きかも(笑)コレはマジで旨いな。
いちごのフレッシュ感がスゴイ!物凄くジューシーですね。

今度はよく撹拌して、いちごヨーグルトにしてから。トロトロですね!
ひと口含むと、うん、旨い。好きだなコレ!よし毎年買おう!
まんま「いちごヨーグルト」って味わいで、とても美味しい。

たま~に不味いお酒に当たったときには、これ混ぜたろかって思う(笑)
意外と美味くなるかも。

でも外飲みでよくある、この手のカクテル系のお酒とはいったい何だったんだ?
と思ってしまうほど、ちゃんとしっかりしてる。な~んちゃって〇〇酒じゃない。
よくある安っぽいリキュール酒ではなく、高級なデザート酒ですね。
これ凍らせたら、大人のアイスの実になるんじゃないかな。食後のデザートに。

たまにはこういうお酒も良いですね。今度は桃とかやろうかな?
この手のリキュール酒もこれからはちょくちょく飲んでいこう!
(あと普通の鳳凰美田も今期はすこしやろう。)
充分に楽しめました!



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

初亀 特別純米 かすみさけ 生酒

2017.12.25(18:18) 79

初亀 特別純米 かすみさけ 生酒
使 用 米:麹米:富山県なんと産 山田錦
掛米:富山県なんと産 雄山錦
使用酵母:静岡酵母

このところ忘年会シーズンで外飲みの回数も増えており、新酒シーズンなのに
家飲みのペースが落ちてきています。

会社絡みの飲み会だと当然女性もいるので、ポン酒の品揃えが良いお店なんて
行く筈もなく、たいていビールを軸に周りに合せて「ワイン派」か「焼酎派」に
分かれるといった流れになり、そこで一人だけ「僕は日本酒を」ってなかなか
頼みづらいですね…そもそも品揃えも大したことないので、冷蔵保存要らずの
普通酒クラスのお酒ばかりですから、どうしても飲みたい訳ではないのですが…
しばらくこの状態は続きそうです…

なので、家飲みくらいは好きなお酒を存分に飲みます!
(好きな酒しか買ってないから当たり前ですけど…)

静岡県から初亀醸造のお酒、僕個人的の「静岡酒四天王」の一つ「初亀」です。
(ちなみに現在の静岡酒四天王は「磯自慢」「正雪」「初亀」「開運」かな。)

15130794980.jpeg

前回の純吟があまりにも美味しかったので、今期の新酒シーズンで是非とも
なにかやろうと狙っていたところ、この「特別純米かすみさけ」が発売され
早速購入しました。この商品は29BYからの新商品なのでとても楽しみです。

15130795200.jpeg15130795320.jpeg

上立ち香は、静岡酵母らしくイソアミル系の優しい香り。
一口含むと、とても優しいお米の旨味と甘味がフワッと口の中で広がります。
同時に舌先にピリッとくる辛味と後味のわずかな苦味がいかにも新酒らしく
荒々しさもあってフレッシュですね。美味しい…さすが初亀って感じです。

最初に滓が沈んでキレイに分離されていたので、上澄みをいただきましたが
とてもキレイな飲み口でクリアな酒質でしたが、わずかな滓を混ぜるだけで
まさに「かすみさけ」って感じになり、それが複雑味を演出させています。
わずかな滓なのに、ここまで酒質が変わるんだな…とても繊細で不思議です。


2日目は燗酒にしてみます。ぬる燗くらいで。
フワッとまろやかなお米の旨味が冷酒のときより前に出てきて、優しい
口当たりですが少し苦味が目立つな…何かちょっと違うかな?って感じ。
温度が常温くらいに戻ると、ちょっとエグイ味わいが顔を出すな…
燗酒はちょっと失敗しましたね。

「初亀」今年はいろいろなスペックを試してみたいですね。



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

有馬記念

2017.12.23(15:15) 80

なんか久々の競馬ネタ。
いちおう、日本酒と競馬ブログと公言しているにもかかわらず
競馬記事は最近サボっております。競馬自体はやっております!
(当たってはおりませんが・・・)

さて、いよいよ一年の競馬の集大成。そう有馬記念です。
(今年から有馬記念後の28日に新設のGⅠがありますが…)

