FC2ブログ

タイトル画像

乾坤一 純米吟醸 鈴風

2019.06.30(18:18) 286

乾坤一 純米吟醸 鈴風
使 用 米:宮城県産 ササシグレ 100%
使用酵母:非公開


新規開拓で宮城県は大沼酒造店のお酒「乾坤一:けんこんいち」です。
なんとブログでは宮城県はお初です。とっくにやっていたと思ったけど。

15594442740.jpeg
15594442860.jpeg15594442950.jpeg

読み難しい銘柄名もあってか酒屋さんでたまに見かけてはいたけど
飲んだことはなかった「乾坤一」、銘柄名の由来は「乾坤一擲」から
来ているのかな?

「乾坤一擲(けんこんいってき)運命をかけて一世一代の大勝負をする」は
競馬ではたまに使われる言葉なので、なんか少し愛着が沸いて購入しました。

上立ち香はイソアミル系かな。そんな強くはないです。
含むと、さらっとした口当たりで酸味がありバニラ、少し苦みがあります。
飲み口の良さからも如何にも夏酒っぽい。

酸味と苦みが特徴的で、奥で感じる仄かな甘みがアクセント。
後味はスッと消えていく捌けの良さがあってキレもあります。
全体的な味わいからお酒単体で飲むより食中酒向きって感じ。

個性的な味わいではないけど、良い意味でだらだらと飲める辛口酒です。
ハッキリ言うと好きな系統のお酒ではないけど、いつも同じような味わいの
お酒ばかりだと飽きちゃうから、たまにはこういうお酒も悪くないかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

梅乃宿 TK-TONE(透音) 純米吟醸

2019.06.27(18:18) 285

梅乃宿 TK-TONE(透音) 純米吟醸
使 用 米:山田錦100%
使用酵母:非公開


奈良県は梅乃宿酒造のお酒「梅乃宿」です。
前回初めて飲んで結構好印象だったので、他スペックも飲んでみようと
思い購入してみました。

このお酒は梅乃宿の若手蔵人が「同世代の人たちに語りかける酒を醸したい」
と自由に純粋に自分達の思い描くままを形にした商品らしい。
通常商品とは異なる味わいなのかな?

15608479120.jpeg15608479380.jpeg
15608479200.jpeg15608479290.jpeg

上立ち香は、ラムネにイソアミルが少し混ざる。
含むと、ラムネっぽさをベースに苦味を伴い、甘旨味が強めの濃醇な味わい。
若干ケミカルな感じもあるかな。美味しいけど苦味が強いな。

休肝日を挟み3日目。
ベリー系の味わいを感じますね。(初日は無かったと思うけど…)
甘味はそこそこな強さで好きな感じだけど、後味の苦味がやっぱり引っ掛かる。
これで苦味が収まりクリアな味わいなら、もっと好きな味わいで最高だけど。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

アンダーソン ヴァレー ケイネズ ワイナリー 2014

2019.06.25(18:18) 281

アンダーソン ヴァレー ケイネズ ワイナリー 2014
品 種:ピノノワール
造り手:ドアントヒル・ファームズ


アメリカはカリフォルニアのアンダーソン・ヴァレーのワイン
「ピノノワール アンダーソン・ヴァレー ケイネズ ワイナリー」です。
お値段は税込みで4,000円~といったところ。

15575758620.jpeg
15575758710.jpeg15575758780.jpeg

そう言えば、アメリカのワインはブログでは初めてか。
昨年の夏にカリフォルニアのピノを飲んでますが、そのワインはじつに
美味しかった。いま思えばそのワインが僕にワインの世界へ傾倒させた
きっかけになった1本かもしれない。

そもそもワイン自体は昨年夏に飲む2年も前に頂いたもので、その頃は
日本酒オンリーで当然ワインには興味がなく、玄関に2年間も放置して
おりました。価格はもちろんのことヴィンテージも全く覚えてませんが
後にワインショップで同じワインを見かけ価格を見たら5,000円だった。

ワインって意外と美味しいな!、とそのとき思って、その後何本か購入し
日本酒のように味わいの違い(葡萄品種、国別など)を楽しむようになり
いまでは日本酒同様に傾倒してしましましたが、まだまだ1年生です。

さて今日のワインに話を戻して。
グラスに注ぐと、ピノのワインにしては結構濃いめな色合い。
上立ち香は、赤い果実でベリー系のアロマ。
含むと、ベリー系の果実感は穏やか、梅っぽさにソフトな酸味が混ざる。
出汁っぽい旨味が結構主張してきて、後味に渋味や苦味が多少引っ掛かる。
全体的にまだ味わいが開いてないような印象。

