FC2ブログ

タイトル画像

酒器「PROGRESS(プログレス)」 

2019.07.30(18:18) 291

酒器「PROGRESS(プログレス)」 

いつも日本酒を飲むときは普通にお猪口で飲んでいます。
正直そんなに酒器にはこだわってなくて使っているやつは蛇の目のお猪口。
容量の違うやつを何個か持っていますが、ほぼ日本酒のイベントで貰った
やつだったりします。

ワインもそんな感じで、普段は安いワイングラスで飲んでいます。
ほんとはリーデルグラスなんかで飲んでみたいけど、普段飲んでいるワインの
値段からもグラスにあそこまでお金は出せないなぁ、と躊躇してしまう。

そんな中、ふと地元季刊誌に静岡県藤枝市に本社を置く企業がグラスや酒器に
チタン加工を施して宝石のようなジュエリーグラスを製造販売しているとの
記事を見かけました。

静岡県は藤枝市の「日翔工業」という会社で職人がひとつひとつ手造りで
製造しているとのこと。その割には値段も意外とリーズナブル。
早速、地元の百貨店で取扱いがあるとのことで、先日買いに行ってきました。

まず購入したのは、日本酒用のお猪口
写真ではすこし分かりづらいですが、光にかざすともの凄く綺麗なレインボーで
まさにジュエリー。キラキラです。

15583577190.jpeg15583577310.jpeg
15583577440.jpeg15583577570.jpeg

あと、ワイングラスも併せて購入しました。
足が無いタイプのワイングラスですね。
商品名からもワイングラスとなっていますが、ウイスキーやブランデーでも
全然イケそうです。

15583577710.jpeg15583577840.jpeg
15583577960.jpeg
15583578070.jpeg

どちらのグラスも中側はシルバーになっているので、飲み物の色の判別がちゃんと
できるようになっています。(かなり見づらいですが…)

これからは、この酒器でお酒を嗜もうと思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ジュヴレ・シャンベルタン・VV・オー・コルヴェ 2007

2019.07.28(18:18) 292

ジュヴレ・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ
オー・コルヴェ 2007
品 種:ピノノワール 100%
造り手:ドメーヌ ミッシェル ギーヤール


フランスはブルゴーニュ コート・ド・ニュイのワイン
「ジュヴレ・シャンベルタン・VV・オー・コルヴェ」です。

15618587850.jpeg15618588080.jpeg

先日、仕事で大きな案件が一区切りつき、そのご褒美として
少し良いワインをということでコミュナルクラス(村名ワイン)の
ワインを開けました。

グラスに注ぐと、綺麗なルビーレッド。
上立ち香は、あまり強く感じない・・・。
含むと、酸味がたった味わいで果実味はあまりないかな。
土っぽさ、アルコール感があり、後味はかなりシャープなキレが。
結構辛口な味わいです。

以前、外飲みで年度違い(確か2012だった)の同スペックを飲んで
あまりの美味しさに感動的な味わいを感じたがコレには無いな…
果実感溢れたアロマ、まろやかな旨味、何処いちゃったんだろ?
うっとりするような上品なアロマ香が素晴らしくて、ずっと嗅いで
いられるくらいだったのに・・・。

それが年度の違いによるものなのか、もしくは既に飲み頃を越えて
しまったのかは分かりませんが、期待が大きかったぶん残念だな。

セラーには、この同じワインで年度違い2015年が寝てますが
いつ開けたら良いんだろ?
2015年はグレートヴィンテージだし、さらに期待してしまうが
寝かし過ぎないほうが良いのかな?ワインは奥が深いや。。


評価ランク △…連下



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

桃の里 小瓶セット

2019.07.25(18:18) 295

桃の里 小瓶セット

岡山県は赤磐酒造のお酒「桃の里」です。
この銘柄は日本酒ブログ界の雄、「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんの
ブログでおすすめ銘柄としてプッシュしているお酒です。

