FC2ブログ

タイトル画像

喜久酔 特別本醸造

2020.05.30(18:18) 409

喜久酔 特別本醸造
使 用 米:山田錦、日本晴
使用酵母:静岡酵母

静岡県から青島酒造のお酒【喜久酔】です。
【喜久酔】は杜氏さんが静岡酵母の正当な継承者としても静岡県内では有名で、これまで外飲みでは何度も飲んだことがありますが家飲みでは意外にも初飲みだったりします。静岡県の酒屋やスーパーでも見かける頻度が高い銘柄で、又、この蔵は基本【火入】なので、いつでも買えるという安心感からか中々手が伸びませんでしたね。

15889223710.jpeg
15889224080.jpeg15889224220.jpeg

スペックも何種類かあり、どれを購入しようか迷いましたが、今回はこの特別本醸造をチョイス。このスペックは、以前【dancyu】でも取上げられ静岡の【スーパー晩酌酒】として一定の認知度はありますかね。お値段も分かりやすく1本千円(税抜き)でした。

上立ち香は、穏やかだけど静岡酵母らしくバナナ。
含むと、これといった特徴がある訳じゃないけど静岡酒の典型的な味わい。
清涼感というか本醸造らしくスッキリとした口当たりで食中酒として普通に旨いですね。ほんのり甘味と奥でバニラと全体のバランスも良いです。静岡酒といえば、取りあえずコレ飲めって感じかな。

燗酒も試しました。
優しくほっこりする味わいで、かなり旨いです。燗上がりしますね。
静岡酒の燗酒の中では、かなり上位にくる旨さじゃないかな。

【喜久酔】噂にたがわず、これぞ静岡の地酒!というザ・晩酌酒でした。
今度は上位スペックも徐々に試していきたいと思います。

家飲みでの静岡酒の完全制覇(全27蔵)まで残すところ、あと2蔵。
伊豆市の【万大醸造:萬耀】と磐田市の【千寿酒造:千寿白拍子】に
なりました。今年どこかで達成しようと思います。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング



スポンサーサイト




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

flamingo orange(フラミンゴオレンジ)

2020.05.28(18:18) 412

flamingo orange(フラミンゴオレンジ)
原 材 料:鹿児島県産 サツママサリ
使用酵母:鹿児島香り酵母一号


久しぶりに【芋焼酎】でも。
鹿児島県から国分酒造のお酒【flamingo orange】です。
いま流行りの香り系焼酎で、結構人気があるみたいですね。前から気になっていて早速購入してみました。

15897046900.jpeg
15897047080.jpeg15897047220.jpeg

もう数年前になりますが【日本酒飲み】になる前は、芋焼酎を好んで日々飲んでいました。鹿児島出身の友人の影響で飲み始めましたが、その友人が福岡に転勤になってしまいそれ以降なんとなく【焼酎】からは遠ざかってしまい、そんなとき偶然美味しい日本酒に出会い、そのまま【日本酒飲み】になったといった感じです。

その当時はいろいろな銘柄を飲みましたし、自宅にも何本も様々な銘柄をストックしてありましたが【日本酒飲み】なった以降は、ほぼ人に譲ってしまい、今ではかろうじで【3M】があるくらい。それももう何年前か分からないくらいのやつだけど常温保管で放置していますが焼酎ってどうなんだろ?度数も高いし大丈夫なんかな?

上立ち香は、柑橘系の華やかな香りでオレンジの皮。香りだけだと、これ焼酎か?と思ってしまうほど、らしくない香りです。

まずは【ロック】で飲みます。
含むと、ファーストタッチは上立ち香そのままに柑橘系のフルーティーな華やかな香りが口の中で広がり、まるでリキュール。中盤では焼酎らしさが顔を出し、芋焼酎特有の芋っぽさも感じます。飲み口は思ったほどクドい感じでは無く、意外とスッキリしています。いままで飲んだことの無い味わいの焼酎です、コレ美味しいわ!むしろいままで何故こういう焼酎がなかったのかな?、と思ってしまうくらいの衝撃。

