FC2ブログ

タイトル画像

「しずおか酒フェスタ」

2017.10.12(18:18) 50

「しずおか酒フェスタ」

先日の連休に「しずおか酒フェスタ」に行ってきました。
簡単に言うと静岡の地酒の有料試飲会で10月7日(土)~15日(日)まで
静岡パルコ地下1階でやっています。

15075552760.jpeg

15075552640.jpeg

イベント自体は良かったのですが、なにせパルコ地下特設会場が狭い…
お酒を飲むにもあまり落ち着けなく、人が多くなってくると場所も段々
無くなってくるし、もう少し広いところでやって欲しかったな…

15075553060.jpeg15075558900.jpeg

僕が行った日は、國香酒造の「松尾傳一郎」杜氏がいらして少しだけお話も
伺うことができました。國香の松尾杜氏は「傳一郎」の称号を持つ杜氏さん。
「國香」は造りが300石と少ない蔵元さんで、県外にはあまり出回ってないけど
静岡ではツウ好みの銘酒です!

15075552890.jpeg

いまの「吟醸王国静岡」の礎を造ったのは間違いなく「静岡酵母」であり
その静岡酵母の開発者「河村伝兵衛」氏のお弟子さんが松尾杜氏です。
ちなみにお弟子さんは何人かいてそれぞれ称号をもらっています。

「國 香」の國香酒造の杜氏:松尾晃一さんが一番弟子の「松尾傳一郎」
「満寿一」の満寿一酒造の杜氏:増井浩二さんが二番弟子の「増井伝次郎」
「喜久醉」の青島酒造の杜氏:青島孝さんが三番弟子の「青島傳三郎」

って感じですが、河村伝兵衛さんご自身と二番弟子である満寿一酒造の
増井浩二さんは既に亡くなられております。

なので、満寿一酒造は杜氏さんが亡くなられて蔵を継ぐ息子さんもまだ
小さかったことから蔵は休業?廃業?してしまいました。

話は逸れますが、僕が幼少期のころ「満寿一酒造」の蔵があった近くに
住んでいました。同じ町内で徒歩3分くらい。
うろ覚えですが、幼い頃に町内会かなんかの用事で蔵に何度か行ったような
記憶があります…たしか真夏だったと思いますが、蔵の中がやけにひんやり
していて、ちょっと怖いなぁ…と幼心に思った記憶があります。

松尾杜氏は、「獺祭」や「十四代」みたいな流行りの酒を造るのもいいけど
それではみな全国同じような酒になってしまう。そうじゃなくこの酒を飲めば
「ああ静岡の酒だな!」って分かる酒を造るのも技術の伝承だし、そういう
お酒を造っているとも仰ってました。

閑話休題。
今回の「しずおか酒フェスタ」で飲んだお酒と言うと、折角なので普段あまり
飲めないスペックを中心にいただきました。

英君 渡船 純米大吟醸
白隠正宗 誉富士生もと 純米大吟醸
富士正 誉富士 純米吟醸 
國香 特選純米吟醸生酒
國香 特別純米無濾過生原酒

でも短時間でいろいろ飲むって結構しんどかったですね。
最後はけっこう酔っぱらってました(笑)

ちなみに日本酒とは全然関係ありませんが、日本酒ブロガー仲間の方から
教えてもらった情報で「清水港マグロ祭り」にも連休中にいってきました。

15075550540.jpeg
15075559010.jpeg

なんか連休中の行動が、日本酒ブロガー仲間の方とほぼカブってます!
20代から始める日本酒生活

日本酒は無かったので、ビールでしたがマグロもいろいろ食べれて
結構楽しめました。久しぶりに充実した連休を過ごせました!



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!

スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<ル サケ エロティック ヌメロ アン 生原酒 | ホームへ | 初亀 純米吟醸 東条山田錦>>
コメント
どうもです!
なんともデジャヴを感じる記事(笑)

しかし、写真って不思議ですね。
写真だとあの狭さが伝わらないんですもの。
実際に現地に行って見ているのに、二枚目の写真の左側なんてなんだか広く見えてしまいます(笑)
僕は蔵元さん来店まで現地にいられませんでしたが、今思えばあれだけ近くで話を聞ける機会だったのだから、聞いてみたかったですね。

あとP太郎さんの飲んだお酒リストを見て、自分も國香 特選純米吟醸生酒を飲んだと思い出せました。
スッキリ感と静岡らしい香りと旨味のある良いお酒でしたね。(記憶が曖昧ですが・・・)

なんと、P太郎さんもマグロ祭りに行っていたのですか!
連絡していただければマグロも日本酒も用意しましたのに!・・・ま、連絡手段が無いのですが(笑)
僕はあの日の昼頃からはずっと河岸の市まぐろ館にいたので、すぐ近くにいたと考えるとなんだか不思議ですね。
こんなことはなかなかないとは思いますが、もし次があれば是非一杯やりましょう!
【2017/10/13 17:27】 | すん #- | [edit]
どうもです。
写真ではホント分からないものです!

でも狭かったのが幸いしてか、僕の隣に國香の松尾杜氏がたまたま
座っていて、お話をすることが出来ました。ほぼ独り占めでしたね!
時間がありすぎて最後の方は僕から席外してましたから(笑)
後から思うと聞きたいこといろいろあったのですけどね。

マグロ祭り、すんさんの記事で知って便乗してしまいました!
すんさんは「河岸の市まぐろ館」に行かれていたのですね。
ニアミスですねぇ(笑)僕はメイン会場のみでした。

あの日はかなり暑くて、人も多かったのでよね。
僕はそうそうに酔っぱらってしまい正味1時間半くらいしか
会場にいませんでした。

不思議な縁ですね。
いずれどこかでお会いするかもしれませんね。そのときは是非!
【2017/10/13 18:22】 | P太郎 #- | [edit]
こんにちは。

>「獺祭」や「十四代」みたいな流行りの酒を造るのもいいけどそれではみな全国同じような酒になってしまう。そうじゃなくこの酒を飲めば「ああ静岡の酒だな!」って分かる酒を造るのも技術の伝承だし、そういうお酒を造っている

そう思います。流行りのお酒ももちろん美味しいですけど、最後に心に残るのは何かしら特徴のあるものだと思います。これを飲むと静岡だなぁってのが大事だと思いますし、そういうのがあるから色々飲むと様々な発見があって楽しいなと思って飲んでます。まぁどうしても近所のお酒がメインにはなってしまいますけどね。

國香は前飲んで美味しかったので静岡行ったらまた買おうかな〜
【2017/10/17 05:12】 | シンパク #Zk/lHUeI | [edit]
シンパクさん、コメントありがとうございます。

その土地土地のお酒の味わいって魅力ですよね。
僕は旅行に行った時の楽しみでもあります。

しかし、日本酒はワインのぶどうと違いお米は
流通ができてしまい、全国どこの蔵でも様々な
土地のお米で酒を醸すことが可能ですので蔵の
個性がだんだん無くなってしまいましたよね。

でも、そうすることによって全国の蔵レベルが
上がったのも確かな事実ですし、難しいところ
です。

昨今の流行酒は確かに美味しいですし、僕自身
日本酒との出会いは、やはり流行の酒でした。
なので否定もできませんけどね(笑)

でも、蔵によってはテノワールの概念をもって
やられているところも増えてきましたし、若手
の蔵人を中心に日本酒のトレンドも変わるかも
しれませんね!

國香、旨いですよね。
じつは外飲みでは、何度も飲んだことがあるの
ですが、家飲みでは未飲なんです。
今度「傳一郎」でもやろうかなと思っています。
シンパクさんも是非。
【2017/10/17 09:00】 | P太郎 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/50-38b85382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)