15625866930.jpeg15625867040.jpeg

たまたま岡山駅へ移動途中で寄った程度(30分くらい)でしたが、お土産屋を
覗くとこれが売っていて、「あっ!これは・・・」と購入してみました。

お土産屋コーナー片隅の常温棚に箱入りで置かれていて中身(裏ラベル)を
見ることが出来ず、いつ製造のものかも分からない状態でしたが、お値段は
確か千円くらいだったので、岡山の「きびだんご」と合わせて購入しました。


【本格辛口 純米酒】
上立ち香は、辛口と謳っているだけあってアルコール臭が立った香り。
含むと、すっきりとした味わいでキレがある飲み口。
スッと入ってきて旨味と僅かな甘みを伴い、スッと消えていきます。
淡麗辛口なお酒でした。

15625867400.jpeg15625867530.jpeg


【桃の里 純米吟醸】
上立ち香は、ラムネっぽい吟醸香。
含むと、甘く濃淳な味わい。「ん、なにコレ?甘くて美味しい!」
本格辛口の純米酒とは、もはや別物の味わい。
結構な甘さだけどベタっとしていなくて、何故かスイスイとイケる
不思議さがあります。う~ん、さすがは巨匠が推されるだけあるな。

15625867150.jpeg15625867630.jpeg


【桃の里 純米】
上立ち香は、カプ系でラムネっぽい香り。
含むと、さらりとした飲み口で飲みやすいです。
適度な甘味・旨味・苦味でいかにも食中酒向き。
上記2本の中間にいるようなお酒でした。

15625867280.jpeg15625867740.jpeg


桃の里、この小瓶の飲み比べ面白かったです。
お土産屋の常温放置でなく、ちゃんと管理された状態の生酒を
今度は飲んでみたいですね。

評価ランク 
純米本格辛口 △・・・連下
純米 ▲・・・単穴
純米吟醸 ◎・・・本命


日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


  

日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

裏ちえびじん 純米吟醸おりがらみ生

2019.07.22(18:18) 294

裏ちえびじん 純米吟醸おりがらみ生
使 用 米:山田錦
使用酵母:非公開


大分県から中野酒造のお酒「ちえびじん」です。
「ちえびじん」は結構このブログでもやっていて今回で5本目。
今回のお酒は「裏ちえびじん」というだけあって番外編です。

15625868400.jpeg
15625868480.jpeg15625868560.jpeg

上立ち香は甘い吟醸香がうっすらとする程度、あとカプかな?
でもあまり強く無いですね。

含むと甘旨味は結構強め、旨味はまろやかで幅があります。
甘味はお米の優しい甘味、あと僅かだけどアクセント程度に
ドライな苦味があります。でも、良いほうの苦味。
苦味ありきで、コレ旨いな!

濃淳かつジューシーな味わいで、なんといってもこの甘さ加減が
絶妙で美味しい。ただ甘いだけじゃなく旨味があるから奥深さが
あってそれが良いバランスとなっています。

このスペックは果実感がさほど感じないけど、お米の甘旨味が
心地よいです。

ブログを始める前に飲んだ「特別純米 八反錦 うすにごり」には
敵わないけど、過去にブログで紹介した4本の「ちえびじん」の
中では一番好きだな。

でも、酒屋の店員さん曰く、ガス感も微発泡くらいありますよ!と
言っていたが、ほぼ感じませんね。グラスに気泡もついてないし。
よくよく飲んで、うっすらとガスが溶けてるかな?程度。

2日目。
初日ほど美味しさの感動は無くなってしまったけど、美味しさは
まぁ、なんとか保っているかな。全体的にすこし味わいが小さく
なったような感じ。これは早いうちに飲み切ったほうが良いな。

ジューシー系の味わいはどうしても足がはやいね。
でも、久しぶりに「ちえびじん」の当たりを引きました。旨いです!


