FC2ブログ

タイトル画像

緑の英君 純米吟醸 無濾過生原酒

2018.04.28(18:18) 125

緑の英君 純米吟醸 無濾過生原酒
使 用 米:五百万石 100%
使用酵母:静岡酵母HD-101

静岡県から英君酒造のお酒「英君」です。
「英君」はブログで何度も紹介しているお馴染みの銘柄で僕のお気に入り銘柄です。
酒屋さん情報によると今期より蔵の設備を新しくしたらしいです。
(なんの設備かまでは分かりませんが・・・)

この「緑の英君」は英君でも人気の純米吟醸カラーシリーズで、昨年の12月に発売
されました。英君カラーシリーズは色毎に酒米と酵母を下記のように変えてますね。

緑(みどり)   使用米 : 五百万石   酵母 : 静岡酵母HD-101
紫(むらさき)  使用米 : 山田錦    酵母 : 静岡酵母5MT14
橙(オレンジ)  使用米 : 雄町      酵母 : 静岡酵母CA-50

15143746840.jpeg

15143746950.jpeg15143747060.jpeg

発売当時に「緑の英君:うすにごり生」と「緑の英君:無濾過生原酒」の両方購入して
「うすにごり生」の方は1月に飲んでますが、この「無濾過生原酒」は敢えてここまで
引っ張って寝かせてみました。

15146422980.jpeg

「うすにごり生」は加水だったので、飲んでいて何か少し物足りなさを感じてしまい
やっぱり原酒を飲みたいなぁ・・・と思っていましたので、とても楽しみです。
うまく熟成していれば良いのだけれど。

上立ち香はメロン、果実感あふれる甘い吟醸香。
ひと口含むとメロン。まんまメロンです、静岡クラウンメロン♪(笑)
甘味は結構強く、もの凄くジューシーな完熟メロンですね。
まるでメロンをひと口食べたような感じすらします。まさにメロンリキュール。

ここまでメロンに傾倒した日本酒は初めて飲みますね。
でもある意味、日本酒をここまで果物に近づけるってスゲーよ。

昨年、同じスペックを飲んだのですが、ここまで派手では無かったような・・・
購入から4ヶ月ほど寝かせたので、育ったかもしれませんね。

でも、銘柄名の通称である「緑の英君」やラベルの感じ、そして静岡酵母HD-101を
使っていることからして、メロンは意識していると思いますが・・・

温度が少し上がると、後味に若干旨味ものってきて日本酒っぽさが(日本酒だけど…)
出てきてバランスが取れてくるけど、やはりこの強めの甘味は飲み干した後もすこし
残りますね。

2日目。
甘味とフレッシュさはすこし抑えられましたが、メロンは健在です。
初日はちょっとやり過ぎって感じの味わいでしたが、2日目になって若干飲みやすく
なりましたね。これくらいの方が良いかな。

「緑の英君」寝かせた影響かどうか分かりませんが面白いお酒でした。
まさに濃醇甘口酒の王道をいくような味わいでした。
「たかちよ」とか好きな人はきっとハマるんじゃないかな。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

裏ちえびじん 番外編 純米吟醸生原酒

2018.04.25(18:18) 124

裏ちえびじん 番外編 純米吟醸生原酒
使 用 米:山田錦 100%
使用酵母:非公開

大分県から中野酒造のお酒「ちえびじん」です。
「ちえびじん」は今年追っかけようとしていた銘柄で、個人的にはかなり期待して
いたのですが、今年始めに飲んだ「純米大吟醸 愛山」が思いのほか「アレ?」って
感じで…これは何本か飲んでみないと分からんな…ということでリベンジです。
リベンジで「裏ちえびじん」か?って感じもありますが…そこはスルーで(笑)

15196503780.jpeg

15196503910.jpeg15196504020.jpeg

冷酒でいただきます。
上立ち香はあまりしませんが、よくよく嗅いでみると花の密のような甘い吟醸香。
ひと口含むと、甘っ!結構な甘さだな。でも後味に残るようなクドさではありませんね。
後半に独特な苦味を感じますが、甘味を引き取ってくれて、これはこれで有りかな。
番外編っていうだけあって、個性的な味わいのお酒で味わいが濃ゆいです!

