FC2ブログ

タイトル画像

NHKマイルカップ

2018.05.05(18:18) 129

NHKマイルカップ

今週は6週連続GⅠの第2戦目「NHKマイルカップ」です。
今年のメンバーを見渡すとクラッシックとは一線を画す馬やクラッシックからの
路線変更など世代の一線級と比べると正直レベルは下がりますが、牡馬・牝馬が
入り混じり馬券的には非常に魅力的なレースです。

なので馬券は敢えて穴狙いでいきます!馬連の流しで勝負。

軸は18番「ロックディスタウン」
言わずと知れた怪物オルフェーヴル産駒の元・女王候補だったこの馬。
なんと土曜日の時点で11番人気まで人気が落ちました。(ここまで落ちるかね…)
今までの全4走がすべて1番人気でしたが、さすがに2走続けての凡走が評価を
ガタ落ちさせた要因ですね。気性難がありムラっけがあるため馬券的には非常に
狙い難いが、そこを敢えて狙いたい。皐月賞でも怪物の血が覚醒して勝ったのは
オルフェーヴル産駒だし今年はそういう流れもあるのかな。
もともとのポテンシャルはGⅠ級だと今でも信じているので何とか立て直して
もらいたい(願望込)広い東京コースでこの馬の持っている爆発力を繰りだし
全頭ブチ抜いてほしい。池添、頼んだぞ!オルフェ産駒で勝ってこそのお前だぞ!

相手は人気どころから5頭。
1番「カツジ」5番「プリモシーン」7番「タワーオブロンドン」9番「ギベオン」
11番「ケイアイノーテック」

「カツジ」トライアルを後方から追込で勝っているし、東京でも期待できそう。

「プリモシーン」鞍上の戸崎が惚れ込んでいる馬。前走の桜花賞は不発だったが
今回は一発があるかもしれない。たぶん思い切った騎乗をするだろう。

「タワーオブロンドン」1番人気で名門藤沢厩舎、このレース後に海外遠征まで
考えているとのこと余程この馬には素質があるのだろう。

「ギベオン」唯一負けた前走は相手(ブラストワンピース)が悪かった。
鞍上はGⅠ常連のデムーロ、藤原厩舎はGⅠでメイチの仕上げには定評がある。

「ケイアイノーテック」何気に相手なりに走っているイメージ。それだけ能力が
あるということだが、逆に何かが足りないのかも知れない。思い切った騎乗で
ハマる可能性はあるかも。そこはプリモと一緒か。

GWの最終日、最後くらいは良いGWだったと勝利の美酒を飲みたいなぁ。
(おそらく反省会の飲みになると思いますが・・・)




日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

皐月賞

2018.04.14(12:19) 120

皐月賞

ほぼ日本酒の記事しか紹介しておりませんが・・・
競馬も日本酒同様にガッツリやっております。
しかし収支は散々なもので…だいたいJRAに貯金しております。
(いつかは利子をつけて返してもらいますけどね。)

さて皐月賞ですが、不動の大本命「ダノンプレミアム」が直前回避によって
俄然混戦ムードとなりました。

昨年のこのレースは荒れに荒れて3連単100万円超えで決着しました。
今年は週末の天気も微妙とあって荒れること前提で馬券を買いたいと思います。

買い目は3連単で2頭軸マルチで相手は4頭。

まず軸の1頭目は「ワグネリアン」
あまり器用なタイプではなく、コーナーが多い中山はいかにも不向き。しかも内枠に
入ってしまったので頭は無いにしても馬券圏内には入ってくると思いたい。届かずの
2着か3着ってイメージ。たぶん福永なら良くも悪くもやってくれる筈。

もう1頭の軸は「ジェネラーレウーノ」
前走からだいぶ間隔は開いているが、今回と同じ舞台の中山2000mを強い内容で
勝利している。このローテで勝たれたらトライアルレースって何?って感じはあるが
先週の桜花賞の勝馬(アーモンドアイ)が同じようなローテであっさり勝ってしまい
今年はそんな流れもあるのかなという願望も込めて。頼んだぞ!田辺。絶好枠だぞ!

