FC2ブログ

タイトル画像

亀の海 細雪 純米吟醸 直汲 無濾過生原酒

2018.11.29(18:18) 205

亀の海 細雪 純米吟醸 直汲 無濾過生原酒
使 用 米:美山錦
使用酵母:非公開

最近、日本酒ブログなのにワイン記事が続きましたが…久しぶりの日本酒。
30BYの新酒第一弾に選んだのは、長野県の土屋酒造店のお酒「亀の海」
初飲み銘柄ですが、前から密かに飲みたいと思っていたお酒です。

15430548780.jpeg
15430548880.jpeg15430548970.jpeg

上立ち香は、白桃っぽい甘めの吟醸香。
一口含むと、白桃、メロンっぽい果実味と甘さがあり、フレッシュな味わい。
コレ、美味しい!久しぶりの日本酒だけど、やっぱり日本酒って旨いなぁ。
しみじみ思ってしまう…(ワインはワインで美味しいけどね。)

ガス感はうっすら溶けている程度に感じます。
よくよく味わうと後半にお米の旨味を感じ、新酒らしい荒々しさもあるかな。

僕自身はキレイにまとまったお酒よりこういう色々な味わいが主張してくる
荒々しさがあるお酒の方が好きですね。

30BYの一本目から美味しいお酒が飲めました。満足です!
けど、ワインを何本か飲んでから久しぶりに日本酒を飲んで感じるのは
日本酒って甘いですね!ワインの甘さとは違った甘味をより感じました。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ブルゴーニュ ピノ ノワール ヴィエイユ ヴィーニュ2014

2018.11.27(18:18) 202

ブルゴーニュ ピノ ノワール ヴィエイユ ヴィーニュ2014
品 種:ピノノワール
造り手:シャトー ド サントネイ

ぼちぼちブルゴーニュワインでもということで・・・
フランスはブルゴーニュ コート・シャロネーズのワイン
「ブルゴーニュ ピノ ノワール ヴィエイユ ヴィーニュ2014」です。

15423777530.jpeg15423777820.jpeg
15423777620.jpeg15423777720.jpeg

購入の際、店員さんから「リアルワインガイド2017」で「旨安大賞」を
取ったワインとのこと。お値段もリーズナブルで二千円ちょっと。

ひと口飲むと、想像以上に酸味がありますが、全体的に味わいが若干薄い?
タンニンは控えめで果実味はあるけど、奥深さというか複雑味は無いな。
この値段だし、多くを求めてもしようがないですが・・・
次に飲むブルゴーニュにピノに期待するか。


評価ランク △…連下



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ジャパンカップ

2018.11.25(08:18) 203

ジャパンカップ

競馬記事はすっかりご無沙汰してしまっていますが・・・
競馬自体はしっかりと毎週見てます!(記事するのがちょっと億劫に。。)

秋からのGⅠ戦線は既に始まっていますが、今日は東京競馬場で「ジャパンカップ」が
開催されます。ジャパンカップって言っても今年は外国馬2頭のみですけどね。

日本の超高速馬場は、基本的に外国馬には合わなく、最近は外国の有力馬は来ませんね。
時計が出やすい超高速馬場は馬の故障にも繋がることが多いので、最もだと思いますが
いくら優勝賞金を上げても世界の有力馬が来なければ、盛り上がりに欠けますね。

世界最高峰レース、フランスの「凱旋門賞」制覇が日本競馬の夢とかいっているなら
馬場をヨーロッパ仕様に改修しろよ!と常々思うが、逆に日本の馬場が世界と比べて
ガラパゴス化していると思うのは僕だけ?敢えてJRAがそうしているのかな?

JRAは日本競馬だけが発展すれば良いかもしれないが、世界で通用する馬を造らないと
競馬自体が盛り上がらないってことにJRA幹部はどう思ってるのかな?アホだな。

閑話休題。ジャパンカップに戻します。
なんと言っても今年は3歳の三冠牝馬「アーモンドアイ」の出走が目玉であり
同世代では敵無しの強さが古馬相手でも通用するのかが注目されています。

その昔、同じ三冠牝馬の「ジェンティルドンナ」も同じステップで挑みましたが
牡馬3冠馬で古馬の怪物「オルフェーヴル」との接戦を制して見事に優勝。
名実ともに名牝の仲間入りを果たしました。

はたして「アーモンドアイ」は「ジェンティルドンナ」級の怪物牝馬なのか?
今から楽しみです。

その「アーモンドアイ」が圧倒的な1番人気で、それに次ぐのが天皇賞秋惨敗から
雪辱を狙う「スワーヴリチャード」逆に天皇賞秋を逃げて好走した菊花賞馬「キセキ」
そして個人的にはピークアウトしていると思いますが「サトノダイヤモンド」と
昨年優勝馬の「シュヴァルグラン」くらいが有力候補かな。

他メンバーも併せて見渡してみると「アーモンドアイ」と「スワーヴリチャード」
の2頭でガチガチだと思うけどなぁ。
もし間に割ってくるとしたら「サトノダイヤモンド」より、むしろ人気が落ちた
「サトノクラウン」が面白いかな。ヤツは期待されないときの方が好走する。