2日目。
あっ、初日よりもいろんな味わいがすこし収まって美味しくなったなぁ。
正直に言うと初日の味わいは、すこし強すぎるか?って思いましたが、
断然2日目の方が飲みやすくて旨いな。でも甘いことは甘いです!

けど飲み進めると不思議としっくりときて美味しさがじわじわと。
少し温度が上がってくると旨味ものってきて良いバランスに。
なかなか旨いな。

「ちえびじん」このスペックは結構楽しめました。
けど、ひとまず追っかけるのは止めにして、スポット的にやってみようと思います。

いつもお世話になっている日本酒ブログ界の雄。
「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんの年度違いの同スペック



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま

2018.04.22(08:08) 123

奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま
使 用 米:山田錦、五百万石
使用酵母:非公開

石川県から白藤酒造のお酒「奥能登の白菊」です。
石川県のお酒って何飲んだかな?と思い過去の記憶と記録を見返すと
意外にも外飲み・家飲み含め飲んだことがありませんでした。
(菊姫あたりやってなかったかな?)

石川県は数年前に旅行で行きましたが、結構良い街でしたね。
古めかしいものと新しいものとが上手く融合しているというか、何処となく落ち着く。
上手く言えませんが、静岡に似ているというか初めて行ったのに前に来たことある?
って感覚に陥るような古風な場所でした。

「死ぬまでに一回は泊まっとくか」と言うことで、かの有名な「加賀屋」に
泊まりましたが、サービスはともかくマンモス旅館でしたね。(人、多すぎ!)
風呂まで行くのにどんだけ歩くんだよ!ってくらい歩いて、風呂の帰り道に
迷子になりました。後、コンパニオンのレベルが低すぎてビックリした。
加賀屋は一回行ったらもういいや。(たしか美人若女将は静岡出身だったような)

温泉旅館で言えば僕の中で今のところの1番は、鹿児島は指宿の「白水館」かな。
あそこのお風呂はスゴイの一言。砂風呂も楽しめるし!また行きたいなぁ。

話を日本酒に戻します。
この「奥能登の白菊」は、行きつけの酒屋さんで取扱っており、以前より存在は
知っていましたが、名前からして古い日本酒のイメージがあって手が伸びません
でした。しかし店員さんによると、このお酒を飲むとこのお酒のファンになる人が
多いですよ!とのこと。ならば是非、一度飲んでみようと思い購入してみました。

15241436840.jpeg

15241437030.jpeg15241437180.jpeg

ちなみにこの「純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま」は、人気商品らしく毎年発売
時期になると売れ行きも良く、早めに売切れてしまうとのこと。

上立ち香はほとんどしませんね。

ひと口含むと、あっ、コレ旨い!
久々にきたな、飲んだ瞬間「ハイっ旨い!」と思わせるレベルのお酒が。

まず、結構強めの甘味から入りお米の旨味と合わさってなんとも言えぬこのバランスの
良さ、僅かに舌の奥で苦味も感じるかな。後半はバニラっぽさもありつつ甘味の捌けも
良くスッと消えて無くなります。マジ旨いな、コレ。マジ卍(笑)

何と言っても秀逸なのは、この甘味とその捌けの良さが絶妙かな。
甘味は綿菓子が口の中で溶けていくような感覚で、ものすごく優しいけど強く感じる
上質な砂糖のような甘さ。しかし変に口に残らずにクドさはほぼ感じない。
徐々に旨味と反比例していって最後は苦味を伴いフェードアウトしていく感じです。

酒屋さんで聞いたけど、毎回このスペックを大人買いする人がいるって言うのも分かる
気がする。抜群に旨いよ。今年飲んだなかでは1~2番ってレベル。

2日目。
全体的に味わいはすこし落ち着いて甘味も初日より少し抑えめになりましたね。
でも、甘味はしっかりとは感じられます。こっちの味わいの方が好きと思う人も
結構いるんじゃないかな。相変わらず旨い!

