FC2ブログ

タイトル画像

豊盃 純米吟醸 華想い55

2017.07.08(22:16) 22

豊盃 純米吟醸 華想い55
使 用 米:華想い100%
使用酵母:まほろば吟酵母

14982222950.jpeg

青森県の三浦酒造のお酒です。
青森県の日本酒と言えば「田酒」があまりにも有名ですが、この「豊盃」も
近年、全国の日本酒ファンから高い評価を得て、注目を浴びる期待の銘柄と
なっているそうです。

昨年の秋頃に特別純米を一度飲んでおり、結構好印象だったと記憶しています。
ちなみにこの「純米吟醸 華想い55」は豊盃シリーズの中で最もインパクトの
強い香味を持ち、蔵元曰く「特に日本酒初心者の方や日本酒が苦手という方に
お薦め」との事で、何か惹かれるものがあり、購入してみました。

14982222630.jpeg

冷酒でいただきます。
上立ち香は、華やかなカプエチ系の吟醸香です。前情報のとおり香りますね。

一口含むとカプエチ系の青リンゴっぽい香りとともに、すっとキレイに入って
後味にも雑味なく消えていきます。いかにも流行りのカプエチ系のお酒です。
これは日本酒が苦手という人でも飲みやすいかもしれません。

二口目、キレイな酒質で思っていたより重たさも感じなく、意外とスイスイと
飲めます。美味しいことは美味しいのですが、最近この手の流行りの日本酒が
僕自身好きな系統から少し外れてきていると感じるようになりました。

好きな志向が変わってきたかもしれません。
この「豊盃」も系統的にはフルーティー系に位置するかと思いますが、同じ
フルーティー系でも、最近は好きな系統が細分化されてきましたね。

上手く表現できないのですが、基本的には大体こんな感じです。

・バナナは旨味が伴うことが多いので好き。後味に辛さがあったら尚良し。

・白桃は甘味とのバランス取れていれば好き。米の旨味も感じれば尚良し。

・リンゴ系の強すぎはフローラルになったりするので苦手、でも酸味があれば良し。

・パイン系はスッキリしてれば好き。甘過ぎるとちょっと苦手、でもしっかりとした
酸味があれば良し。

・ブドウ系は甘旨味をしっかり感じれば好き。でも強すぎるのは飲んでいると
だんだん飽きてくるので苦手。

・ベリー系は甘味と旨味のバランスが取れていれば好き。

といった感じですが、フルーツと言っても、一概にひとつとは限らず色々な
フルーツが混ざったりして実際はもっと複雑であり、要は飲んでみないと
分からないですけど(笑)

なんといってもお酒は嗜好品なので、人それぞれ好きな志向は違います。
基本的にその人が飲んで「美味しい!」と思ったのが一番ですけどね。



日本酒ランキング

スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


青森県 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<一白水成 純米吟醸 美郷錦 | ホームへ | 2017年上半期の日本酒ベスト5>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する