次は【ソーダ割】で。
スッキリとした爽やかな飲み口で、ほんのりオレンジと芋焼酎らしさの両方を感じとても飲みやすいです。いつもお猪口で日本酒ばかりなので、たまにはこういった飲み方も良いものだ!でも、飲みだすと止まらんな。

【レモンソーダ割】で。
スッキリとした飲み口はソーダ割と差ほど変わりませんが、味わい的にはフルーツジュースっぽいニュアンスがあり、もはや芋焼酎らしさは無いな、けど抜群に美味しい。こんなん【キャバクラ】で出された日には、その場は【天国】で、翌日【地獄】確定だな。

この焼酎は一升瓶で購入したので、何日か楽しめました。
これ飲んで何度二日酔になったことか。そのうち一回は久しぶりに夜中リリースしてしまいました。。


評価ランク 注…注意(休前日限定酒)



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

リア サケ ナチュレル 生原酒

2020.05.25(18:18) 408

リア サケ ナチュレル 生原酒
使 用 米:長野県産 美山錦
使用酵母:協会1~6号他


長野県から小布施ワイナリーのお酒【リア サケ ナチュレル】です。
言わずと知れたワイナリーが造る日本酒。
協会酵母1~6号で醸した酵母違いのスペック酒ですが、未だ全種類は飲んでいないけど(ちなみに1号、2号、6号2種は飲みました。)好きな銘柄で、約1年振りに飲みます。

今回のスペックは、各号のスペック酒のブレンドですかね。
いつの間にこんなん出てた?って感じです。前からあったかな。

15889223170.jpeg
15889223530.jpeg15889223360.jpeg

上立ち香は、らしい感じで洋梨っぽい香り。
含むと、上立ち香そのままに洋梨っぽい果実味で、適度な甘味もあり凄い飲みやすいテクスチャーです。ブレンド酒っていうのもあり、味わいがゴチャゴチャしてると思ったけど意外とクリアで、スッとしてますね。

久しぶりに小布施の日本酒飲んだけど、やっぱ美味しいな!!
ゴクゴクとイケます。この果実系の甘味と後味に感じるふんわりとした旨いがベストマッチです。少しミルキー感もあるな。

温度が上がると、より日本酒らしさが引き立ちますが、個人的には低い温度帯の方が白ワインっぽくて、如何にもワイナリーが造る日本酒って感じがあって好きですね。いや美味しいわ、コレ!


評価ランク ◎…本命



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

信濃鶴 純米吟醸55 頑卓 無濾過生原酒

2020.05.22(18:18) 407

信濃鶴 純米吟醸55 頑卓 無濾過生原酒
使 用 米:美山錦
使用酵母:非公開


長野県から長生社のお酒【信濃鶴】です。
ずっと飲みたかった銘柄でしたが、なかなか4合瓶がお目にかかれなく
ここまでかかってしまいました。

15882435460.jpeg
15882435580.jpeg15882435680.jpeg

上立ち香は、カプ系で結構華やかな吟醸香。
含むと、濃醇で甘く濃いめの味わい。
なんかラベルの感じだとクラシックなイメージだけど、モダンな感じ。

甘味・旨味・苦味とバランスも良くて美味しい。
後味に感じる旨味が良い感じです。
ただ、少しケミカルなところが、カプ系も強めだけどギリギリ許容範囲
ではあるかな。

2日目。
初日より味わいが全体的に大人しくなったかな。
それと上立ち香に少しエグみがある、味わいには差ほど影響ないけど。
このエグみが無ければ、2日目の味わいの方が好きかも。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

白龍 特別純米 無濾過生原酒

2020.05.19(18:18) 405

白龍 特別純米 無濾過生原酒
使 用 米:山田錦
使用酵母:非公開


コロナの影響で半日交代出勤続き、早や数週間。
実際にやってみると、いろいろと気づかされることもあって
それはそれで良い気づきとなっています。

まず一番は【意外と何とか出来ちゃう】
【時間】も【人員】も普段の半分しかないのに、通常の仕事量を
熟せちゃってる。最初はすこし戸惑ったけど、集中して効率良く
やれば、この【時間】と【人員】でもやれることが分かった。
逆を言うと、通常の状態に戻ったら今より【人員】を減らしても
良いということか。