「奥能登の白菊」僕のどストライクで好きな味わいのお酒でした。
なんでいままで買わなかったんだろう?って後悔するほど旨かったです。
来年は一升瓶か4合瓶を複数本、買おうかな。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

奈良萬 酒未来 純米吟醸 生酒

2018.04.19(18:18) 122

奈良萬 酒未来 純米吟醸 生酒
使 用 米:酒未来 100%
使用酵母:うつくしま夢酵母

福島県から夢心酒造のお酒「奈良萬」です。
奈良萬は前回「純米生酒おりがらみ」を初めて飲んですっかり気に入ってしまい
次のスペックを飲みたいとずっと思っていました。昨年は同じ福島県の「寫楽」
を追っかけましたが、今年はこれが美味しかったら「奈良萬」を追おうかなと
考えています。

15163696450.jpeg

ここの蔵の基本は「五百万石」を使ったお酒ですが、今回は番外品で「酒未来」
を使ったものです。僕が行く酒屋でも4合瓶は少量入荷とのことで、12本しか
入らなかったらしく発売日の夜に買いに走りましたが、僕が買った時点でラス3
くらいでしたね。

15163696570.jpeg15163696710.jpeg

上立ち香は、強くはなく静岡吟醸酒を彷彿とさせる爽やかなバナナ。
もうこの時点で外さないことは約束されたな。

含むと、まず濃醇でとろッとした甘味を感じ、そしてどこか清涼感ある味わいも。
後半は旨味を伴って僅かな苦味を感じながら、濃醇なわりにはスッときれいに消えて
無くなっていきます。奈良萬やっぱり旨いな!

温度がすこし上がってくるとバナナからのバニラ感もあり、これまた旨い。
こういう濃醇な味わいのお酒ってドストライクだわ。

2日目。
甘味、果実感ともに大人しくなりましたね。
ラムネっぽい清涼感ある味わいはそのままに旨味とのバランスも良いです。
初日とはすこし違った味わいとなりましたが、美味しいですね。
でも、初日とどっちかと言われれば初日の方が好きな味わいかな。

「奈良萬」とても美味しかったです。これからも追っかけようと思います。
でも、奈良萬って意外と種類少ないんですよね。

しかし福島県って銘酒揃いだなぁ。僕の好きな系統のお酒が多いです。
まだ冷蔵庫に福島酒が何本かあるので楽しみです!



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

十九 「In bocca al lupo !」 特別純米生原酒

2018.04.16(18:18) 121

十九 「In bocca al lupo !」 特別純米生原酒
使 用 米:長野県産 ひとごこち
使用酵母:長野C酵母

長野県から尾澤酒造場の「十九」素敵ラベルシリーズ 「In bocca al lupo !」 です。
「十九」じつは初飲み銘柄ですね。馴染みの酒屋さんで前からちょくちょく見かけて
いるのですが、今までタイミングが合わず飲めていませんでした。

15173105650.jpeg

今回のお酒 「In bocca al lupo !」 (イン ボッカ アッ ルーポ) は
イタリア語で「オオカミの口の中へ!」という意味です。
何かに挑戦する人に贈る言葉で「命がけでことにあたれ!」という感じでしょうか。
新しい局面に立ち向かおうとするとき、試験を受けるときなど、チャレンジする人へ
「がんばれ!」「幸運を祈るよ!」と贈る言葉です。(蔵元HP抜粋)

この言葉の意味を知った時に、ちょうど今の僕に当てはまるな!と共感して購入した
次第です。4月の新年度に入り仕事でも新しい部署で新しいプロジェクトがいよいよ
始動しました。慣れないことの連続で日々学習の毎日を送っております。大変だけど
懐かしいような感覚もあり良い刺激にはなっているかな。(プラスに捉えるとですが)
まぁ…あとはやるだけです!僕の信念と覚悟のもと。(ちょっと大袈裟か…)

15173105760.jpeg15173105870.jpeg

上立ち香はカプ系の香りでパイン系かな。でも穏やかに香る程度です。
グラスに注ぐと細かい泡がついてますね。

ひと口含むと、パイン系の果実感の中にふんわりと感じる甘味があり、そして後味に
微かな苦味もありますね。ガス感はほんの僅かに感じる程度かな。
個々の味わいは強いものではなく、全体的に控えめな味わいですね。

とても飲みやすく長野酒らしいキレイな酒質のお酒です。美味しいですよ。
温度がすこし上がるとお米の旨味もでてきて、バニラ感も時折顔を出しますね。
この温度帯もこれはこれで良い感じです。この方が食事には合わせやすいかな。

2日目。
上立ち香もほぼ無くなって、少し生乾き臭がしますね。う~ん劣化したか?
含むと、やはり初日と比べると酒質は落ちたかな。パイン系のフルーティーさはあまり
感じなくなりました。でも味わい的には許容範囲かな。