2日目。
初日より落ちついた味わいでアルコール感が少し増したかな。
後味に感じた渋味、苦味はほぼ消えていて果実味や旨味、凝縮感など全体の
バランスも良く美味しいです。

上立ち香のアロマ感は初日と比べ飛びましたが、味わいは2日目の方が
断然美味しいですね。お値段なりの味わいはあり、ちょっと豪華な食卓を
飾るには充分の1本だと思います。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

永寶屋 辛口純米生酒 八反錦

2019.06.22(18:18) 284

永寶屋 辛口純米生酒 八反錦
使 用 米:広島県産 八反錦
使用酵母:非公開

福島県から鶴乃江酒造のお酒「永寶屋」です。
鶴乃江酒造といえば「会津中将」の方が知名度は高いと思いますが
県外産のお米で造るときは永寶屋の銘柄名を使うとの酒屋さん情報。
鶴乃江酒造のお酒は外飲みを含め、初飲み銘柄です。

15608478480.jpeg
15608478580.jpeg15608478700.jpeg

普段、辛口と謳うお酒にはあまり手を出さないのですが、新規開拓も兼ねて
購入してみました。好きな福島酒だったから、というのもあるかな。

上立ち香は、イソアミル系で熟したバナナ。
含むと、甘味から入り、ふくよかな旨味とカカオのようなコクを感じます。
バナナにバニラが少し混ざり、後味はスパッとキレます。
コクのある旨味が良い感じ。これは旨いわ!

後味の辛さが捌けの良さを引き立てて、クドさが無くて飲みやすいです。
美味しい!初銘柄でこういうのに当たると嬉しいですね。

でも、温度が上がってくると味わいが多少ポチャッとしてくるので、キンキンに
冷してから飲んだ方が良いかな。

2日目は初日と比べ、全体の味わいがまろやかになりました。
キレも穏やかになったな。変わらずに美味しかったです。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 生酒

2019.06.19(18:18) 283

ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 生酒
使 用 米:備前雄町
使用酵母:非公開

大分県から中野酒造のお酒「ちえびじん」です。
「ちえびじん」はブログで4度目の登場、このスペックは初飲みです。

15594443470.jpeg
15594443560.jpeg15594443650.jpeg

含むと、クリアな甘味で旨味もあり、カチッとした味わい。
後味にキレもありますね。なるほどラベルの印象と合致してるな。

温度が上がると、よりまろやかなお米の旨味を感じるようになります。
果実というより穀物系の味わいだな。

水飴っぽい甘味、ふくらみがある旨味と、過去に飲んだ「ちえびじん」
とは少し違う味わい。美味しいことは美味しいけど僕が好きになった
「ちえびじん」とはちょっと違うな。

穀物系の味わいのお酒は嫌いでは無いけど、個人的の好みはこの系統の
お酒はもっといろいろな味わいが複雑に絡み合っている方が好きかな。
この「ちえびじん」はキレイに纏まり過ぎているような気がする。
あくまでも個人的な好みの問題ですが。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

エルミタージュ ルージュ Eギガル2006

2019.06.17(18:18) 277

エルミタージュ ルージュ Eギガル2006
品 種:シラー 100%
造り手:Eギガル

15575758220.jpeg15575758530.jpeg
15575758330.jpeg15575758420.jpeg

フランスはローヌのワイン「エルミタージュ ルージュ Eギガル」です。
ローヌのワインは初めてなので取りあえずメジャーなものをという事で
このワインをセレクトしました。ローヌワインと言えば「ギガル」くらい
有名なネゴシアンみたいです。

「シラー」のワインも「ピノ」に続き、好きなイメージを持っているので
ちょっと良いやつをやりたいとは思っていました。お値段は僕的にしては
少しお高めの7000円くらい。

上立ち香は、胡椒のようなスパイシーな香りにロウっぽい感じも。
スワリングすると赤い果実のアロマ香が広がります。

含むと、濃い果実味にアルコール感、アタックは強めで鼻腔に抜ける
ベリー系のアロマ香が素晴らしい。これは美味しい!!

控えめに感じる優しい甘味とまろやかな旨味、そしてソフトな渋味の
バランスが秀逸です。余韻は長め。これヤバいな!

