FC2ブログ

タイトル画像

緑の英君 純米吟醸 うすにごり生

2018.01.12(18:18) 87

緑の英君 純米吟醸 うすにごり生
使 用 米:五百万石
使用酵母:静岡酵母HD-1

静岡県から英君酒造のお酒「英君」です。
「英君」は、このブログでも何度か紹介しており、僕の好きな静岡酒の銘柄の
ひとつでもあります。英君酒造のお酒はすべての商品を静岡酵母で造っている
蔵元さんで有名ですね。最近は酒質もメキメキと向上してきており、県外でも
「英君」の名は結構広まってきているのではないでしょうか。

「緑の英君」と呼ばれるこの「英君」は五百石を使用した純米吟醸です。
「英君」の純米吟醸カラーシリーズは、全部で3種類あってその色ごとに
酒米が違います。色ごとの酒米は下記の通りですね。

緑の英君「五百万石」
橙の英君「雄町」
紫の英君「山田錦」

この「緑の英君」は昨年初めて飲みましたが、そのあまりの美味しさに感動を
憶えた1本でもあり、今期の発売を心待ちにしておりました。
そして今回はスペック違いの「緑の英君」を2本購入しました!

15146422980.jpeg

この時期の「緑の英君」の通常スペックは無濾過生原酒であり、もちろん昨年と
同スペック商品を発売日にいつも行く酒屋で買いましたが、たまたま他の酒屋も
覗いたら、なんと「緑の英君うすにごり」があるではないか!何じゃコレは?
見たこと無い…どうやら聞いてみると、その酒屋さんの蔵元特注品らしいです。

15146423400.jpeg15146423100.jpeg

裏ラベルをよ~くみてみると「うすにごり」はアルコール度数が少し低いので
原酒ではなく加水してあるみたいですね。

今回は「うすにごり」のスペックの方からいただきます。
上立ち香は、静岡吟醸らしいイソアミル系でバナナ、ほんのりメロンも。

15146423260.jpeg15146423540.jpeg

含むと、上立ち香そのままにバナナにわずかなメロンの甘旨の味わいです。
後味も雑味はあまり無く、ふんわりと優しくお米の旨味もそこそこ。
ガス感は僅かにとけている程度に感じられます。
緑の英君、やっぱり旨いな。

でも、ただひとつ注文をつけるとすると若干薄いかな…
加水って前情報がそう思わせているかも知れませんが、何か飲んでてもこれの
原酒はもっと旨いんだろうなぁ…っていうのがどうしても頭をよぎります。

後、冷やし過ぎない方がこのお酒の個性が活きると思います。
味わいが広がり旨味がのって、そっちの方が美味しいですね。

「緑の英君」今年も美味しく頂きました。
無濾過生原酒の方はもうちょっと寝かせようかな。



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<志太泉 蔵出し濁り酒 本醸造生原酒 | ホームへ | ちえびじん 純米大吟醸 愛山>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/87-68c06256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)