「十九」長野酒らしいキレイなお酒でしたね。
今度は素敵ラベルでなく、通常版のスペックをなにかやろうかな。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

皐月賞

2018.04.14(12:19) 120

皐月賞

ほぼ日本酒の記事しか紹介しておりませんが・・・
競馬も日本酒同様にガッツリやっております。
しかし収支は散々なもので…だいたいJRAに貯金しております。
(いつかは利子をつけて返してもらいますけどね。)

さて皐月賞ですが、不動の大本命「ダノンプレミアム」が直前回避によって
俄然混戦ムードとなりました。

昨年のこのレースは荒れに荒れて3連単100万円超えで決着しました。
今年は週末の天気も微妙とあって荒れること前提で馬券を買いたいと思います。

買い目は3連単で2頭軸マルチで相手は4頭。

まず軸の1頭目は「ワグネリアン」
あまり器用なタイプではなく、コーナーが多い中山はいかにも不向き。しかも内枠に
入ってしまったので頭は無いにしても馬券圏内には入ってくると思いたい。届かずの
2着か3着ってイメージ。たぶん福永なら良くも悪くもやってくれる筈。

もう1頭の軸は「ジェネラーレウーノ」
前走からだいぶ間隔は開いているが、今回と同じ舞台の中山2000mを強い内容で
勝利している。このローテで勝たれたらトライアルレースって何?って感じはあるが
先週の桜花賞の勝馬(アーモンドアイ)が同じようなローテであっさり勝ってしまい
今年はそんな流れもあるのかなという願望も込めて。頼んだぞ!田辺。絶好枠だぞ!

相手候補はこの4頭。
「タイムフライヤー」「ジャンダルム」「エポカドーロ」「オウケンムーン」

まず「タイムフライヤー」は、このメンバー唯一のGⅠ馬。前走で格下メンバー相手に
5着と負けてしまったが、上りは使っており乗り方ひとつでなんとか通用するのでは?
と思った。最内枠に入ってしまったが内田が腹を括って道中内で脚を溜めるだけ溜めて
最後にズドンを期待して。

「ジャンダルム」は大崩れしないタイプ。能力的には今一歩だと思うが、鞍上はなんと
言っても天才・武豊。クラッシックの大舞台で馬券圏内には持ってくるだろう。

「エポカドーロ」出走馬中唯一の怪物3冠馬オルフェーヴル産駒。
陣営からは逃げ宣言がでているが、馬場が渋れば案外面白いかも。父が勝利したこの
舞台で能力を超えて怪物の血が覚醒して勝利したら、ちょっとドラマだな。

「オウケンムーン」この馬もトライアルを使わず、前走の共同通信杯から参戦となるが
近年の共同通信杯優勝馬の活躍は目覚ましい。血統的にも渋く鞍上の北村も新馬戦から
ずっと手綱をとっているので既に手の内にいれているだろう。北村はたまに穴を空ける。

今日取れなければ、次の天皇賞・春の資金が尽きるので、また入金、いや貯金せねば(笑)



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

大阪旅行記

2018.04.13(08:08) 119

お酒の記事のストックも無くなってしまったので、先日行った大阪の記事でも。
今回はプライベートで1泊2日でした。(酒蔵めぐりではありません。)

15233648620.jpeg

15233644220.jpeg


折角だったので、初日の夜に大阪ではおそらく有名な日本酒が豊富な居酒屋
(十四代が全種類あるとか他のプレ酒を通常価格で飲めるという有名?な店)
に行きましたが、そこで少し不快な思いをしました。

店自体は、お酒の種類が豊富で十四代をはじめ飛露喜、而今、磯自慢、田酒
鍋島、射美、新政などなど・・・これでもか!というほどの品揃えで焼酎も3M
(森伊蔵、村尾、魔王)をはじめとして、かなり充実してたけど・・・

店主はかなりの日本酒ツウで知識が豊富。けど、こちらがひとつ質問すると
10倍位になって一方的にかえってくるし、間に話を挟むことも出来ない・・・

あと、店はプレ酒を通常価格で提供しています!をスゲー主張してるけど
肝心なプレ酒の金額は「790円~」とかじつに曖昧。それに注文する際に
メニューには銘柄しか書いてないから、どのスペックがあるか分からない。
都度スペック毎の値段は聞きづらいし、店のシステムが非常に分かり難い。