相手候補はこの4頭。
「タイムフライヤー」「ジャンダルム」「エポカドーロ」「オウケンムーン」

まず「タイムフライヤー」は、このメンバー唯一のGⅠ馬。前走で格下メンバー相手に
5着と負けてしまったが、上りは使っており乗り方ひとつでなんとか通用するのでは?
と思った。最内枠に入ってしまったが内田が腹を括って道中内で脚を溜めるだけ溜めて
最後にズドンを期待して。

「ジャンダルム」は大崩れしないタイプ。能力的には今一歩だと思うが、鞍上はなんと
言っても天才・武豊。クラッシックの大舞台で馬券圏内には持ってくるだろう。

「エポカドーロ」出走馬中唯一の怪物3冠馬オルフェーヴル産駒。
陣営からは逃げ宣言がでているが、馬場が渋れば案外面白いかも。父が勝利したこの
舞台で能力を超えて怪物の血が覚醒して勝利したら、ちょっとドラマだな。

「オウケンムーン」この馬もトライアルを使わず、前走の共同通信杯から参戦となるが
近年の共同通信杯優勝馬の活躍は目覚ましい。血統的にも渋く鞍上の北村も新馬戦から
ずっと手綱をとっているので既に手の内にいれているだろう。北村はたまに穴を空ける。

今日取れなければ、次の天皇賞・春の資金が尽きるので、また入金、いや貯金せねば(笑)



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

今年のクラッシック戦線(牡馬編)について

2018.01.30(08:08) 94

今年のクラッシック戦線(牡馬編)について

牡馬の方は結構役者が揃っていて、まだ直接対決が少ないのでこれから
本格的にトライアルが始まってみないと力関係はハッキリしませんね。
けど、こういう状態の方がワクワクしますし、楽しみは広がります!

まずは不動のリーディングサイアーのディープインパクト産駒からこの3頭。

「ダノンプレミアム」
朝日杯FSをレコードタイムで圧勝。しかも最後はほとんど追わずに楽勝して
のけたので見たときは正直、怪物か?と思いました。
レースレベル云々は確かにありますが、あそこまで余裕に勝たれると主役級と
言わざるを得ません。距離はまだ持ちそうな気がしますが、マイルをあれだけ
鮮やかに圧勝すると逆に距離が伸びてどうかな?って一抹の不安は残るかな。
今年は弥生賞で始動とのこと。主戦騎手は川田。

「ワグネリアン」
今年のダービー候補ナンバーワンと最も呼び声高い一頭ですね。
デビュー以来3連勝で東京スポーツ杯2歳Sを完勝し、暮れのGⅠには目もくれず
今年のクラッシックに照準を合せている大物感漂うディープ産駒。
鞍上が福永っていうのは多少気になりますが、弥生賞から始動ということでそこで
完勝するようなら、ダービーまで狙える器かな。

「オブセッション」
昨年のダービートレーナーの名門藤沢厩舎からの刺客。
まだ2戦しか使っておらず重賞すら出走していないが、前走で大物感たっぷりの
完勝で一躍有力候補に。鞍上はルメールで厩舎の先輩であるダービー馬レイデオロと
どうしても被る。始動はやはり弥生賞から。

そして、ハーツクライ産駒からはこの2頭。

「グレイル」
2戦2勝でラジオN杯2歳Sの勝ち馬。2戦とも着差こそ僅差での勝利だったが、前走の
ラジオN杯2歳Sで2着に負かした馬が後のGⅠで勝利した「タイムフライヤー」で一転
して有力馬候補に。鞍上を天才・武豊を擁して栄冠を狙う。
血統的にもまだ底が見えない未知の部分があり今後の成長力次第だが距離はあった方が
良さが活きそうな感じ。同じハーツクライ産駒で昨年のスワーヴリチャードと少し被る。
始動は共同通信杯からで、そこで圧勝するならサウスポーの可能性もありそう。

「タイムフライヤー」
昨年よりGⅠへ昇格したホープフルSを快勝してGⅠ馬となりましたが、前々走で
前述のグレイルに後塵を拝しており、新設GⅠとは言えレースレベルにも疑問符が
つきます。ただレース内容としては最速の上がりを繰り出して差し切ったところと
大崩れしない安定感は評価したい。レースのレベルが上がっても相手なりに走って
きそうな感じはあるかな。始動は若葉Sの予定。