確かに仕事の質は落ちるけど、NGが出るレベルでもない。
いままで当たり前のようにやってきた仕事も、この際ちゃんと
見直し【やるべき仕事】と【捨てる仕事】を仕分けし簡素化を
実現できた。時には【やらない勇気】を持つことも必要ですね。
中でも一番要らなかったのは(上司!)【余計な会議】でした。

最近は日々こうやって向き合って業務に当たっています。
しかし早く収束してくれないと、せいせいお酒も飲めないな。

さて、今日のお酒は福井県から吉田酒造のお酒【白龍】です。
初飲み銘柄で存在すら知りませんでした。
名前から言って硬派なイメージがあるな。どうだろう。

15878123990.jpeg
15878124200.jpeg15878124350.jpeg

上立ち香はうっすらバナナ、あとミルキーな感じも。
含むと、甘旨っ!イメージと違って結構甘さがあるな。
ビターなコクと乳酸っぽさ、後味は苦旨で捌けも良いです。

硬派なイメージのお酒だけど、甘味はそこそこ強め。
飲み応えがある味わいが何ともクセになる、中毒性もあるかな。
美味しいですね。

2日目。
甘味は抑えられて、ビターで奥深いコクが美味しい。
どちらかと言うとツウ好みの味わいかな。
ぬる燗も試しましたが、ほっこりするような優しい味わいで
燗酒にしても旨いですね。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

シュヴァリエ・ド・マルゴー 2017

2020.05.17(18:18) 406

シュヴァリエ・ド・マルゴー 2017
品 種:メルロー75%、カベルネソーヴィニヨン25%
造り手:シュヴァリエ・ド・マルゴー


フランスはボルドーの左岸、メドック地区マルゴー村のワイン
【 シュヴァリエ・ド・マルゴー 】です。
お値段は【~4,000円】とそこそこなお値段。

15889224770.jpeg
15889224350.jpeg15889224580.jpeg

静岡初のワインのインポーター&ショップ【ヴィノスやまざき】さんで
購入しました。静岡県でワインと言えば、真っ先に挙がるワインショップ
でもありますね。やはり近いのでちょくちょく利用しています。

ボルドー左岸だけど、裏ラベルをよく見るとメルロー主体なんだ。
過去に飲んだメルロー主体のワインは、総じて好印象を持っているので
楽しみです。

上立ち香は、赤黒い果実かな、干し葡萄やプラムとか。
含むと、きゅっとした酸味とロウっぽい感じ、タンニンは穏やかで
優しくまるいテクスチャーです。ミディアムボディかな。

時間が経って段々と開いてきたら、甘味がより立ってきて美味しい!
紫蘇っぽさに甘味が溶け込んでいて、とてもまろやかな味わい。
鼻腔を抜けるときに感じる清涼感も良いですね。
甘味・酸味・旨味・渋味とバランス良く、飲んでてテンション上がるわ。

2日目は、初日よりさらにテンションが上がるくらい美味しかったです。
コスパ以上の味わいで、この値段でも納得のワインでした。
【ヴィノスやまざき】ここ数本はぜんぶ当たってんな。また行こっと。


評価ランク ◎…本命



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

加佐一陽 prototype 純米無濾過生原酒

2020.05.14(18:18) 404

加佐一陽 prototype 純米無濾過生原酒
使 用 米:山田錦
使用酵母:非公開

京都府から池田酒造のお酒【加佐一陽(かさいちよう)】です。
初めて飲む銘柄酒です。

通常は【池雲】醸す蔵元さんらしいですが、【池雲】も飲んだこと無く
全くの予備知識はありませんが、今回この【加佐一陽】は蔵元出荷が
僅か100本と伺って、その稀少価値につい触手が動いてしまいました。