実際に「射美」は何があります?って聞いたら、今はこれですね!って
特純の無濾過生を出された。オーソドックスなスペックだったから別に
良かったけど、それしか無いのかな?って思ったら冷蔵庫の中には他の
スペック(ホワイト、ゴールド、シルバー)がゴロゴロあった・・・ん?
次の「秋鹿」を頼んだときも、まったく同じ感じでした。

たぶん開栓した瓶から順に提供してる感じだけど、それじゃ客に選択権は
無いじゃんか。何なん?スペックも選ばせてもらえないのか・・・
日本酒素人ならともかく、僕も一応日本酒フリークとして飲みたいスペック
とかあるんだけどな・・・

あと最大の出来事が最後の会計で起きた。
僕らの近くで飲んでたカップルが会計してた際、15,000円位払ってたので
えっ!意外と高いな・・・って思った。そしたら暫くしたら、そのカップルが
また店に戻ってきて、さっきの支払った明細を見せて下さいって言ってた。
結局、お店の間違いがあったらしく、その客に謝って数千円返してた・・・

そんなやりとりを目の当たりにしたので、事前に僕らも高く見積もっても
多分これだろうなって目安をつけて会計に臨んだけど、その予想金額より
1500~2000円ほど高い金額を徴収された・・・しかもレシートもくれない。

かなりイラっとしたけど、旅先で揉めても嫌なのでそのまま何も言わずに
会計を済ませましたが、後で冷静に考えてもやはり高い。よく思い出すと
メニューに「お通し」が確か400~500円とか書いてあったと思ったけど
そもそも「お通し」出てねぇよ!何かモヤモヤする不信感が残りましたね。

ここまで日本酒の品揃えが豊富なお店は、いままで行ったことがないので
余計に残念に思いました。何か店側がお客さんを選んでいるような感じの
居酒屋でしたね。

15233644400.jpeg

最初の「射美」のみ写真を撮らせていただきました。
(それ以降のお酒は撮る気もおきませんでしたが・・・)

「射美」は初めていただきましたが、特段感動するようなお酒では無かったかな。
すごく甘味が強くてフルーティーなお酒を想像してましたが、意外とコクがあって
若干クセのある味わいの濃醇旨口酒でした。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

白隠正宗 河津桜酵母 Sweetest Taboo

2018.04.10(18:18) 118

白隠正宗 河津桜酵母 Sweetest Taboo
使 用 米:誉富士
使用酵母:KA2541(河津桜酵母)

静岡酒3連発目です!静岡県沼津市の高嶋酒造のお酒「白隠正宗」です。
白隠正宗はこのブログで「富士山の日搾り」を紹介しましたが、もともとの
蔵のコンセプトでもある「ダラダラと飲めるお酒」という味わいが僕の嗜好
からは若干ズレるのでレギュラー品も含め、あまり飲み込めていないです。

ですが、今回のお酒はレギュラー品とは異なる一風変わったスペックの商品で
酵母に河津桜酵母を使用しており、アルコール度数も11度と低アル商品です。
一回火入れの精米歩合60%の純米で、留麹に白麹を使って酸を表に出している
とのこと。位置付けとしては「食前酒」や「デザート酒」といった新タイプの
純米酒みたいです。(せめて桜シーズンが終わる前に飲んでおかないと…)

15228434070.jpeg

河津桜と言えば早咲きの桜で、今年は確か2月26日に見頃を迎えましたね。
河津桜発祥の地、河津町は静岡県の伊豆半島に位置するので、中部在住の僕には
あまり馴染が無くほぼ他所事です。でもこの前3月上旬に東京出張に行った際に
取引先の方が「静岡って暖かいよね、もう桜咲いてるでしょ?」と言われました。
県外の方からみると静岡はそんなイメージなんですね。
間違ってはいないが、合ってもないんだよな…と思いながらも否定する程でもなく
差し障りない大人な対応はしておきました(笑)

15228434190.jpeg15228434330.jpeg

では、早速いただきます。
上立ち香は、ほとんどしませんね。
ひと口含むと、まずキュッとした酸味を感じて、口当たりはサラサラとした味わい。
留麹に白麹を使ってるだけあって酸はしっかり出てますね。

でも、日本酒らしさはほとんど無いかな。これが河津桜酵母と言われれば、そんな
感じのフラワリーな味わいかなとも思えますが、初めて出会うお酒だなぁ・・・
しかし、ちょっと薄くないか?っていうかコレ旨いかな?

