FC2ブログ

タイトル画像

臥龍梅 純米大吟醸 愛山「開壜十里香」生酒

2018.02.18(18:18) 101

臥龍梅 純米大吟醸 愛山「開壜十里香」生酒
使 用 米:兵庫県産 愛山
使用酵母:明利酵母(協会10号系)

静岡県の三和酒造のお酒「臥龍梅」です。
この臥龍梅の「開壜十里香(かいびんじゅうりにかおる)」は三和酒造の社長さんの
家に伝わる掛け軸にある言葉らしく「ここぞ!というお酒が出来た時に使おう!」と
考えていたとのことで、それがこの愛山のお酒に付けられたというエピソードがある
そうです。そのような理由からか、毎年販売される商品ではなく、不定期販売の限定
商品らしく、確か昨年は販売されなかったと思います。

15186835900.jpeg

言葉の意味は「壜(ビン)を開ければふくよかな香りが十里四方にまで広がる」との事。
大人気ないですが、一応距離を調べたら 1里=3927.27m(約4km)だから十里だと
約40km四方に香りが広がる計算です。(そんなん飲んだら鼻がオカシなるわっ!)
まぁ、たぶん香り系のお酒であることは間違いないですね!

15186836000.jpeg15186836120.jpeg

「生酒」と「火入れ」の2種類あって「火入れ」は以前、酒屋で見かけてことがあり
随分と悩みましたが「生酒」があるならそっちの方が飲みたいな…と思って買うのを
その時はやめました。が、たまたま他の酒屋で別のお酒を買いに行ったとき冷蔵庫の
隅に何気に「生酒」バージョンが置いてあって、思わず二度見しました!即買いです。

お猪口に注ぐと、うっすらと飴色程度に色がついてますね。
瓶を開けると、上立ち香がその名のとおり・・・あれ?無い。ん?

含むと、結構熟してます。
ふくよかな甘味を感じ、そしてお米の旨みもありますね。ちょっと意外な味わい。
てっきり香り系のお酒かと思いましたが、どちらかと言えば旨口系のお酒かな。

始めに飲んだ時は、ちょっと苦手な味わいかな?と思いましたが、飲み進めると
案外しっくりときますね。

とろっとした甘味がベースにありますが、穀物系のコクのある味わいが全体を覆い
後味すっきりなフィニッシュ。

好きな系統の味わいでは無いですが可もなく不可もなくって感じですかね。
最後に燗酒にもしてみましたが、燗上がりするほどではないけど悪くはないかな。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<レマコム購入1周年 | ホームへ | 豊能梅 G×Aピンクラベル 純米吟醸おりがらみ生原酒>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/101-a6e9f208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)