15878122460.jpeg
15878122620.jpeg15878122790.jpeg

上立ち香は麹の香りがふわっと。
含むと、穀物系の辛口酒。さっぱりとしたドライな飲み口です。
うっすらガス感もあり、フレッシュさもあり美味しいです。

飲み進めるとコクもでてきて、より硬派なイメージのお酒に。
個人的には好きなタイプの味わいでは無いけど、たまにはこういった
タイプのお酒を飲むと新鮮さを感じますね。だらだらと飲めるような
食中酒といった感じかな。


評価ランク ▲…単穴



日本酒ランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

英君 純米吟醸 橙の英君 無濾過生原酒

2020.05.11(18:18) 403

英君 純米吟醸 橙の英君 無濾過生原酒
使 用 米:岡山備前雄町 100%
使用酵母:静岡酵母CA-50


静岡県から英君酒造のお酒【英君】です。
英君のカラーシリーズ。酒米毎に全3色あって【緑の英君:五百万石】
【紫の英君:山田錦】と今回の【橙の英君:雄町】と展開しています。
無濾過生原酒バージョンが一巡すると火入バージョンが出てくる感じ。

15878121580.jpeg
15878121980.jpeg15878122290.jpeg

無濾過生原酒バージョンの【緑】と【紫】は既に飲んだことがあるので
今回未飲だった【橙】をセレクトしてみました。

上立ち香は、イソアミル系で完熟バナナ。
含むと、濃醇な甘味とまろやかな旨味のハーモニー。
後味には草っぽさと僅かな苦味がある。
雄町らしいふくよかな甘旨味が美味しい。

前回やった英君がなんか薄く感じたので、やはりこれくらいの濃醇さが
あった方が個人的には好きかな。

2日目。
初日と同じく濃醇な甘旨味が美味しいけど、少し苦味がたってきたかな。
全体的に静岡酵母酒の王道的な味わいで好きなのですが、この苦味が一度
気になると、ずっと引っ掛かってしまうな。う~ん。。

カラーシリーズはこれで制覇しましたが、個人的な好みは
【緑の英君】>>【紫の英君】>【橙の英君】ですかね。
中でも緑が少し抜けてる感じです。


評価ランク 〇…対抗



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

十九 桜 Le cerisier rose m'apporte

2020.05.08(18:18) 401

十九 桜 Le cerisier rose m'apporte
使 用 米:美山錦100%
使用酵母:非公開


長野県から尾澤酒造場のお酒【十九】です。
【十九】は久しぶりですね。約2年振り。

15878120920.jpeg
15878121240.jpeg15878121090.jpeg

当然、桜はもう散ってしまいましたが、満開の手前くらいの頃に
購入しました。静岡では桜のシーズンに【静岡祭り】なる恒例の
お祭りがあるのですが、今年はコロナの影響で当然ながら中止
となり、ちょうど桜が満開の時期も自粛ムード全開で寂しい春に
なってしまいましたね。せめてお酒だけは桜気分を、という事で。

上立ち香は、カプとイソアミルが混ざった香り。
底に滓が1センチ程度沈んでいます。
面倒なので初日から撹拌します。

含むと、ラムネっぽさにバニラ感が混ざり全体的にはふんわりとした
優しい味わい。ガス感はうっすら溶けている程度かな。
後味は、意外と結構ドライなテクスチャーでフッと口の中から消えて
無くなります。

普通に美味しいけど、もう一声欲しいというか、何かが足りない気が。
というか、全体的に味わいが薄いな。ボヤッとしてる感じ。

【桜】のように淡く儚く散ってしまうイメージだ、と言えばそうなのかも
しれないけど。甘味とかもっとハッキリ感じた方が個人的には好きだな。
例えば、最初は甘いけど後半はほろ苦くスッと無くなる感じ。

