FC2ブログ
 
■プロフィール

Author:P太郎
日本酒と競馬好きなサラリーマン

日々飲んだ日本酒の紹介や競馬
関連のブログです。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■アクセスカウンター

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

十九 「In bocca al lupo !」 特別純米生原酒
十九 「In bocca al lupo !」 特別純米生原酒
使 用 米:長野県産 ひとごこち
使用酵母:長野C酵母

長野県から尾澤酒造場の「十九」素敵ラベルシリーズ 「In bocca al lupo !」 です。
「十九」じつは初飲み銘柄ですね。馴染みの酒屋さんで前からちょくちょく見かけて
いるのですが、今までタイミングが合わず飲めていませんでした。

15173105650.jpeg

今回のお酒 「In bocca al lupo !」 (イン ボッカ アッ ルーポ) は
イタリア語で「オオカミの口の中へ!」という意味です。
何かに挑戦する人に贈る言葉で「命がけでことにあたれ!」という感じでしょうか。
新しい局面に立ち向かおうとするとき、試験を受けるときなど、チャレンジする人へ
「がんばれ!」「幸運を祈るよ!」と贈る言葉です。(蔵元HP抜粋)

この言葉の意味を知った時に、ちょうど今の僕に当てはまるな!と共感して購入した
次第です。4月の新年度に入り仕事でも新しい部署で新しいプロジェクトがいよいよ
始動しました。慣れないことの連続で日々学習の毎日を送っております。大変だけど
懐かしいような感覚もあり良い刺激にはなっているかな。(プラスに捉えるとですが)
まぁ…あとはやるだけです!僕の信念と覚悟のもと。(ちょっと大袈裟か…)

15173105760.jpeg15173105870.jpeg

上立ち香はカプ系の香りでパイン系かな。でも穏やかに香る程度です。
グラスに注ぐと細かい泡がついてますね。

ひと口含むと、パイン系の果実感の中にふんわりと感じる甘味があり、そして後味に
微かな苦味もありますね。ガス感はほんの僅かに感じる程度かな。
個々の味わいは強いものではなく、全体的に控えめな味わいですね。

とても飲みやすく長野酒らしいキレイな酒質のお酒です。美味しいですよ。
温度がすこし上がるとお米の旨味もでてきて、バニラ感も時折顔を出しますね。
この温度帯もこれはこれで良い感じです。この方が食事には合わせやすいかな。

2日目。
上立ち香もほぼ無くなって、少し生乾き臭がしますね。う~ん劣化したか?
含むと、やはり初日と比べると酒質は落ちたかな。パイン系のフルーティーさはあまり
感じなくなりました。でも味わい的には許容範囲かな。

「十九」長野酒らしいキレイなお酒でしたね。
今度は素敵ラベルでなく、通常版のスペックをなにかやろうかな。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト


テーマ:日本酒 - ジャンル:グルメ

長野県 | 18:18:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
お、「十九」ですね。
「In bocca al lupo」は飲んだ事がないスペックです。
P太郎さんの感想を見ると美味しそうですね。
最近はカプ系の香りがキツ過ぎたり甘過ぎたりするお酒が好みから外れてしまっているので私にも丁度良さそうな感じですね。足は早そうですが・・・。
2018-04-19 木 00:28:09 | URL | なまっぴ [編集]
Re: タイトルなし
なまっぴさん、コメントありがとうございます。

この十九は新商品とのことでしたよ。
長野酒らしい美味しいお酒でしたが、足ははやかったですね。
今度、他のスペックも試してみますよ。

僕も最近はカプ系の強いものはすこし苦手になり、沢山の量は
飲めなくなりましたね。なので、カプ系のお酒を買うときには
皆さんのコメントを参考させてもらってますよ。

僕の場合はやはり静岡酒好きという事もあり、どうしても
イソアミル系のお酒が多くなってしまいますが。

では、良い晩酌を。

2018-04-19 木 20:35:44 | URL | P太郎 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad