FC2ブログ

タイトル画像

正雪 別撰純米吟醸 山影純悦

2017.12.12(18:18) 74

正雪 別撰純米吟醸 山影純悦
使 用 米:山田錦 100%
使用酵母:蔵内保存酵母

今日は、サラリーマンの年2回の楽しみ、いや僕にとっては悲しみだな
そう、ボーナス支給日です!

まぁ人事の仕事なんかやってますと、社長から新入社員まで全社員の
ボーナスがすべて分かってしまうので、それは切ないのなんのって…
現実を受け止めれず、毎回消化不良です(笑)

ひとつ確かに言えることは、能力=金額では決してないこと。
要領の良さ=金額ではあるかな。でも要領の良さ=能力だったりして。

そんなやりきれない日は、せめて好きな銘柄を飲もう!という流れから
静岡県の神沢川酒造場のお酒「正雪」です。

15097150630.jpeg

杜氏の山影氏が納得したものだけを瓶詰めした商品で「正雪」のなかでも
特別なスペック、山影純悦シリーズです。

15097150730.jpeg15097150840.jpeg

山影杜氏は28BYを最後に引退されてしまったので、この28BYのお酒が
山影シリーズの最終版となります。

山影杜氏の引退を知ってから、直ぐに酒屋に行ってこのシリーズを手に
入れようと奔走しましたが、もともと正雪のなかでも人気商品のという
ことと4合瓶が少ないことも相まって何件か酒屋を回りましたが何処も
売切れで、何とかこの「緑ラベル」を入手することが出来ました。

この「緑ラベル」は春バージョンとなりますが、ホントは「赤ラベル」の
秋バージョンが欲しかったのですが、売切れで(一升瓶はありましたけど)
残念ながら購入できませんでした。

冷酒でいただきます。
上立ち香は、いかにも正雪って感じの吟醸香。そう、バナナとメロン。

含むと、そうそう、これこれっていう「正雪」の味わい。
静岡酵母特有のバナナにメロンの甘味が混じり芳醇で甘旨なテクスチャー。
ほんの少しの苦味・渋味と後味に辛味もありますが、それが良いバランスを
つくっています。甘酸辛苦渋の酸はあまり無いけど、とてもバランス良く美酒です。
(静岡酵母はあまり酸はでない酵母ですからね)

2日目。
吟醸香は初日と比べると落ち着きましたが、含むとバナナはちゃんといます。
でもメロンはちょっとおとなしくなったかな。あと苦味渋味も抑えめになり
後味もスッときれいにクリアな酒質になりましたね。

僕は初日の方が好きな味わいですが、逆に2日目以降の落ち着いた方が良いと
いう人も結構いるんじゃないかな。

最後の山影シリーズ、美味しく堪能させていただきました。
今期からは、このシリーズは新しい商品になると思いますが、是非ゲットして
記事にしたいと思います。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<而今 純米吟醸 八反錦 火入 | ホームへ | 志太泉 純米吟醸 愛山>>
コメント
どうもです!
僕も先日静岡でこのお酒を飲んできました。
現地の知り合いが用意してくれたのですが、山影杜氏が引退を受けてとのこと。みんな考えることは一緒ですね(笑)
その場にいた人間で飲みきってしまったため2日目の変化はわからずでしたが、クリアになるのなら2日目も味わってみたかったですね・・・。

秋バージョンの赤ラベルですが、実はつい20分ほど前に開栓しました。美味いです。
清水の「ぬまた旭町酒店」さんで購入しました。
河岸の市からドリプラ側へ少し歩いた場所なのですが、僕が行ったときはまだ残ってたので、一見の価値有りかもです。
【2017/12/13 15:43】 | すん #- | [edit]
どうもです。すんさんも飲まれていたのですね!

清水の「ぬまた旭町酒店」ですか、行ったことがない酒屋さんです。
今度調べておきます。

僕は「正雪」を飲むと、なぜか旧友に会ったような懐かしい感覚にとらわれます。
僕がポン酒好きになった初期の頃に出会って好きになった銘柄なので余計に印象
深いかもしれません。まぁ、人で例えると初恋みたいなものですかね(笑)

静岡では最近ようやく正雪の新酒が出回りました。「しぼりたて生」の純米ですが
僕はこれは敢えてスキップして、この山影シリーズの後継商品を狙っています。

すんさんの記事楽しみにしていますよ。では良い晩酌を。
【2017/12/13 19:04】 | P太郎 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/74-767d2b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)