失礼な表現を使わせてもらうと、梅酒を水で物凄く薄めたような味わい。
爽やかな飲み口ではありますが、どうだろう?これ・・・
表現が難しいですが、レモネードのレモンじゃなくて梅バージョンみたいな感じ。
Sweetestって謳ってるけど、それほど甘味は感じませんね。ふわっと感じる甘さ。

飲みやすい味わいといえばそうだけど、別にこの味わいを日本酒でやらなくても
良いんじゃないかな。もう既に日本酒っぽくも無いし・・・敢えて他のカテゴリーに
行く意味あるのかな?コスパ考えても絶対に不利だと思うけど。

これ飲むより、ミント・ジュレップの方が絶対に旨い(笑)
(生きているうちに一回は見てみたいです、ケンタッキーダービー。)

ある意味、日本酒でもこんな味わいが出せますよって言うのなら、多少は理解出来る。
今回はちょっとイレギュラーなスペック過ぎたかな。

でも、お花見に持っていくには面白い商品ではありますね!
「えっ!コレ日本酒なの?」って皆が言ってくれて掴みはOKだと思います。
(あっ、そういう商品なのかな?だったら、ごめんなさいだけど・・・)


日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

磯自慢 しぼりたて 純米吟醸 生酒原酒

2018.04.07(08:08) 117

磯自慢 しぼりたて 純米吟醸 生酒原酒
使 用 米:兵庫県東条産(特A地区)山田錦 100%
使用酵母:自社培養酵母

静岡県から磯自慢酒造のお酒「磯自慢」です。
「磯自慢」は先月に行われた平成30年(29醸造年度)静岡県清酒鑑評会の純米吟醸酒
部門にて県知事賞を受賞しました。意外にも平成23年以来の受賞で7年ぶりですね。

知名度は言わずと知れた銘柄で、静岡県が誇る唯一のプレ酒です。これで名実ともに
今年の静岡酒ナンバーワンとなりましたね。
(ちなみに吟醸酒部門は「開運」が受賞しました。)

まさかそんな流れになるとは露知らず、久しぶりに「磯自慢」でもやろうと思って
どのスペックにしようか悩みましたが、折角なら時期的にも生酒をということで
「しぼりたてシリーズ」です。(2月上旬に購入しました。)

15178352880.jpeg

この「しぼりたてシリーズ」は「吟醸」から始まり「純米吟醸」、「特別本醸造」と
発売されますが、唯一4合瓶の発売がある「吟醸」は昨年に飲んでいるので今回は
「純米吟醸」を購入してみました。(鑑評会受賞前に購入しておいて良かった…)
もちろん一升瓶なのですが4千円ちょっと。東条産の特上・特等の山田錦100%で
麹50%の掛55%(一部50%)の磨きだし高額な磯自慢にしてはお安い価格かな。

15178352980.jpeg15178353100.jpeg

では、早速いただきます。
上立ち香は、静岡吟醸らしい香りで爽やかなバナナ。

含むと、磯自慢特有のバナナをベースに米の甘味・旨味をともなう絶妙なバランス。
後味は、前半で広がった味わいをキュッとした辛味で纏めてキレていきます。
やはり磯自慢、さすがのレベルといったところですね。美味しいです。

飲んだ瞬間に「おおぉ旨いっ!」っていきなりアクセル全開の味わいでは無いけど
飲み進めていくと、このお酒のレベルの高さを感じます。

基本的には静岡吟醸のオーソドックスな味わいですが、他の静岡酒と比べると改めて
レベルの違いが分かりますね。今回久しぶりに磯自慢を飲みましたが、似た静岡酒は
数あれど、やっぱり頭一つ抜けているかな。飲んでてしっくりときますね。

2日目。
フルーティーさは少し収まって辛口寄りの味わいになりました。
これはこれで良いかと。スイスイと杯が進んで、幾らでも飲めそうな感じです。

3日目、ぬる燗くらいで。
燗酒にしてもやはり美味しいです。
すこし酸味が立ってきて、ほっこりするような旨味が鼻腔に抜けて優しい味わい。
ぬる燗くらいからやりましたが、一番旨かったのは、ほぼ常温くらいの温度かな。
バニラ感からのカスタードの味わいがありますね。旨いなぁ。

