FC2ブログ

タイトル画像

富士錦 しぼりたて原酒

2018.07.15(08:08) 155

富士錦 しぼりたて原酒
使 用 米:非公開
使用酵母:非公開

静岡県は東部地方の富士宮市から富士錦酒造のお酒「富士錦」です。
家飲み外飲み含め、初めて飲む銘柄ですね。

近所のスーパーで普通に売っていてラベルからもオールドスタイルの
日本酒ってイメージがあり、今まで手が伸びませんでした。
スペックは本醸造原酒の生詰で蔵の看板とも言える位置づけの商品。
ちなみに瓶は「薄青瓶」を使用していて5月製造の6月出荷です。

15303995140.jpeg15303995290.jpeg

上立ち香はやはり昔の日本酒っぽい感じにアルコール臭が混ざるかな。
お猪口に注ぐと飴色ですね。ん?飴色…「しぼりたて」だよな?

ひと口含むと、ボディブローをくらったような重めな口当たり。
トロッとした甘味とパンチの効いた旨味が口の中に広がって後味はお米の
渋味とエグさがあります。オールドスタイルの芳醇な日本酒って味わい。
いや…芳醇というか、コレ老ねてんな…

しぼりたての商品がここまで色がついているのも疑問だけどラベルには
「新鮮な味の頗る(すこぶる)美味しき酒通にこたえる酒なり」って
書いてあるけど、むしろ真逆の味わい…やっぱ明らかに老ねだな。
「しぼりたて」っていうかこれは「古酒」ってレベルやぞ。
我慢できないレベルじゃないけど後味は結構エグい。

この老ねが「薄青瓶」が原因かどうかは判別できませんが、やはりこういう
お酒に当たってしまうと、どうしても気になってしまいます。
どこかが、ちゃんとした答えを出してもらいたいですね。

「富士錦」はまた改めてやらないと正式な評価は付けられないので
どっかでリベンジします。


評価ランク 注…判別不能



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<福島旅行記① | ホームへ | 奥能登の白菊 輪島物語 無濾過生原酒>>
コメント
どうもです。
こちらが前にコメントがあった例のやつですね。
う~ん、5月製造でその状態は困りますよねえ。瓶成分由来なのか遮光性の問題なのかわかりませんが、実際にそういうお酒に出会った時のガックリ感はキツイものがあると思います。

このままではどうにも疑心暗鬼にならざるを得ないので、やっぱり正式に検証して欲しいところです…
【2018/07/19 12:44】 | まるめち #NkOZRVVI | [edit]
まるめちさん、どうもです。これが例のやつでした。

初日は我慢して飲みましたが、もしかしたら翌日変わってるかな?と
淡い期待をし2日目にトライしたら同じでした。

でも「薄青瓶問題」すこし沈静化しましたよね。
しかし問題が解決したわけではないので、また再燃するかもしれませんけど。

まぁ取りあえずは、すんさんの検証を待ちましょうか。
【2018/07/20 12:29】 | P太郎 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/155-3dfbc87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)