少し温度が上がってくると、旨味というか出汁っぽさを感じ全体的に
丸く、まろやかな味わいになりますね。あと後味に少しピリッとした
スパイシーな感じもある。これマジで美味いなぁ。

こういうワインに出会うと、幸せを感じます。
こういう瞬間のために、俺、嫌な仕事頑張ってきたんだなぁ、と思う。
(基本的に仕事は嫌いなタイプですww)


評価ランク ★…殿堂



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

亀の海 蝉しぐれ 純米吟醸生

2019.06.14(18:18) 280

亀の海 蝉しぐれ 純米吟醸生
使 用 米:三恵錦、ひとごこち
使用酵母:非公開


長野県は土屋酒造店のお酒「亀の海」です。
今期(30BY)最初に飲んだ銘柄が「亀の海」でかなり良い印象だったので
久しぶりにチョイスしてみました。
もう夏酒かぁ(記事を書いたのは5月)早いな梅雨入りもしてないのに。

15594443100.jpeg15594443280.jpeg
15594443190.jpeg15594443370.jpeg

上立ち香は、ラムネっぽい香り。
含むと夏酒というだけあり、さらっと入ってきます。
旨味主体で甘味は奥で感じる程度に感じ、後味は結構ドライ。

飲み口が良いのでスイスイと盃が進むが、ちょっと薄いかな。
でも夏酒ってこんな感じか。無濾過生原酒を飲み過ぎてると加水って
どうしても薄く感じてしまうな。

飲み進めていると、慣れてきたのか意外としっくりとくる。
基本的には雑味なくキレイな酒質で凛とした味わいです。

2日目。
ラムネにうっすらバニラ、さらっさらの口当たりでスイスイと
進みます。初日と味わいはほぼ変わらず、いかにも夏酒っぽい。

前回「亀の海」を飲んだときは果実味に溢れ濃醇な味わいだったけど
同じ銘柄だけど、結構違うものだな。今度他スペックも試してみよう。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

開運 無濾過純米 誉富士

2019.06.11(18:18) 279

開運 無濾過純米 誉富士
使 用 米:静岡県産 誉富士100%
使用酵母:静岡酵母NEW-5


静岡県は土井酒造場のお酒「開運」です。
静岡酒の中でも最近はもっぱらのお気に入り銘柄。
開運の酒米違いの「無濾過生シリーズ」は今期3本目。
過去の2本の記事は下記となります。

15583576740.jpeg15583576830.jpeg
15583577030.jpeg15583576940.jpeg

開運 無濾過生 山田錦にごり
開運 無濾過生 山田穂

上立ち香は、開運らしさというより、さわやかな香りだな。
早速含むと、フルーティーな果実感より米の旨味が立った味わいで
コク、苦味、渋味が前面にあり、奥で甘味とビター感が混ざる。

温度が少し上がると、甘味が顔を出しビターな中に
バニラがあるかな。ガス感もうっすらと溶けている程度に感じる。

誉富士のお酒によくある米の旨味が特徴的な比較的にカチッとした
硬派な味わいのお酒ですね。美味しいけれど、個人的には果実感が
もっとあった方が好きかな。

2日目。
含むと初日にはあまり感じなかった葡萄っぽい果実感がありますね。
深い旨味の中に控えめにバニラ、余韻は長めで後味にビターなコク。
初日とは少し違う顔を見せ、面白いです。コレ、旨いわ!
初日よりこっちの方が全然良いな。

3日目~4日目
全体的にフレッシュ感は収まってきましたが、葡萄っぽい果実味と
甘味、旨味、苦味のバランスは良くて美味しいです。
日ごとに微妙に味わいが変わってきて楽しめます。

休肝日を挟み6日目~
さすがに味わいが崩れてきたな。
獣っぽさというか、生老ねのような嫌な味わいが少し顔を出してきた。
いきなり不味いってレベルまで振れてはきてはないけど、いままでの
味わいからするとだいぶ落ちますね。やっぱ4~5日が限度かなぁ。

「開運」の「無濾過生シリーズ」全4種類のうち、これで残すところは
「赤磐雄町」のみ。それは来期にやりたいと思います。
いまのところ「山田穂」が一番良かったかな。


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

モレ・サン・ドニ・トレ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2014

2019.06.09(18:18) 275

モレ・サン・ドニ・トレ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2014
品 種:ピノノワール
造り手:アンリ・ピオン


最近仕事でトラブルがありました。
あるベンダーに仕事を発注し進めていたのですが、その途中で
先方から申し出があり、この仕様では進めることが難しいので
変更をお願いしたいと、後出しジャンケンをされてしまった。
事前打合せ段階で「この仕様で良いですか?大丈夫ですか?」
と何度も確認したのに…この始末。。

仕様変更による追加料金がかかり当初予算の3割増になると言う。
そうでなくても見積り段階で予算オーバーだったので、再稟議を
だして何とか追加承認してもらったのに・・・ぶざけんなっ!!

