FC2ブログ

タイトル画像

英君 純米吟醸 夏の白菊

2017.07.02(23:05) 20

英君 純米吟醸 夏の白菊 火入
使 用 米:兵庫県産白菊100%
使用酵母:静岡酵母CA-50

14990037870.jpeg

たまには季節に合った夏らしい日本酒ということで、静岡県の英君酒造のお酒です。
地元静岡の銘柄の中でも「英君」は、特に僕のお気に入り銘柄で、すべての製品を
静岡酵母で醸している蔵元さんです。

昨今の日本酒トレンドであるカプエチ系ではないものの、最近では県内外で数々の
受賞を果たしており、静岡酵母を使用してでの受賞は偉業といえ、吟醸王国静岡を
代表とする銘柄となりました。

この「夏の白菊」は、兵庫県産の幻の酒米「白菊」を使用したアルコール度数13%の
低アルコール純米吟醸酒で、日本酒度-5、酸度2.5のキュンキュンのスペックで
英君酒造の新商品となります。ラベルでも敢えて「エイキュン」と書かれています。
どうやら白麹を一部で使用しているとのことで酸度が高いと思われます。
個人的には、こういった変態的なスペック嫌いじゃありません!(笑)

14990037980.jpeg14990038110.jpeg

酒蔵では発売後、直ぐに完売してしまったらしく、静岡県内の酒屋さんでもあっと
言う間に完売してしまったそうです。僕は発売日当日の夜にお店に行ってなんとか
購入できましたが、その時も残りあと数本とかそんな状況でしたね。

冷酒で頂きます。
上立ち香は、静岡吟醸らしい穏やかなバナナ香を感じ、柑橘系の酸っぱさも香りから
感じます。

含むと、上立ち香のとおりバナナっぽさを感じるとともに直ぐに酸味でしめてきます。
酸味が強いせいか甘さは殆ど感じず、低アルコールらしくスッキリな味わいですね。
まさに夏酒って感じで、キンキンに冷してバーベキューとかにも合いそうな感じ。

なんか日本酒を飲んでいる感覚はなく、別のアルコール飲料を飲んでいるイメージ。
試しにグラスにロック氷を入れて飲んでみましたが、もはやカクテルですね(笑)

香りはバナナ系ですが、後味はグレープフルーツのような酸味でしめてくるので、
ゴクゴク行けますよ。
ミントなんか入れたら絶対に合うと思うな…。(さすがにミントは家に無いけどね)

美味しいは、美味しいのですが、日本酒としての評価は少し難しいですね。
普段からあまり日本酒を飲まない人に、言わずに飲ませたら、おそらく日本酒
とは思わないだろうな…。

評価には迷いますが、暑い夏にこういう変わり種も、たまには有りかなと思いました。

休肝日をおいて、3日目。

初日と比べて、まろやかさも出てきて酸味も落ち着いて日本酒らしくなってきました。
低アルコール感はありますが、美味しくなりましたね!
「英君」らしさが、顔を出してきて、初日よりこっちの方がかなり好きかも。

日本酒ってほんと不思議。
あんなにフルーティーでカクテル系な感じだったのに数日でこんなに変化するとは・・・。
「英君」、やはり旨い。


日本酒ランキング


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


静岡県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<2017年上半期の日本酒ベスト5 | ホームへ | 夜明け前 純米吟醸 生一本 しずく採り 生原酒>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する