FC2ブログ

タイトル画像

シャトー・ドルシュヴィール ピノ・ノワール ボーレンベルグ 1997

2020.07.22(18:18) 430

シャトー・ドルシュヴィール ピノ・ノワール ボーレンベルグ 1997
品 種:ピノ・ノワール 100%
造り手:シャトー・ドルシュヴィール


前回は熟成ボルドーを飲みましたが、今度はピノの古酒を購入してみました。ブルゴーニュだと高いのでアルザスのやつを。アルザスと言えば当然白のイメージだけど、何気にアルザスワインは初めて飲みます。お値段は【~2000円】とこれもお値打ち価格。1997年とたまたまヴィンテージも同じです。

15944229790.jpeg
15944229980.jpeg15944230090.jpeg

上立ち香は、イチゴ、ラズベリー、干し葡萄と果実系のアロマがぶわっと広がります。スゲーわ、このアロマの豊かさは。うっとりします。

含むと、タンニンはなめらかに溶けていて、出汁っぽさもあります。熟れてんなって感じの奥深くてボリューミーな味わい。美味しいわ、コレ。

こういう古酒を飲むとヤバいな。熟成のポテンシャルと言うか、ワインの奥深さと言うか、まざまざと見せつけられますね。なんの引っ掛かりもなくて抜群に美味しいです!しかもこの値段でこの味わいってコスパ良すぎるな。

2日目。
この上立ち香がなんと言っても好きだな。干し葡萄とハーブが混ざったアロマ。味わいは全体的にシュッとした感じになったけど、この味わいものっけから良い感じです。なんかピノだけど飲み応えもあり、甘味・酸味・旨味・渋味とバランス良くて美味しいわ。

アルザスのワイン、かなり美味しかったです。このワインは、元々は高くないものだと思いますが、熟成でこうも変るものかって驚きますね。どうも僕は【日本酒の古酒】が苦手であまり手が伸びないけど【ワインの古酒】はむしろ好きで、これからもいろいろと試していきたいと思います。


評価ランク ◎…本命



ワインランキング


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<おんな泣かせ 純米大吟醸 生原酒 | ホームへ | 會津宮泉 純米酒 雄山錦>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/430-64975ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)