ふと思い出す過去の学生時代【十九】ちょい前の記憶。
4月に入学し、高校時と比べてだいぶ環境が変わった。

僕が専攻した科は女の子が多くて、男女比1:3くらい。(まぁ天国です。)
教室に入ると、最初は五十音順で席順が決められていて、たまたま
僕の隣の席に座った子を気になってしまい、毎日意識するようになり
気づいたら目で追ってた。

そうなると好きになるまではアッという間で、その頃毎日学校行くのが
楽しみで仕方なかったな。入学したばかりで、当然お互いの事をまだ
全然知らないし、何話してもその子との会話が物凄く新鮮だった。

ちょっと大人しめの子で、何気に一人でいることが多かったかな。
男子から話しかけられると、オドオドし慣れない様子で、すぐ顔が赤く
なってたな。あと授業中だけ眼鏡かけてた。

いま思い出すと「あの頃、若かったな…」と笑っちゃうけど、その子に
どうしても想いを伝えたくて、周りのアドバイスもロクに聞かずに
4月の下旬に即行告ったけど、即行フラれたな。しかもその場でww

そして、お互いのことよく知らないまま、終わりました。
その後、毎日学校行くの地獄だったな…次の子、見つけるまでは(笑)
なんじゃこの話。

でも、卒業間近に皆で行った飲み会で、その時のことをその子は憶えてて
みんなの前で「私、〇〇君に入学してすぐ告られた!」とバラされた。

もうとっくに時効だし、お互いにもう別の人がいたから懐かしい思い出話に
なったけど。甘く、ほろ苦い懐かしい記憶です。


評価ランク ▲…単穴
隣だった子 ◎…本命(笑)



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク ピノ・ノワール 2017

2020.05.06(18:18) 402

ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク
ピノ・ノワール 2017
品 種:ピノ・ノワール 100%
造り手:ブシャール フィンレーソン


久しぶりにピノでも。南アフリカはハーマナス地区のワインで
「ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク」です。
お値段は【5,000円~】と新世界のワインにしては結構なお値段。

15882434510.jpeg
15882434680.jpeg15882434850.jpeg

南アでは最高クラスのワイナリーとのことらしく、このスペックより
上級キュヴェは15,000円近くするので、まずはこのクラスを飲んで
みようと思います。

上立ち香は、赤い果実、チェリーにオイリーな感じが混ざる。
含むと、収斂性のある酸味とミネラル感があり、果実味は少し弱め。
出汁っぽさを奥で感じます。少し硬い印象があるな。
クリアさ無く、複雑味とは違う少しゴチャゴチャした感じかな。
2017年だし、まだ開けるのが早かったか?閉じてるかな。

しかし時間が経ってくると、徐々にポテンシャルが上がってきて
柔らかなテクスチャーに。いや、ここまで変わるのかってくらい
変わった。

その後、尻上がりにどんどん良くなってきました。コレ、美味しい!
最初はすこし曇ったような上立ち香も、いまでは上品なアロマに。
そのアロマが飲んだ後、鼻腔に抜けてアルコールと混ざって感じる
後味がなんとも美味しい。これならコスパに見合った味わいだな。

今回改めて気づかされましたが、デキャンタって大事だな。
一応、抜栓は飲む30分くらい前にしたけど、差ほど効果はないな。
デキャンタグラスかポアラー買うか。


評価ランク 〇…対抗



ワインランキング




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


2020年05月
  1. 喜久酔 特別本醸造(05/30)
  2. flamingo orange(フラミンゴオレンジ)(05/28)
  3. リア サケ ナチュレル 生原酒(05/25)
  4. 信濃鶴 純米吟醸55 頑卓 無濾過生原酒(05/22)
  5. 白龍 特別純米 無濾過生原酒(05/19)
  6. シュヴァリエ・ド・マルゴー 2017(05/17)
  7. 加佐一陽 prototype 純米無濾過生原酒(05/14)
  8. 英君 純米吟醸 橙の英君 無濾過生原酒(05/11)
  9. 十九 桜 Le cerisier rose m'apporte(05/08)
  10. ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク ピノ・ノワール 2017(05/06)
次のページ
次のページ