評価ランク ◎…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

レッチャイア ミレニウム 2010

2019.07.20(18:18) 290

レッチャイア ミレニウム 2010
品 種:サンジョヴェーゼ・グロッソ、カベルネ・ソーヴィニヨン&メルロ
造り手:レッチャイア


イタリアはトスカーナのワイン「レッチャイア ミレニウム」です。
イタリアワインは意外と飲みこめてなくて、まずは王道のバローロ辺りを
飲んでみたいと思っていますが、種類も沢山あるし、又、値段も値段だし。
取りあえずは、このワインのように2千円後半のリーズナブルなやつを。

15608478800.jpeg
15608478940.jpeg15608479030.jpeg

上立ち香は、赤い果実、チェリー。
グラスに注ぐと、やや濃いルビーレッド。エッジはピンク~オレンジ。
含むと、タンニンは柔らかめでビターなコク、コーヒー、プルーンのような
奥深い果実味があります。飲みごたえもあり美味しいですね。

時間が経つと、まろやかな旨味・渋味が広がって複雑な味わいに変化して
いきます。ただ苦味が少し強いかな。

感動するような美味しさや、またリピートしよう!みたいな感じはないけど
濃い味付けの料理に合わせたら、さらに良さが引き立つんじゃないかな。


評価ランク ▲…単穴



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

杉錦 山廃純米 生原酒 誉富士

2019.07.17(18:18) 298

杉錦 山廃純米 生原酒 誉富士
使 用 米:静岡県産 誉富士100%
使用酵母:協会701号


春先に飲んでいますが、記事をアップするのを忘れてました。。
静岡県は杉井酒造のお酒「杉錦」です。
杉井酒造は低精白のお酒や生酛・山廃造りなど静岡の蔵元さんの中でも
すこし毛色の違う、どちらかと言えば玄人向けの蔵元さんです。
このブログでも一度記事にしたことがあります。

15533338960.jpeg15533339080.jpeg
15533339180.jpeg15533339310.jpeg

酒屋さんに行ったら「杉錦」にしてはめずらしく「生酒」が入荷した
とのことで、購入してみました。精米歩合は70%と杉錦らしくあまり
磨いていませんね。

含むと、山廃らしく酸味をしっかりと感じる味わい。
飲み口はさらっとしていて、甘味は控えめ、そして後味はキリっとした
キレがあります。

山廃だけど意外と飲みやすくサラサラとした味わいで、キレイな酒質です。
アルコール度数も19~20度と高めですが、味わい的にはそんなに強さは
感じないかな。しかしいつものペースで飲むとさすがに酔いが早い。。

スペックからも個性的な味わいを想像していましたが、意外と飲みやすく
さらっとした辛口酒でした。単体で飲むより、食中酒として活躍しそうな
お酒ではなかろうか。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

両関 Rz55 特別純米 Summer Emotion

2019.07.14(18:18) 293

両関 Rz55 特別純米 Summer Emotion
使 用 米:富山県産 五百万石 100%
使用酵母:非公開


秋田県は両関酒造のお酒「Rz55 Summer Emotion」です。
前回「Summer Evolution」をやったのでセットでやらなきゃ、と
変な使命感からセットで購入しました。

15625864600.jpeg
15625864810.jpeg15625866730.jpeg

「Evolution」と「Emotion」の違いはよく分かりませんが、酒米は同じ
五百万石。両方のラベルから違いが分かるのは日本酒度くらい。
「Evolution」は+4.6でしたが、この「Emotion」は-2.1です。
でも「Evolution」+4.6でも結構甘かったけどね。
「Emotion」はもっと甘いのかな?

上立ち香は、麹香、炊き立てのお米のような感じ。
ひと口含むと米の旨味がぶわっと広がり、まろやかな甘味と奥深いコク。
結構濃醇な味わい。

予想では華やかで甘いお酒を想像していたけど、ちょっと意外な感じ。
甘いは甘いけど、甘ったるい感じじゃなくて不思議とすっと飲める。
旨味が結構前にでているので、そう感じさせるかもしれない。

2日目は少しスッキリとした味わいにラムネっぽさも感じ、初日とは
違った味わいに。個人的にはこっちの方が好きな味わいかな。
普通に美味しいけど、あまり記憶に残る味わいではないかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

シャトー・マレスカス 2008

2019.07.11(18:18) 289

シャトー・マレスカス 2008
品 種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カベルネ・フラン他
造り手:シャトー・マレスカス


ボルドーはオー・メドックのワイン「シャトー・マレスカス」です。
どうも購入するワインがブルゴーニュに偏るので、ブルゴーニュ以外を
意識して数本購入してみました。その内の1本です。お値段3,000円~