今年の有馬記念は率直な感想はちょっと小粒かなと思います。
今年の競馬界の顔「キタサンブラック」はともかく他のメンバーが
ちょっとなぁ…と思ってしまいます。

キタサンブラックのライバル「サトノダイヤモンド」をはじめ、3歳勢の
クラッシックホース「アルアイン」「レイデオロ」「キセキ」の3頭すべて
回避、しかも3歳牝馬のクラッシックホース3頭も出ない。

すこし拍子抜けの有馬記念となってしまいましたが、一年の締めくくりの
レースですから、例年同様に今年も購入資金をいつもより増やして挑みます。
そう、今年は先日購入してしまった羽毛布団代を稼がねば・・・

このメンバーからも本命は「キタサンブラック」と行きたいところですが
人気が一本被りであることから、ギャンブラーの僕からすると馬券妙味は
既に無く、本命は「サトノクラウン」で決まり。

相手に「スワーヴリチャード」「キタサンブラック」「サトノクロニクル」
「レインボーライン」へ馬連で流します。

本命のサトノクラウンは右回りの方が得意であり、荒れた馬場は良く走る。
有馬記念が行われる中山競馬場も明日で開催8日目を迎え、ぼちぼち芝の
状態も荒れてくるころかな。(ホントはひと雨欲しいところだけど…)
そして、関東馬なので長距離輸送がなく、関西の他有力馬に比べその点は
プラスに働き、騎手は何と言っても世界のライアンムーア、騎手込みの本命。

相手筆頭のスワーヴリチャードは、前走アルゼンチン共和国杯でこの馬の
非凡な能力の片鱗をみたような気がする。秋は調整が遅れからすこし始動が
ズレ込んだが成長力いかんではもしかしたらキタサンを負かすことの出来る
馬かもしれない。ただ気になるのはサウスポーかもしれないという点かな。

あとキタサンブラック、この馬はもはや語るまでもない現役馬では絶対的な
王者でありすでに名馬。さすがに保険で流しておきました。


その他相手のサトノクロニクルとレインボーラインは、本命をサトノクラウンに
したので、サトノクロニクルは終わってみればサトノ馬のワンツーとかあると
怖いので一応ちょっとだけ購入。レインボーラインは天皇賞・秋でお世話になり
この馬はいつも一生懸命に走っており最後は必ず伸びてくるから展開はハマれば。

今年のこんな馬券にしましたが、ちょっと穴狙いなのでどうかなぁ…
もし当てたら実りあるお正月を迎えられそうです!明日が楽しみだな。

頑張れ!サトノクラウン。キタサン3着でいいよ(笑)
もし来なくてもサブちゃんは「祭り」歌うって公言しているから。

でも、考えてみたらサブちゃんを見に行くのに〇万円払って、離れたところから
小っちゃいサブちゃん見るより、明日中山競馬場で結構近くで見た方が良くね?
競馬場の入場料ってワンコイン以下だよ。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

奈良萬 純米生酒 おりがらみ

2017.12.22(18:18) 76

奈良萬 純米生酒 おりがらみ
使 用 米:五百万石 100%
使用酵母:うつくしま夢酵母

福島県から夢心酒造のお酒「奈良萬」です。
家飲み外飲み含めて飲んだことがなく、初めていただく銘柄です。
たしか五百万石の酒米にこだわって造っている銘柄だったはず。

15130797000.jpeg

行きつけの酒屋さんの取扱いで、今まで気になってはいましたが
なぜか手に取ることはなかったです。
「奈良萬」って名前がちょっと引っかかったと思います。
しばらくの間、「奈良萬」は奈良県のお酒だと思い込んでいました。

「おりがらみ」ということもあり、吹出し注意のタグも掛けられて
いましたが開栓しても吹出すことは無く、プシューくらい。

15130797100.jpeg15130797220.jpeg

活性おりがらみなので、キンキンに冷やしていただきます。
滓とキレイに分離しているので、まずは上澄みから。

上立ち香は完熟メロンの甘い香り、旨そう…
含むと、あぁ…これは甘旨のプチプチ微炭酸メロンソーダだな。
よくよく味わうとバナナもいますね。美味しいです!

