FC2ブログ

タイトル画像

黒龍 特吟50

2017.11.11(18:18) 62

黒龍 特吟50
使 用 米:国産酒造好適米使用
使用酵母:非公開

福井県から黒龍酒造のお酒「黒龍」です。


15097149710.jpeg

言わずと知れた銘柄の「黒龍」ですが、家飲みでは意外にもこれが初めて。
外飲みでは確か一度飲んでますが、だいぶ前なのでよく覚えてません(笑)

普段から利用している酒屋さんでも取扱いがあり購入する環境はありましたが
メジャー故かなぜか手が伸びず、購入する機会がありませんでした。
ちなみに僕がお世話になっている上司に送るお歳暮のお酒だったりもします。

日本酒飲みで「黒龍」を知らない方は、まずいないかと思いますが、お歳暮で
このお酒を送っている日本酒好きの上司からは「ありがとう、あの酒ホントに
旨いな!龍ナントカってやつ。」と、いまだに覚えない人もいます。

ちなみにお中元で「獺祭」を送った際は「飲みやすいな!あのナントカまつり」
といっておりました。普段より大手酒造のパック酒をこよなく愛飲している方の
少数意見です。「黒龍」も「獺祭」もまだまだですね(笑)

今回は酒屋さんに行った際、新酒が出るトップシーズンまで少し間があるし
どうしようかな?と何を買おうか迷っていたら何気に目に留まってそういえば
飲んでなかったな…ということで購入に至りました。


15097149830.jpeg15097150040.jpeg

「特吟50」ということで特定名称がちょっと分かり難いですが大吟醸レベル
なのかな。「黒龍」噂にたがわぬ銘酒なのか非常に楽しみです。

冷酒で頂いてみます。
上立ち香は、イソアミル系の吟醸香ですね!ん、静岡吟醸ってぽいな。

含むと、うっすらバナナの風味を感じ、とてもスッキリしたテクスチャー。
美味しいな…スッと入って、スッとなくなる。とてもキレイなお酒です。

少しだけ温度が上がると、先程は感じなかったお米の旨味を後味に感じます。
旨っ、これは旨いなぁ…けど、あまり冷やしすぎない方が良いですね。
冷やし過ぎると旨味が少しぼやっとしてあまり目立たなくなりますね。

しかし静岡酒と通ずるものがあるな。いや静岡酒が黒龍に寄せているのか?
敢えて言うなら近いのは「初亀」かな? またかよっ(笑)
でも、そうだとしたら「初亀」のいろいろなスペック飲みこまないとな…

休肝日をあけて3日目。
吟醸香と味わいも少し落ち着きましが、相変わらずスッキリしたキレイな
飲み口。酒質も落ちてませんね。

これはアル添酒の成せる業なのか「黒龍」によるものなのか…
総じてレベルが高く美味しいお酒です。

味わいからもこれは燗酒にしても旨そう!と思ったので
最後の1合は燗酒にしてみました。ぬる燗くらいで。

含むと、よしっ!うん、旨い!案の定、美味しいですね。
ほっこりした甘味と旨味がバランス良くて絶妙です!
アル添っぽさも良い意味で柔らかくなったかな。
もしかしたら、最初からこっちでも良いかも…黒龍、旨いよ。

「黒龍」すっかり気に入ってしまいましたね!
これからは他のスペックも味わっていこうと思います。




日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!



スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<英君 純米 愛山ノ山廃 | ホームへ | 飛露喜 純米大吟醸 生詰>>
コメント
「黒龍」ですか。“特吟50”は飲んだことがありませんが、美味しそうな感想ですね。ぬる燗もとても美味しそうです。
私も行きつけの酒屋さんに「黒龍」特約店が多いので昨年は色々なスペックを飲んでみましたが、ある程度飲んだので満足してしまいました。
「黒龍 しずく」は素晴らしかったですが、手が届く範囲では個人的には「黒龍 吟十八号」が好みでした。
【2017/11/11 21:15】 | なまっぴ #- | [edit]
なまっぴさん、どうも。
いまさらですが・・・「黒龍」美味しいですよね!

じつは購入の際、この「特吟50」のほか「吟十八号」と「純吟三十八号」が
あってかなり迷いましたが、なまっぴさんの過去の記事はもちろん確認済み
でしたので、敢えて違うスペックを冒険してみました(笑)

「吟十八号」と「純吟三十八号」はなまっぴさんの記事で安パイなので次回は
時期的に「純吟三十八号」あたりをやりたいと思います。

しかし、「しずく」は売っているところ見たこと無いな・・・
高級酒ですが、年明けのお酒とかでやってみたいですね!
(そろそろ年明けのお酒候補も決めないとな・・・1年早いな。)

【2017/11/11 22:58】 | P太郎 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/62-f2a4e205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)