馬券は「サトノクラウン」から人気馬2頭(アーモンドとスワーヴ)に流して
後、サトノ丼も一応買っておこうかな。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

カテナ マルベック2015

2018.11.23(18:18) 201

カテナ マルベック2015
品 種:マルベック
造り手:カテナ・サパータ

アルゼンチンはメンドーサのワイン「カテナ マルベック2015」です。
アルゼンチンのワインは初めて飲みます。

一応、アルゼンチンワインの代表品種「マルベック」のワインから
飲もうかなと思って購入しました。
「マルベック」のワインはタンニンのしっかりしたワインとのこと。

15423776860.jpeg
15423776990.jpeg15423777430.jpeg

ヴィンテージチャートだとアルゼンチンの2015年は「やや難しい年」と
なっていますが、気にせずに飲みます!

ひと口飲むとタンニンがしっかりと感じる味わいで凝縮感があって結構好きな系統。
果実味もあって美味しいです。酸味もそこそこで飲みごたえもあって良い感じ。
アロマっぽい上立ち香も良いなぁ。

「カテナ マルベック」美味しかったです。
アルゼンチンのワインは他も飲みたくなりましたね。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ヌーボー 勝沼アルガーノ ベリーA 2018

2018.11.21(18:18) 200

ヌーボー 勝沼アルガーノ ベリーA 2018
品 種:マスカット・ベーリーA
造り手:勝沼醸造

山梨県の勝沼醸造のワイン。
今年のヌーボーです。何年か振りに赤ワインのヌーボーが復活したとのこと。
よく行く酒屋さんのお勧めで和食に合うワインみたいです。

15423776110.jpeg
15423776240.jpeg15423776370.jpeg

上立ち香は、結構華やかなベリー系の香り。
ひと口飲むと、軽っ!ものすごい軽い口当たりで飲みやすい?いや薄い・・・
まだまだ若いというか飲み頃では無いような気がする。
ちょっと水っぽいというか物足りなさを感じます。新酒ってこんな感じかな?
僕の好きな味わいでは無いな。


評価ランク △…連下



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ

2018.11.19(18:18) 199

カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ
品 種:モンテプルチアーノ
造り手:ファルネーゼ ヴィニ

15413210190.jpeg
15413210360.jpeg15413210460.jpeg

イタリアはアブルッツォ州のワイン。
ワインの漫画「神の雫」で取上げられたワインです。

あまり重くなく飲みやすい味わい。ベリー系の果実味もあって美味しい。
でも、ちょっと硬さがあるかな。初日より2日目の方が意外と良かったかも。


評価ランク ▲…単穴



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ルパート & ロートシルト クラシック

2018.11.17(18:18) 198

日本酒がついに冷蔵庫から無くなりました。
その代わりにワインが増えました!
レマコムは電源を切り、既にワインセラー化しております。

けど、日本酒と違ってワインって高い・・・。
上を見たらキリがないので、大体2,000~6,000円くらいの価格帯のやつを
物色して買い漁ってます。既に10本くらいあるかな。
これからはリーズナブルなものが中心になりますが、ちょくちょくワインも
記事にしていきます。

会社のボスはワイン愛飲家で、飲み会となると大抵ワインが飲める店に
行く流れとなります。いつも多人数での飲み会となりますので、ワインは
ボトルで注文し飲みますが、ワインの価格ってなんとなく高いなぁ・・・と
いうくらいの印象でした。(日本酒も高いですけど、それ以上に高いイメージ)

だけど、いろいろと調べるとお店のボトル価格ってネットの販売価格より
2~3倍くらいではないか。高っ!!

お店で10,000円くらいのワインをたまには贅沢しても良いかって思い切って
注文しても、ネットで買えば4,000円くらいじゃねぇーか!

5,000円のワインも2,000円くらいか・・・
そんなワインでさえ、皆で美味しいなぁって飲んでたぞ!
(しかもボトルで開けると謎の使命感が発生し、全部飲んでます(笑)
料理とのマリアージュがあるにしたって如何せん高い・・・

その事実を知ってしまうとお店でワインリストも見ても原価率を考えてしまう。
その結果、だったら家で飲むかっ!ってなりました。
だって5,000円位のワインを購入し、家で飲めば店で飲む12,000~13,000円
クラスのワインを飲んでいるのと同じだしね。

でも、日本酒と比べると、高いですね。
ワインの1本5,000円って、ワインの中ではまだまだお安いレベルだけど
日本酒の1本5,000円は、かなりの高スペックでハイクラスですから。
僕が今年飲んだやつで一番高いやつが5,000円だったかな。
でも、最近購入したワイン10本の平均単価が4,500円くらい。
(ワインだけを飲んでたら、お金がいくらあっても足りないなぁ。)

前置きが長くなりましたが、
今日のワインは「ルパート & ロートシルト クラシック」です。
南アフリカはウエスタンケープのワインですね。
品 種:カベルネソーヴィニヨン、メルロ」
造り手:ドメーヌ・ルパート&ロートシルト