つぎはよく撹拌してから。
上立ち香からも感じますが、乳酸っぽさも合わさってハッキリと
バナナが主張してきます。メロンよりバナナの方が強くなりました。

新酒らしく複雑で荒々しい味わいはありますが、なんとも言えぬ
良いバランスで、フレッシュ&ジューシーなお酒ですね。

コレ、抜群に旨い!ちょっと感動するレベル。(僕にとってはですけど。)
甘旨微炭酸バナナメロンクリームソーダ。(長っ)
僕のストライクど真ん中で好きな味わいです。

温度が少し上がると、旨味がすこし前にでてきて、日本酒らしさが
より感じられて、それはそれでいちいち旨いです。

飲んでいても止まらなくて、スイスイではなくゴクゴク行けます。
ほっとけば1本いけちゃいそうな勢い。(いかないけど…)

2日目。
フレッシュ&ジューシーさは、少し落ち着いてしましましたが
「おりがらみ」のお酒にしては味わいが崩れていない方だと
思います。初日ほどではないですが、旨いです。
ガス感もプチプチとまだ残っています。

けど、昨日の味わいを知ってしまうと、なにか物足りなさを感じて
しまいますが、食中酒としてならこっちの方がしっくりくるかな。

「奈良萬」とても美味しかったです。(もっと早く飲めば良かったな)
他のスペックも今期は拾っていこうと思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

英君 しぼりたて純米生 爆発にごり

2017.12.20(18:18) 77

英君 しぼりたて純米生 爆発にごり
使 用 米:五百万石、こしひかり
使用酵母:静岡酵母New-5

最近だんだんと寒くなってもう冬本番ですね。
お酒とはまったく関係ありませんが、今日(17日)布団を買いました!

いま使っている布団は、もう長年使用しており、いささかくたびれていて
せんべい布団化しています。先日ボーナスも入ったことだし、思い切って
購入してしまいました。しかも羽毛布団を。(6万円也!)
ちなみにいままでは綿布団でした・・・重っ(笑)
これで僕の睡眠が上質なものになることは間違いありません。

そして今週の日曜日にある今年最後の大レース、有馬記念に向けて
気合が入ります!僕の羽毛布団代をかけての今年最後の大勝負です!

有馬記念を取る ~ 日本酒で祝賀会 ~ 飲んだくれて羽毛布団で寝る。
理想の日曜日はこれ!(笑)

たぶん現実の日曜日はこれ!
有馬記念を外す ~ 日本酒で反省会 ~ 飲んだくれて羽毛布団で寝る。
行動的には何も変わりません(笑) 気持ちの問題です。

日本酒に話題を戻します。
静岡県から英君酒造のお酒「英君」です。
新酒シーズン真っ只中で、にごり系のお酒も多く、にごり好きな僕も今期に
入ってから既に何本か飲んでいます。

今回の「英君 しぼりたて純米生 爆発にごり」はネーミングも勿論ですが
300mlとお試しサイズにはちょうど良く、買う予定ではなかったですが
このサイズだったら良いかと思い購入しました。

15130795860.jpeg

15130796010.jpeg15130796130.jpeg

滓は横から見るとそこそこある方かな。
名前のとおりに爆発するのか、ちょっと楽しみです。

レマコムで冷やしてあるので、キンキンの状態からキャップを恐る恐るひねると
プシューもなく普通に開きました…あれ?爆発にごりって…

上立ち香は、静岡吟醸らしいイソアミル系でバナナよりメロンですね!

上澄みからいただきます。
含むと、完熟メロンの甘旨の味わいで後味もキレイにすっと消えていきます。
美味しいメロンジュースです!これは。ガス感はプチプチくらいですね。

つぎは撹拌したものをいただきます。
全体的にミルキーな味わいになってまろやかになりましたが、味わいはドライな
にごり酒ですね。スッキリなシャープな飲み口で飲みやすいです。
でも、甘旨なメロンは和らいでしまいました。僕的には上澄みの方が旨かったな。

「英君」美味しかったです。今期も早く「緑の英君」出ないかなぁ…



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

正雪 別撰 純米吟醸プレミアム 薄にごり生

2017.12.17(23:03) 78

正雪 別撰 純米吟醸プレミアム 薄にごり生
使 用 米:山田錦 100%
使用酵母:非公開

静岡県から神沢川酒造場のお酒「正雪」です。
「正雪」は今期29BYから杜氏が変更となり、現代の名工にも選出された名杜氏の
山影純悦さんから副杜氏だった嶋村 勉さんに変わり、新・正雪の始まりですね!

