FC2ブログ

タイトル画像

七田 純米吟醸 五百万石 無濾過生

2018.02.24(18:18) 102

七田 純米吟醸 五百万石 無濾過生
使 用 米:兵庫県産 五百万石100%
使用酵母:非公開

九州は佐賀県から天山酒造のお酒「七田」です。
「七田」は昨年の10月にフランスパリで行われたコンクール「KURA MASTER」※ で
ブレジデント賞(純米吟醸雄町50)を受賞し、一躍脚光を浴びることになったみたいで
昨年末より急に入手し難くなりましたね。

15146424100.jpeg

KURA MASTERとは
フランスで2017年から開催されている日本酒のコンクール(品評会)です。これまで様々な日本酒のコンクールが存在しますが、これはフランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、日本酒のコンクールです。同時に、フランスの歴史的食文化である≪食と飲み物の食べ合わせのアバンチュール≫を、日本酒と食という観点からみて、実際に体験していただく場としての重要性をもたせ、フランス的にロジックに判断していただくことでフランス市場における日本酒をアピールする場を提供します。 審査員は、フランス人のソムリエ、レストラン関係者、ホテル・料理学校関係者などのプロフェッショナルな方を中心に構成致します。

15146424200.jpeg15146424340.jpeg

そんな品評会がおフランスであったことすら知りませんでしたが、着々と日本酒は世界へ進出しているのですね。そういえば昨年にシンガポールに行った際、飲食店に「七田」が置いてありましたね。輸出にも力を入れている蔵なのかもしれません。
(でも九州には七田は卸していないとのことらしい)

そういえばフランスも最近行ってないな・・・前に行ってからもう4~5年経つな。
あの時は年末年始だったから旅費がかなり高かったけど、また行きたいなぁ。
あの「絵はがき」みたいな街並みの世界に。

今回はさすがに受賞酒の「純米吟醸雄町50」は手に入らなかったので、別のスペックの
「純米吟醸 五百万石 無濾過生」をチョイスしました。

じつは「七田」は家飲み外飲み含めて初めていただく銘柄だったりします。
パリジャン・パリジェンヌ達を賑わせた日本酒の実力は如何なものか

上立ち香は、うっすらカプエチ系の吟醸香。
一口含むと、リンゴ系の果実感とお米の甘旨味も控えめに感じます。
結構ミネラル感もありますね。後味にビターな味わいもあってキレイに
バランスよく纏まっています。これは美味しいっ!「七田」旨いなぁ。
いつもより飲むペースが速い。ってことはそれだけ美味しいってこと。
なんか他のスペックも試したくなりましたね。

2日目。
酒質は落ちずに相変わらず美味しいです。
初日と比べて甘味が少し前に出てきて、お米の旨みもしっかりと感じるように
なりましたね。

初日にも思いましたが、苦味が良いアクセントになっていますね。
「苦味」はあまり僕が好きな味覚ではないのですが、初めて苦味の良さをこのお酒で
感じました。この苦味が全体のバランスを整えていますね。これマジで旨いな!

「七田」美味しかったです!
フランスのパリジャン・パリジェンヌ達を賑わせただけのことはありますね!
他のスペックも今年のどっかで試そうと思います。



日本酒ランキング


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<白隠正宗 誉富士 純米生原酒 富士山の日朝搾り | ホームへ | レマコム購入1周年>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/102-5469bb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)