休肝日を挟み5日目。
すっかりフルーティーさは影を潜めましたが、ゴクゴク飲める辛口寄りの味わい。

6日目以降。
味わいは、かなりキレキレの辛口になってますけど、相変わらず飲みやすいですよ。
日ごとに味わいが徐々に変わってきていますが、酒質は落ちずに旨いですね。

でも、一升瓶で飲むのって久しぶりなので、同じ酒を5回以上連続って僕にとっては
あまりないでの、いささかこの味わいに慣れたかな…浮気したくなりますね(笑)

磯自慢、美味しく頂きました。
さすがは静岡を代表する銘酒といった味わいでしたね。
欲を言えば、4合瓶で出して欲しいなぁ・・・



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

萩錦 純米吟醸 荒走り 無濾過生原酒 誉富士

2018.04.04(18:18) 116

萩錦 純米吟醸 荒走り 無濾過生原酒 誉富士
使 用 米:誉富士
使用酵母:静岡酵母New-5

静岡県の萩錦酒造のお酒「萩錦」です。家飲みでは初飲みです。
「萩錦」は以前、地元静岡でやった日本酒イベントですこし頂いた程度ですが
そのときの印象は「おっ、なかなか美味いなぁ」って感じでしたね。
萩錦酒造は静岡市内の小さい酒蔵で造りも確か300石くらいだったような…
(違ったらごめんなさい。)

15163698390.jpeg

この「萩錦 純米吟醸」は「中取り」と「荒走り」がありますが、今回は「荒走り」
を購入しました。と言うのも最初は「中取り」を買いに酒屋に行ったら売切れ。

半ば諦めていましたが、偶然他の酒屋で見かけて「何、あるじゃん!」と購入。
購入後は全く気がつきませんでしたが、飲む前にこのブログ用に写真を撮ろうと
ラベルをよく見てみると「荒走り」の文字が…あれ?中取りじゃなかったかな?
てっきり「中取り」だけの限定品だと思い込んでいましたが「荒走り」も販売して
いたみたいです。ラベルはよく見ておくものですね(笑)

15163698500.jpeg15163698600.jpeg

早速、頂いてみます。
上立ち香は、静岡吟醸らしいイソアミル系の吟醸香でうっすらバナナ。

ひとくち含むと、まず甘味から入ってきます。結構甘め、トロッとした甘さ。
その後にバナナ、青いメロンもあるかな。静岡吟醸定番の味わいで美味しいですよ。
温度がすこし上がるとバニラっぽさもでてきました。僕が好きな流れですね。

でも、強いていうなら後味がポチャッとしてるかな。
飲み干した後の余韻がぼやっとしてる感じ。捌きがあまり良くないかも。
途中までは良い感じで「おっ!」っていうところがあるのに、最後がなぁ・・・
「起承転結」の「結」が無いような感じ。

2日目。
初日とあまり変わらず酒質も落ちてませんね。まぁ美味しいかな。
でも、これは!って感じは残念ながら無いかな。

あと前から感じてたけど「萩錦」ってラベルが古臭いというか変えた方が良いと思う。
(まったく大きなお世話だけど・・・)
このラベルを見るとお世辞にも良いイメージは持たないしジャケ買いはしないな。
他銘柄のラベルと並べられるとどうしても見劣りしてしまう。
いかにもお土産屋にあるようなラベルなんだよなぁ・・・

「萩錦」美味しくは頂きましたが、しばらく様子をみようかな。
何年後かにまた試してみたいです。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2018年04月
  1. 緑の英君 純米吟醸 無濾過生原酒(04/28)
  2. 裏ちえびじん 番外編 純米吟醸生原酒(04/25)
  3. 奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま(04/22)
  4. 奈良萬 酒未来 純米吟醸 生酒(04/19)
  5. 十九 「In bocca al lupo !」 特別純米生原酒(04/16)
  6. 皐月賞(04/14)
  7. 大阪旅行記(04/13)
  8. 白隠正宗 河津桜酵母 Sweetest Taboo(04/10)
  9. 磯自慢 しぼりたて 純米吟醸 生酒原酒(04/07)
  10. 萩錦 純米吟醸 荒走り 無濾過生原酒 誉富士(04/04)
次のページ
次のページ