FC2ブログ

タイトル画像

天虹 純米 無濾過生原酒 しぼりたて

2019.02.03(18:18) 230

天虹 純米 無濾過生原酒 しぼりたて
使 用 米:日本晴
使用酵母:静岡酵母

静岡県は駿河酒造場のお酒「天虹」です。このブログでは初登場銘柄。
「天虹」は地元静岡でもメジャーではない銘柄で、ましてや県外では
知名度も低く、広くは流通していないと思います。

15478615420.jpeg

じつは僕も外飲みを含め、初飲みだったりします。イメージとしては
静岡酒のなかでも辛口なお酒といったところですかね。

15478615520.jpeg15478615850.jpeg

上立ち香は静岡酵母特有のバナナがうっすら程度。
ひと口含むと、まず最初に優しい甘味を感じ、その後に濃厚な米の旨味が
全開にぶわっと口の中に広がります。余韻は長めです。

カカオのようなコクあるビターな旨味がドスンとくる結構硬派なお酒だな。
ファーストタッチは甘味から入りますが、全体としては辛口の味わい。
後味にうっすらバニラ感と苦味が顔を見せます。なんか面白いお酒だな。

率直な感想を言えば、結構悪くない。
静岡酒の中でもちょっと毛色の違うお酒って印象ですね。
どことなく「國香」と似ているかな。

しかし、アルコール度数が19~20度もあるので、酔います!
全体の味わいが濃醇だけに余計にそう感じさせるかもしれないけど。

静岡酵母で造っている静岡酒は数あれど、こういう個性のあるお酒も
面白くて良いと思います。皆同じような味わいじゃツマラナイし。
けれど、万人受けするようなお酒でないと思います。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ペルナン ヴェルジュレス プルミエ クリュ レ フィショ 2014

2019.02.01(18:18) 223

ペルナン ヴェルジュレス プルミエ クリュ レ フィショ 2014
品 種:ピノノワール
造り手:ピエール・ジャフラン家

フランスは、ブルゴーニュ・コート・ド・ボーヌのワイン。
「プルミエクリュ:1級」ってなっているけど、お値段は3,000円ちょっと。
プルミエクリュって8,000円~ってイメージがあるけど、ほんとに1級かな?
ワインはまだまだ勉強不足で、詳しくは分からない世界だけど1級でもピンキリ
あるのかな?

15461785680.jpeg

しかし日本酒で3,000円って純大吟クラスなので、ワインはほんとに高い!
ワインを買うようになって3,000円くらいだと「まぁ安い部類だなぁ」って
思ってしまう自分が怖い。年始に調子に乗ってワインを8本購入したけど
平均1本単価が4,000円オーバーで完全にマヒしてる。

でも4,000円のワインでもレストランで飲むと10,000円を超えると思うと
なんか財布の紐がゆるくなってしまう・・・ワインラヴァーの方々って月に
いくらつぎ込んでいるのかな?

どこかのワインブログで10,000円を超えるようなワインはワインでは無い!
もはや飲みものの値段では無いと書かれていたが、僕もそう思うところはある。

僕の場合、ワイン1本を2日で飲むので、10,000円だと5,000円/日になる。
家飲みでは、そのクラスのワインを飲んでもマリアージュは出来ない。
夕食でワインと同じ価格の食事なんか年に数回あるかどうかってレベルだし。

15461785770.jpeg15461785970.jpeg

ちょっと話がズレてきてしまったので・・・戻します。
上立ち香は、そんなに華やかでは無いけど、チェリー、ベリー系の香り。
ひと口飲むと、酸味があり土っぽい感じ。タンニンは弱めでさくらんぼのような
果実味がありますが、凝縮感はあまり無いかな。軽いテクスチャーですね。

開けた直後は堅さを感じましたが、時間とともに段々とこなれてまろやかな
感じにはなってきたかな。

けれど「プルミエクリュ」って期待感が大きかったせいか、飲んだ第一印象の
「あれっ?」って感じは否めないですね。もっと凝縮感が欲しいなぁ。
ワインは奥が深いので、まだまだ経験値を積まないと基準が定まらないな。


評価ランク △…連下



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2019年02月
  1. 天虹 純米 無濾過生原酒 しぼりたて(02/03)
  2. ペルナン ヴェルジュレス プルミエ クリュ レ フィショ 2014(02/01)
前のページ
前のページ