FC2ブログ

タイトル画像

白隠正宗 河津桜酵母 Sweetest Taboo

2018.04.10(18:18) 118

白隠正宗 河津桜酵母 Sweetest Taboo
使 用 米:誉富士
使用酵母:KA2541(河津桜酵母)

静岡酒3連発目です!静岡県沼津市の高嶋酒造のお酒「白隠正宗」です。
白隠正宗はこのブログで「富士山の日搾り」を紹介しましたが、もともとの
蔵のコンセプトでもある「ダラダラと飲めるお酒」という味わいが僕の嗜好
からは若干ズレるのでレギュラー品も含め、あまり飲み込めていないです。

ですが、今回のお酒はレギュラー品とは異なる一風変わったスペックの商品で
酵母に河津桜酵母を使用しており、アルコール度数も11度と低アル商品です。
一回火入れの精米歩合60%の純米で、留麹に白麹を使って酸を表に出している
とのこと。位置付けとしては「食前酒」や「デザート酒」といった新タイプの
純米酒みたいです。(せめて桜シーズンが終わる前に飲んでおかないと…)

15228434070.jpeg

河津桜と言えば早咲きの桜で、今年は確か2月26日に見頃を迎えましたね。
河津桜発祥の地、河津町は静岡県の伊豆半島に位置するので、中部在住の僕には
あまり馴染が無くほぼ他所事です。でもこの前3月上旬に東京出張に行った際に
取引先の方が「静岡って暖かいよね、もう桜咲いてるでしょ?」と言われました。
県外の方からみると静岡はそんなイメージなんですね。
間違ってはいないが、合ってもないんだよな…と思いながらも否定する程でもなく
差し障りない大人な対応はしておきました(笑)

15228434190.jpeg15228434330.jpeg

では、早速いただきます。
上立ち香は、ほとんどしませんね。
ひと口含むと、まずキュッとした酸味を感じて、口当たりはサラサラとした味わい。
留麹に白麹を使ってるだけあって酸はしっかり出てますね。

でも、日本酒らしさはほとんど無いかな。これが河津桜酵母と言われれば、そんな
感じのフラワリーな味わいかなとも思えますが、初めて出会うお酒だなぁ・・・
しかし、ちょっと薄くないか?っていうかコレ旨いかな?

失礼な表現を使わせてもらうと、梅酒を水で物凄く薄めたような味わい。
爽やかな飲み口ではありますが、どうだろう?これ・・・
表現が難しいですが、レモネードのレモンじゃなくて梅バージョンみたいな感じ。
Sweetestって謳ってるけど、それほど甘味は感じませんね。ふわっと感じる甘さ。

飲みやすい味わいといえばそうだけど、別にこの味わいを日本酒でやらなくても
良いんじゃないかな。もう既に日本酒っぽくも無いし・・・敢えて他のカテゴリーに
行く意味あるのかな?コスパ考えても絶対に不利だと思うけど。

これ飲むより、ミント・ジュレップの方が絶対に旨い(笑)
(生きているうちに一回は見てみたいです、ケンタッキーダービー。)

ある意味、日本酒でもこんな味わいが出せますよって言うのなら、多少は理解出来る。
今回はちょっとイレギュラーなスペック過ぎたかな。

でも、お花見に持っていくには面白い商品ではありますね!
「えっ!コレ日本酒なの?」って皆が言ってくれて掴みはOKだと思います。
(あっ、そういう商品なのかな?だったら、ごめんなさいだけど・・・)


日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<大阪旅行記 | ホームへ | 磯自慢 しぼりたて 純米吟醸 生酒原酒>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/118-f55db132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)