15413209870.jpeg
15413209960.jpeg15413210080.jpeg

いきなり「ブルゴーニュ」や「ボルドー」とかでも良かったですけど、敢えて
そこは避けました。まずは初心者らしく、ニューワールドのワインから。

近頃、南アフリカのワインもレベルが上がってきているとのこと。
以前外飲みで南アのワインを飲んで、好印象だったのでチョイスしました。

さすがに飲んだ感想のうんちくを語れるほど知識や引き出しも今はないので
詳しくは書けませんが、凝縮感があり、飲みごたえある味わいが結構好みな
ワインでしたね。これで2,000円ちょっと。充分に楽しめるな。


評価ランク ○…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

半蔵 神の穂 純米大吟醸

2018.11.14(18:18) 197

半蔵 神の穂 純米大吟醸
使 用 米:三重県産 神の穂100%
使用酵母:非公開

三重県の大田酒造のお酒「半蔵」です、初飲み銘柄。
何年か前の「伊勢志摩サミット」で乾杯酒に選ばれてブレイクした銘柄。

15415939280.jpeg15415939480.jpeg

当時より飲んでみたいと思っていましたが、ブレイク時は手に入る訳も無く
その後何年か経ってしまいましたが、先日名古屋出張の際に寄ったデパートで
しれっと普通に売ってました。「神の穂」って酒米のお酒は初めてだな。

15415939380.jpeg15415939590.jpeg

上立ち香は、カプ系の吟醸香。
一口含むと、やはりリンゴっぽい果実感があり、結構香りますね。
後味にボリューム感あるしっかりとした旨味があるところが、複雑味があって
面白いかな。飲みごたえのある純大吟らしさはありますね。

温度が上がると果実感より旨味の輪郭がよりハッキリしてきて日本酒らしい
味わいになりますが、僕は冷えている方の味わいの方が好きかな。

飲んだ瞬間は、長野酒らしさを感じますが、後半の味わいは全くの別物で
旨味主体の奥深い味わいのお酒って感じ。
一定レベルを越えてる美味しさはあるかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

クラシック仙禽 雄町

2018.11.11(11:11) 195

クラシック仙禽 雄町
使 用 米:ドメーヌさくら・雄町100%
使用酵母:非公開

栃木県のお酒「仙禽」です。この漢字の「仙禽」は初飲みですね。
特別好きな銘柄では無いけど、ついつい買ってしまうお酒です。
いろいろな商品があって、なんだかんだ年間に数本はやってます。

15413210560.jpeg
15413210650.jpeg15413210730.jpeg

上立ち香は、甘くライチっぽい果実感のある香り。
一口含むと、酸味が立った味わいに甘味もあり「すもも」のような果実感があり
白ワイン的な味わいかな。後味もスッキリしていて飲みやすいですね。

ただし、薄い・・・原酒でこれかぁ。
優しいタッチの甘味にフルーティーな果実感、如何にも万人受けする味わいでは
ありますが、まるで夏酒のような飲み口の薄さがやはり気になる。
逆を言えば、水のように飲める口当たりの良さはある。

とは言っても、美味しいことは美味しいかな。
酸味が中心だけど控えめに甘味と旨味があり、後味にはバニラ感もあります。
これでもうちょっと味わいに凝縮感があれば言うこと無いのですが・・・
何かちょっと足りない感じはしますが、お酒単体で楽しむより食事と合せると
マリアージュがあるかもしれませんね。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

「恋のしずく」

2018.11.08(18:18) 196

「恋のしずく」

先日、日本酒を題材にした「川栄李奈」主演の映画「恋のしずく」を
見に行ってきました。

15415939180.jpeg

静岡中部での上映が無かったので東部の映画館まで足を延してきました。
ネタバレしてしまうので、詳しくは書きませんが、中々面白かったです。
ただ、最後は「で?」って感じはありましたけど・・・
日本酒が好きな方なら充分に楽しめる映画だと思います。
映画を見た後は、早く家帰って日本酒飲みたいなって気分になりました。

一応、東部に行ったので、こんなパンも買ってしまいました。
15413210960.jpeg15413211040.jpeg

後、ついに家のレマコムに日本酒が無くなりました!
15415939720.jpeg

秋酒は積極的に購入してなかったので、いつの間にかこんな状態に。
その変わり反比例するかのように「ワイン」が増えましたが・・・
(今度のボーナスでワインセラーを買おうかな?と本気で考えてます。)
でも、これで生酒のトップシーズンに向けて準備万端です!!



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2018年11月
  1. 亀の海 細雪 純米吟醸 直汲 無濾過生原酒(11/29)
  2. ブルゴーニュ ピノ ノワール ヴィエイユ ヴィーニュ2014(11/27)
  3. ジャパンカップ(11/25)
  4. カテナ マルベック2015(11/23)
  5. ヌーボー 勝沼アルガーノ ベリーA 2018(11/21)
  6. カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ(11/19)
  7. ルパート & ロートシルト クラシック(11/17)
  8. 半蔵 神の穂 純米大吟醸(11/14)
  9. クラシック仙禽 雄町(11/11)
  10. 「恋のしずく」(11/08)
次のページ
次のページ