そう、このスペックは「正雪」の中でも特別なスペックだった山影純悦シリーズの
後継商品で「正雪 別撰 純米吟醸プレミアム 薄にごり生」となります。
山影シリーズで言えば、ブルーラベルからの後継となりますね。

15134302210.jpeg

それにしてもラベルはピカピカになって変わりましたが、名前は「山影純悦」から
「プレミアム」に変わっただけですね・・・
(写真では分かりづらいですが、メタリック調のラベルです。)

15134302310.jpeg15134302410.jpeg

「正雪」の新酒第一弾としては「しぼりたて生純米」が既に発売されていますが
今までの山影シリーズが今期から新商品となる情報は掴んでいたので、敢えて
それをスキップしてこの商品に狙いを絞っていました。とても楽しみです!

薄にごりと言うだけあって、滓は底に少しある程度です。
せっかくなので、上澄み部分と滓をよく撹拌したものを両方いただきます。
上立ち香は、正雪って感じではなく、青りんごっぽいの吟醸香?えっ!カプ系?
でも、うっすらだけどバナナも感じるかな。

上澄みを一口飲むと、上立ち香そのままに青りんごっぽい果実のテクスチャーを
感じわずかにバナナが混ざる程度。にしても、ちょっと水っぽい?薄いなぁ…
別の表現で言えば、これを爽やかな飲み口と言うのかな?

今度は滓を混ぜたものをいただきます。
うん、これはもう昔の「正雪」では無いですね!もう別のお酒です。

昔でいう「正雪」はバナナにメロンの甘味が混じり芳醇で甘旨だけど、後味には
辛口のキレがあるお酒でしたが、今回のこのスペックはそれとは全然違いますね。
もしブラインドで飲まされたら僕は「正雪」とは思えないです。

これは敢えて違う味わいを狙って造ったかも知れません。
以前の「正雪」の固定概念を持たずに飲んだ方が良いですね。
決して不味いとかではなく、山影シリーズとは別のお酒です。

味わいは、カプ系の青りんごっぽさも感じ、うっすらバナナがそこに混じる。
爽やかな夏酒のような飲み口で後味もスッキリできれいに消えてなくなります。
これ酵母なに使ってるのかな?詳細は分かりませんが静岡酵母だとは思うけど…

2日目。
薄っ!あきらかに水っぽくなりましたね。味わいも全体的に薄くなったような…
最後にダメもとで燗酒にしてみましたが、う~んやっぱり向かないですね。
これが新しい正雪だとは思いたくないですが、受け入れなければなりませんね。

正雪ファンである僕個人的には、今回のお酒には少しガッカリしてしまいしたが
現杜氏は副杜氏時代に造ったお酒「INTEGRATE EVOLUTIONⅡ」がある意味、
正雪よりも正雪らしい味わいで、抜群に旨かったので腕は確かなのでしょう。
(本音を言うとそれを再現して欲しかった…)
まぁ、これだけで判断してしまうのは、さすがに時期尚早なので他のスペックも
試してみてからですね。

ちなみに前杜氏の山影純悦さんは、ご高齢のため引退されましたが引退を撤回し
「もう一度旨い酒を造りたい」とのことで、大阪の「呉春」に行かれたそうです。

いままでは正雪で「静岡酵母」×「山影杜氏」のお酒が当たり前でしたが、いまは
7号や9号酵母を使ったお酒に取り組んでいるとの情報なので「呉春」の動向も
少し注目したいと思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

而今 純米吟醸 八反錦 火入

2017.12.15(18:18) 75

而今 純米吟醸 八反錦 火入
使 用 米:広島県産 八反錦 100%
使用酵母:非公開

三重県の木屋正酒造のお酒「而今」です。
今回は純吟シリーズの八反錦火入バージョンで初飲みとなります。
冷蔵庫整理では無いけど、29BYの新酒も日々ドロップされてくるので
28BYのお酒もぼちぼち片付けなければと思い開けることにしました。

15130796260.jpeg

15130796370.jpeg15130796560.jpeg

冷酒で頂きます。
上立ち香は、カプエチ系の華やかな吟醸香。
而今らしいといえば而今らしいが、なんかやや苦手な感じだな・・・

含むと、カプ系全開って味わい…こういうの正直言って好みじゃないな。
これ一升瓶だぞ…マジかっ!飲みきれるかなぁ…

そうは言っても「而今」だし、しっかりと飲まないと!仕切り直します。
比較的キレイな酒質で後味もスッキリとしています。酸もありますね。
甘味もそこそこ感じますが、強いものではなくスッキリと飲みやすい程度。
でも、旨味はあまりないかな。