15594443750.jpeg
15594443850.jpeg15594443950.jpeg

上立ち香は、黒い果実、ブラックチェリー、胡椒。
含むと、渋味・苦味が際立ちタンニンは強めで凝縮感ある味わい。
梅っぽい旨味もあるかな。余韻は比較的短めで捌けは良いです。

温度が上がってくると、ごつごつした感じが収まり全体的に角が取れて
酸味、旨味、甘味、渋味、果実味とバランスが整ってきて飲みごたえある
味わいで美味しい。時間が経つほど、どんどん良くなっていくな。

2日目。
甘味、果実味は多少収まってきましたが、少し落ち着いた味わい。
血っぽさ?(鉄っぽさ?)と酸味が先行の味わいだけど、これはこれで
美味しいかな。(あくまでも初日ありきだけど)


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

両関 Rz55 特別純米 Summer Evolution

2019.07.08(18:18) 288

両関 Rz55 特別純米 Summer Evolution
使 用 米:富山県産 五百万石 100%
使用酵母:非公開


秋田県は両関酒造のお酒「Rz55 Summer Evolution」です。
両関酒造のお酒は花邑をはじめ、過去に何本かやったことがありますが
この商品は初めて。

15618588870.jpeg
15618588960.jpeg15618589060.jpeg

スペックの詳細は詳しく書かれてはいませんが、生酒ですね。
(無濾過や原酒かどうかは不明)

上立ち香は、比較的華やかな吟醸香です。
ひと口含むとラムネ、あとベリー系の果実感があるけど旨口な味わい。
じんわりお米の旨味が広がり、甘み結構ハッキリと感じます。
温度が上がると複雑な味わいも感じられて美味しい。

温度が上がると、この手のお酒ってベタっとしたりポチャッとしちゃう
お酒が多いですが、このお酒はバランスが崩れずに上手く纏まってます。

まぁ、及第点な美味しさはありますね。
流行りの味わいの中に旨味もしっかりと主張してきてカプカプし過ぎて
無いのが僕にとっては良いかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

彩來 純米吟醸

2019.07.05(18:18) 287

彩來 純米吟醸
使 用 米:雄町
使用酵母:非公開


このブログではお初の埼玉県は北西酒造のお酒「彩來」です。
外飲みを含め北西酒造のお酒は初めてですが、HPを見ると通常銘柄は
「文楽」って銘柄みたい。今回新規開拓を兼ねて購入してみました。

15618588560.jpeg
15618588670.jpeg15618588760.jpeg

この商品がどういう位置づけなのか詳細は分かりませんが、裏ラベルを
みると5年の歳月をかけて酒質を設計し・・・とか書かれています。

上立ち香は甘い吟醸香、これといった果実感はあまり無いかな。
含むと甘みが先行な味わい、一瞬「おっ!」っと思わせるファーストタッチ
だけど、後味に旨味と苦味が少しゴチャゴチャに混ざり、纏まりがない印象。

温度が上がるとポチャッとした感じがあり、少しクドい味わいになるかな。
よく冷えた状態のほうがまだ良いですね。

通常銘柄の「文楽」を飲んだことがないので何とも言えませんが、恐らく
このスペックは通常銘柄とは異なった流行りの味わいを目指し造られたと
思います。機会があったら外飲みで「文楽」を飲んでみようかな。


評価ランク △…連下



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2019年07月
  1. 酒器「PROGRESS(プログレス)」 (07/30)
  2. ジュヴレ・シャンベルタン・VV・オー・コルヴェ 2007(07/28)
  3. 桃の里 小瓶セット(07/25)
  4. 裏ちえびじん 純米吟醸おりがらみ生(07/22)
  5. レッチャイア ミレニウム 2010(07/20)
  6. 杉錦 山廃純米 生原酒 誉富士(07/17)
  7. 両関 Rz55 特別純米 Summer Emotion(07/14)
  8. シャトー・マレスカス 2008(07/11)
  9. 両関 Rz55 特別純米 Summer Evolution(07/08)
  10. 彩來 純米吟醸(07/05)
次のページ
次のページ