プロジェクトリーダーでもあるので、ちょっとこれはシンドイ。。
はぁぁ寝れない日々が続くな、きっと。

そんな重い空気ですが、気を取り直して今日はワイン。
ブルゴーニュワイン「モレ・サン・ドニ・トレ・V.V.2014」です。

15575755060.jpeg15575755220.jpeg
15575755410.jpeg15575755560.jpeg

シリアルナンバーも入ってますね。
2400本ってどのくらいの規模の生産量か分からないけど。。

上立ち香は、ベリー系のアロマで酸もあるかな。
含むと、フレッシュジュースのような味わいでアルコール感も弱め。
タンニンはソフトで酸味が立ち、チェリーのような果実感があるかな。

少し出汁っぽさもあり、鼻腔を抜けるアロマ感が良いですね。
白い花っぽさもある。なんか可憐な少女のような感じ。

感動するほどの味わいではないけど、普通に上がれるレベルでは
あるかな。薄旨で美味しいです。お値段は5,000円くらいなので
逆にこれくらいのレベルでないと困りますが、コスパ的にはもう
一声欲しいところはあるけど、美味しいは美味しい。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生

2019.06.07(18:18) 276

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生
使 用 米:岡山県産雄町100%
使用酵母:非公開

三重県の木屋正酒造のお酒、「而今」です。
たまたま購入できる機会に遭遇したので生酒だし、一応買っとくか
ということで。無濾過生の雄町は約2年振りか。

15583575740.jpeg15583576020.jpeg
15583575860.jpeg15583576150.jpeg

上立ち香は、華やかな感じではなく穏やかな吟醸香。
含むと、而今らしい濃醇な味わいで甘旨ですね。
ラムネっぽさもあり、ガス感はうっすらと溶けてる程度。
だけど、深みがあまりないなぁ。なんか薄っぺらい感じが。。

流行りの王道みたいな味わいだけど、最近この手のお酒が
苦手になりつつある。好きなターゲットが狭くなってるな。

一定以上の美味しいお酒ではありますが、昔感じた感動はなくて
それは而今のレベルが落ちたのか、他銘柄のレベルが追いついたのか
はたまた僕の味覚が変わったのか、ホントのところは分かりませんが
ただ明らかに言えるのは、最近は日本酒を買うよりワインを買う方が
多くなった。

現在のレマコム(4合瓶換算で最大25本)の中身は「5本」なのに対し
ワインセラー(最大収納24本)は「24本」でいつもギリギリ。
ワインの扉を開けてから間もないので熱量がちょっと違いますが。

最近は、ワインを購入してもすぐに飲めないやつが多いので、どうせなら
もっと大きいセラーにすれば良かったな?って思ったりする。
それをふと奥さんに言ったら、ドン引きされましたが。。

でも、数年前に日本酒でよく感じた「感動的な味わい」の遭遇頻度が
だんだんと落ちてきて、逆にその「感動的な味わい」の遭遇機会が
ワインで多くなったと言うだけ。ワインもそのうち経験値を積んでいけば
同じような感覚になるのかな。

でも、これで「而今」はひと区切りがついたかな。
酒屋で見かけても昔は「ん?、而今!!!」って感じで真っ先に
飛びついたけど、最近は見かけても「へぇ~而今あるじゃん!」
くらいになったかな。生酒なら少し考えるけど、火入れはほぼ
スルーしてます。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2019年06月
  1. 乾坤一 純米吟醸 鈴風(06/30)
  2. 梅乃宿 TK-TONE(透音) 純米吟醸(06/27)
  3. アンダーソン ヴァレー ケイネズ ワイナリー 2014(06/25)
  4. 永寶屋 辛口純米生酒 八反錦(06/22)
  5. ちえびじん 特別純米酒 備前雄町 生酒(06/19)
  6. エルミタージュ ルージュ Eギガル2006(06/17)
  7. 亀の海 蝉しぐれ 純米吟醸生(06/14)
  8. 開運 無濾過純米 誉富士(06/11)
  9. モレ・サン・ドニ・トレ・ヴィエイユ・ヴィーニュ2014(06/09)
  10. 而今 純米吟醸 雄町 無濾過生(06/07)
次のページ
次のページ