FC2ブログ

タイトル画像

正雪 純米大吟醸 山田穂

2018.01.24(18:18) 91

正雪 純米大吟醸 山田穂
使 用 米:山田穂100%
使用酵母:自社培養酵母

静岡県の神沢川酒造場のお酒「正雪」です。
このブログではもうお馴染みの銘柄。

今日は会社で物凄く嫌なことがありました。(詳しくは書きませんが…)
あの上司、下らないことばっかり言いやがって…
これはいつか必ず仕返ししてやります。倍返しだっ!ちょっと古っ(笑)

なので、せめて晩酌の日本酒だけは外したくないと思って大好きな銘柄を
飲むことにしました。

この「正雪 純米大吟醸 山田穂」は、前回の「正雪 純米吟醸 愛山」と同じく
今年から720MLも発売されたので、購入してみました。
この「正雪」は、僕がストックしている28BYの最後の正雪ですね。

15130797910.jpeg

去年は純米吟醸だったみたいですが今年は純米大吟醸にグレードアップしたとの事。
確か精米歩合は、去年も同じ50%だったはずですが特定名称だけを変えたみたい。
それなら味わいもグレードアップしているのかな?期待したいところです。

15130798020.jpeg15130798110.jpeg

「山田穂」のお酒は初めて飲みます。(この酒米「やまだぼ」って読むんだね。)
酒米の王「山田錦」の母方の品種らしいです。でも母方って…よく分からんな。
山田錦は山田穂と短稈渡船の交配だから、だとすると短稈渡船は父方なのか?
今度そこら辺を調べてみよう!

冷酒でいただきます。
上立ち香はいつもの正雪にしては大人しめですね。控えめなバナナ。

含むと、ああぁ…正雪って感じ。安定の味わいです。もうこの時点で美味しいなぁ。
結構甘いですね!トロっとした甘さ。この前に飲んだ純吟愛山と比べるとあっちは
甘美な甘さで酸味もありスッキリしていましたが、こっちは膨らみがある感じかな。

静岡吟醸らしく基本ラインはイソアミル系でバナナやメロンなのですが、米の旨味も
程良く混ざってバランスが良いですね。うっすらバニラ感も時折感じます。

そこそこ温度が上がった方がよりお酒の輪郭もハッキリしてきて旨いですね。
若干苦味が感じられますが、ギリギリ許容範囲かな。

2日目。
香りも味わいもさほど落ちずに美味しいですね。
最近飲んだ正雪の何本かは2日目以降に少し水っぽくなるお酒が多かったので
その点はちょっと安心しましたね。うん旨い!今期もまた買おうかなぁ。

でも「正雪」は今期より杜氏が変わったので、28BY同様の味わいがいかに
再現できるかだな。この間飲んだ純吟プレミアムがイマイチだったので…

「正雪」美味しかったです、やっぱり好きな銘柄ですね!
今期はたぶん何本かやると思いますが、前期のお酒を超えるような正雪を
期待したいですね!



日本酒ランキング
↑ クリックにご協力をお願いします!


スポンサーサイト





日本酒とワインブログ。ときどき競馬


<<開運 純米無濾過生原酒 | ホームへ | 飛露喜 特別純米 生詰>>
コメント
反応が遅くなってしまいましたが、どうもです!

正雪の山田穂ですか、気になっていつつも例によって僕は未飲ですね。
味わいも安定の正雪味とのことで・・・僕も飲みたかったなぁ!
お米の父方母方に関しては、たしか花粉を提供する側が父方であったと思います。
植物は専門外なのでうろ覚えなのですが、交雑率が結構低いようで、農家さんの苦労あってのものだと思います。

話は変わりますが先週末はいかがでしたか?
素敵なお酒との出会いがあったのでしたら幸いです。
実は僕も土日で清水に行っていたのですが、その際は仕事が忙しく酒屋さんによることもできませんでした。
当初の予定では静岡酒を買いあさるはずだったのですが・・・仕事ですから仕方ないですね。

静岡も寒かったですしどうかお体に気をつけて、よい晩酌をお過ごしください。
【2018/01/29 15:50】 | すん #- | [edit]
すんさん、どうもです。

僕がストックしてある28BYの正雪、最後の1本を空けてしまいました。
今後の正雪がまだ判断しかねるのですが、この正雪の味を是非とも
継承して欲しいですね。

土日は清水に来られていたのですね。
前回、すんさんが静岡に来られた時に行かれた「コメヤス酒店」に
僕は土曜日に行ってましたよ!もしすんさんが酒屋巡りしていたら
ニアミスでしたね(笑)ちなみにコメヤスでは「十九」を買いました。

先週末の件はすんさんのブログに書きましたのでそちらをご覧ください。
やはり神奈川は雪が降るだけあって、静岡より寒かったですよ~
静岡に帰ってきたら若干暖かく感じましたから。

すんさんも、お体に気をつけて下さい。
【2018/01/29 21:32】 | P太郎 #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pitarosake.blog.fc2.com/tb.php/91-2b6b4f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)