う~ん、やっぱり苦手な味わい。
決してマズイと言うわけでは無いけど、個人的に合わないだけ。

2日目。
初日と変わらず、酒質はまったく落ちてません。
そこらへんは、火入れの成せる業なのか「而今」だからなのか。

休肝日を挟んで4日目。
やはり酒質は落ちずに安定しています。
つまみと合せて食中酒として飲むとまだマシになるかな。
飲み進めると、すこし苦味もでてきた…
僕にとって、もう飲んでいて正直しんどいレベルです。
飲みこむときに違和感ですこし震える…これが而今か?
もったいないけどこれ以上はもう…ごめんなさい。

何かこの「而今」にはがっかりしました。
来年はこの純吟の八反錦は買いません。
(っていうかおそらく買えないけど…)



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

正雪 別撰純米吟醸 山影純悦

2017.12.12(18:18) 74

正雪 別撰純米吟醸 山影純悦
使 用 米:山田錦 100%
使用酵母:蔵内保存酵母

今日は、サラリーマンの年2回の楽しみ、いや僕にとっては悲しみだな
そう、ボーナス支給日です!

まぁ人事の仕事なんかやってますと、社長から新入社員まで全社員の
ボーナスがすべて分かってしまうので、それは切ないのなんのって…
現実を受け止めれず、毎回消化不良です(笑)

ひとつ確かに言えることは、能力=金額では決してないこと。
要領の良さ=金額ではあるかな。でも要領の良さ=能力だったりして。

そんなやりきれない日は、せめて好きな銘柄を飲もう!という流れから
静岡県の神沢川酒造場のお酒「正雪」です。

15097150630.jpeg

杜氏の山影氏が納得したものだけを瓶詰めした商品で「正雪」のなかでも
特別なスペック、山影純悦シリーズです。

15097150730.jpeg15097150840.jpeg

山影杜氏は28BYを最後に引退されてしまったので、この28BYのお酒が
山影シリーズの最終版となります。

山影杜氏の引退を知ってから、直ぐに酒屋に行ってこのシリーズを手に
入れようと奔走しましたが、もともと正雪のなかでも人気商品のという
ことと4合瓶が少ないことも相まって何件か酒屋を回りましたが何処も
売切れで、何とかこの「緑ラベル」を入手することが出来ました。

この「緑ラベル」は春バージョンとなりますが、ホントは「赤ラベル」の
秋バージョンが欲しかったのですが、売切れで(一升瓶はありましたけど)
残念ながら購入できませんでした。

冷酒でいただきます。
上立ち香は、いかにも正雪って感じの吟醸香。そう、バナナとメロン。

含むと、そうそう、これこれっていう「正雪」の味わい。
静岡酵母特有のバナナにメロンの甘味が混じり芳醇で甘旨なテクスチャー。
ほんの少しの苦味・渋味と後味に辛味もありますが、それが良いバランスを
つくっています。甘酸辛苦渋の酸はあまり無いけど、とてもバランス良く美酒です。
(静岡酵母はあまり酸はでない酵母ですからね)

2日目。
吟醸香は初日と比べると落ち着きましたが、含むとバナナはちゃんといます。
でもメロンはちょっとおとなしくなったかな。あと苦味渋味も抑えめになり
後味もスッときれいにクリアな酒質になりましたね。

僕は初日の方が好きな味わいですが、逆に2日目以降の落ち着いた方が良いと
いう人も結構いるんじゃないかな。

最後の山影シリーズ、美味しく堪能させていただきました。
今期からは、このシリーズは新しい商品になると思いますが、是非ゲットして
記事にしたいと思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2017年12月
  1. 十六代九郎右衛門 純米吟醸 活性生にごり スノーウーマン(12/31)
  2. 志太泉 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生酒(12/30)
  3. 鳳凰美田 いちご酒(12/28)
  4. 初亀 特別純米 かすみさけ 生酒(12/25)
  5. 有馬記念(12/23)
  6. 奈良萬 純米生酒 おりがらみ(12/22)
  7. 英君 しぼりたて純米生 爆発にごり(12/20)
  8. 正雪 別撰 純米吟醸プレミアム 薄にごり生(12/17)
  9. 而今 純米吟醸 八反錦 火入(12/15)
  10. 正雪 別撰純米吟醸 山影純悦(12/12)
次のページ
次のページ