FC2ブログ
 
■プロフィール

Author:P太郎
日本酒と競馬好きなサラリーマン

日々飲んだ日本酒の紹介や競馬
関連のブログです。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■アクセスカウンター

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

早瀬浦 純米滓酒 浦底 生酒
早瀬浦 純米滓酒 浦底 生酒
使 用 米:山田錦、五百万石、越の雫
使用酵母:非公開

福井県から三宅彦右衛門酒造のお酒「早瀬浦」です。
昨年の10月に「特別純米の夜長月」を初飲みして好印象だった早瀬浦。
他スペックをやろうと狙っていたのが、この「純米滓酒 浦底」でした。

15202418010.jpeg

早瀬浦のなかでも人気スペックらしく、純米系(純米酒、純米吟醸酒)の
オリをタンクの底から集めて純米本生上澄み酒とともに瓶詰めした商品。
まさにタンクの底の部分で通称「浦底(うらぞこ)」とのこと。
まぁ簡単に言うと、ブレンド酒ですね。

早瀬浦って言うと辛口酒のイメージが強く、僕の嗜好からは若干外れるので
飲まず嫌いしておりましたが、「夜長月」が通常の早瀬浦とは少し違う造り
とのことだったので、飲んでみると意外にも僕のストライクゾーンでした。
ならば少し攻めてみようと興味が湧き、なかでも人気の「浦底」をチョイス。

15202418190.jpeg15202418340.jpeg

これを飲んで、もし合わなかったら、たぶん現在の僕の嗜好からは外れるので
「早瀬浦」は暫くいいかな。ジャッチメントの1本です!

上立ち香は、穀物系の吟醸香が控えめといった感じ。
(写真を撮り忘れましたが、滓が5ミリ程度あります。)

まずは上澄みから
ひと口含むと、如何にも辛口の純米酒らしいガツンとくるキレがある味わい。
甘味はほぼ無くて、お米の旨味全開でコクも強め。でもブレンド酒らしく複雑な
ところはあるかな。

滓をしっかり混ぜると、結構な白濁色になりますね。
含むと、口当たりがまろやかに優しい味わいになりました。
しかしベースはお米の旨味がぶわっと広がり鼻腔に抜けていくようなキレのある
辛口のお酒ですね。

でも何故か口に含んだファーストタッチに一瞬だけフルーツジュースを感じる。
何回か試しましたが、やはりフルーツジュースが顔を出します。ほんの一瞬だけ。
その後の味わいは果実感とは皆無ですが、何故だろう?ちょっと不思議。
ブレンド酒だからかな?

2日目。
相変わらず米の旨味とコクに傾倒した味わいですね。ツウ好みと言った感じ。
人気があるだけあって好きな人は結構多いのではないですかね。
僕の中のカテゴリーでは「王祿」とかが同じジャンルかな。

決して僕の好きな系統のお酒ではないけど、旨いと言わざるを得ないレベルの
お酒ではあります。たまには、このようなジャンルの日本酒も飲んで知ることが
大切ですね!



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト


テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

福井県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad