FC2ブログ

タイトル画像

十九 桜 Le cerisier rose m'apporte

2020.05.08(18:18) 401

十九 桜 Le cerisier rose m'apporte
使 用 米:美山錦100%
使用酵母:非公開


長野県から尾澤酒造場のお酒【十九】です。
【十九】は久しぶりですね。約2年振り。

15878120920.jpeg
15878121240.jpeg15878121090.jpeg

当然、桜はもう散ってしまいましたが、満開の手前くらいの頃に
購入しました。静岡では桜のシーズンに【静岡祭り】なる恒例の
お祭りがあるのですが、今年はコロナの影響で当然ながら中止
となり、ちょうど桜が満開の時期も自粛ムード全開で寂しい春に
なってしまいましたね。せめてお酒だけは桜気分を、という事で。

上立ち香は、カプとイソアミルが混ざった香り。
底に滓が1センチ程度沈んでいます。
面倒なので初日から撹拌します。

含むと、ラムネっぽさにバニラ感が混ざり全体的にはふんわりとした
優しい味わい。ガス感はうっすら溶けている程度かな。
後味は、意外と結構ドライなテクスチャーでフッと口の中から消えて
無くなります。

普通に美味しいけど、もう一声欲しいというか、何かが足りない気が。
というか、全体的に味わいが薄いな。ボヤッとしてる感じ。

【桜】のように淡く儚く散ってしまうイメージだ、と言えばそうなのかも
しれないけど。甘味とかもっとハッキリ感じた方が個人的には好きだな。
例えば、最初は甘いけど後半はほろ苦くスッと無くなる感じ。

ふと思い出す過去の学生時代【十九】ちょい前の記憶。
4月に入学し、高校時と比べてだいぶ環境が変わった。

僕が専攻した科は女の子が多くて、男女比1:3くらい。(まぁ天国です。)
教室に入ると、最初は五十音順で席順が決められていて、たまたま
僕の隣の席に座った子を気になってしまい、毎日意識するようになり
気づいたら目で追ってた。

そうなると好きになるまではアッという間で、その頃毎日学校行くのが
楽しみで仕方なかったな。入学したばかりで、当然お互いの事をまだ
全然知らないし、何話してもその子との会話が物凄く新鮮だった。

ちょっと大人しめの子で、何気に一人でいることが多かったかな。
男子から話しかけられると、オドオドし慣れない様子で、すぐ顔が赤く
なってたな。あと授業中だけ眼鏡かけてた。

いま思い出すと「あの頃、若かったな…」と笑っちゃうけど、その子に
どうしても想いを伝えたくて、周りのアドバイスもロクに聞かずに
4月の下旬に即行告ったけど、即行フラれたな。しかもその場でww

そして、お互いのことよく知らないまま、終わりました。
その後、毎日学校行くの地獄だったな…次の子、見つけるまでは(笑)
なんじゃこの話。

でも、卒業間近に皆で行った飲み会で、その時のことをその子は憶えてて
みんなの前で「私、〇〇君に入学してすぐ告られた!」とバラされた。

もうとっくに時効だし、お互いにもう別の人がいたから懐かしい思い出話に
なったけど。甘く、ほろ苦い懐かしい記憶です。


評価ランク ▲…単穴
隣だった子 ◎…本命(笑)



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<英君 純米吟醸 橙の英君 無濾過生原酒 | ホームへ | ブシャール・フィンレーソン ガルピン・ピーク ピノ・ノワール 2017>>
コメント
P太郎さんこんにちは。

長野県の桜のお酒とはあまり関係ないけれど、
私も、大学に入って飲みに行った日本酒BARで長野県の真澄を飲んで日本酒を更に好きになった思い出を思い出しました。(時代も内容もちょっと違うけど…)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、なかなか飲みに行けなくてストレスたまりまくりですが、家飲み楽しみましょう!
【2020/05/08 19:59】 | itako21 #- | [edit]
itako21さん、コメントありがとうございます。

このお酒を飲んでいて、ふと昔を思い出しちゃいました。
いまとなっては良い思い出ですが、あの頃って毎日をムダに
過ごしてましたが、毎日が楽しかった時期でしたね。
あるあるですが【お金】は無いけど【時間】だけはあって
周りも同じ境遇の人ばかりで日々バカやってました。。

コロナ、静岡県はここ何日かは落ち着いてますが、早く
通常の状態に戻ってもらいたいです。
私は普段から家飲みが多いですが、やはりお酒の減る
ペースが早くなりました。良いんだか悪いんだかです。
では、良い週末をご安全に。
【2020/05/09 12:36】 | P太郎 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/401-7837b9a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)