その他産駒からは2頭。

「ジェネラーレウーノ」
スクリーンヒーロー産駒で血統的にも少し地味に映るが、前走の京成杯で晴れて
重賞ウィナーの仲間入りに。当初はクラッシックに上がってくるような馬だとは
思わなかったが、前走のレース内容を見てこの馬の評価を改めました。
皐月賞の同条件のレースで早めのポジションを取ってそのまま押し切りましたが
何かこういう馬が本番の皐月賞でも2着か3着に逃げ粘りそうな感じはある。
スクリーンヒーロー産駒なので本格化は古馬になってからだと思うが、皐月賞では
ヒモ候補で狙いたい馬ですね。主戦騎手は田辺で弥生賞に出走予定。

「ステイフーリッシュ」
実質的に今年の世代がラストクロップ※となるステイゴールド産駒。
(ほんとのラストクロップとなる来年の産駒は1頭のみだから)
ホープフルSをキャリア1戦ながら負けて強しの内容。
勝ち馬よりむしろこちらの馬の方を評価したい。デビュー戦より中2週でGⅠに
参戦して使ってきましたが、最後の直線は見応えがありました。レース後の騎手の
コメントでも負けたのは「キャリアの差」と言っていたように成長力次第では主役
候補になりうる存在。母方の血統的にも一族にはGⅠ馬をはじめ重賞馬も多数おり
血統的にはしっかりしている。なにせあの「ステイゴールド」の産駒だけに最後に
大物が飛び出してもおかしくは無いかな。始動は共同通信杯からで賞金加算を狙う。
鞍上は中谷。ベテランだが、ハッキリ言って過去にも目立ったお手馬がいないので、
こういった騎手には是非とも頑張ってもらいたい。

牡馬は役者がかなり揃ってますが、トライアルレースの弥生賞に参戦する馬が多く
実質GⅠ並みのメンバーで行われそうです。このレースで大方の力関係がハッキリ
しそうですが、ある意味本番の皐月賞より面白いかも。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

今年のクラッシック戦線(牝馬編)について

2018.01.29(17:06) 93

今年のクラッシック戦線(牝馬編)について

ほぼ日本酒に偏っていますが「日本酒と競馬ブログ」というお題でブログを
やっているので、たまには競馬ネタを。

今年のクラッシック戦線は牡馬・牝馬ともに既に始まっていますが、今年は面白そうな
馬が揃っているなという印象です。

まずは牝馬から。注目はこの3頭ですね。

「ラッキーライラック」
無敗で2歳女王に輝きましたが、阪神JFを見返してもまさに横綱相撲での完勝。
父はあの怪物「オルフェーヴル」で初年度産駒にあたりますね。
兄弟を見る限りだとあまり長い距離を使っていないので、新馬戦より1600mを
使い続けていると思われますが、父がオルフェーヴルとなって距離の壁を越えて
どうかは注目したいところです。こと桜花賞では最有力候補なのかな。

「ロックディスタウン」
前述のラッキーライラックと同じオルフェーヴル産駒で、阪神JFで無敗対決が
注目されましたが、結果9着と明暗が分かれた格好となってしまいました。
夏の北海道で行われた札幌2歳Sで牡馬を相手に勝利だったので阪神JFでは
こちらが1番人気でしたが、大外枠発走でレースは終始外々を回されたことと
前走から3ヶ月以上のレース間隔からか結構行きたがってポジションもだいぶ
前だったように思います。
なので、この馬はトライアルでもう一度見直す必要があるのかなと思います。
ポテンシャルはもしかしたらラッキーライラック以上かもしれないのでその点を
踏まえ仕切り直しですね。距離は中距離くらいまでかな。

「アーモンドアイ」
年明けのシンザン記念を牡馬相手に最後の直線で異次元の末脚繰り出して快勝し
一躍注目馬となりました。父は短距離界の怪物「ロードカナロア」の初年度産駒で
母はGⅠ馬「フサイチパンドラ」母はエリザベス女王杯を制しオークスでも2着と
距離適性がありましたが、父がロードカナロアだけに距離の壁はありそう。
でも前走の勝ちっぷりからマイルを超えても通用しそうな気配はあり、桜花賞は
もちろんのこと、秋華賞でも勝ち負けになりそうな感じはあります。

今後のトライアルで楽しみな馬が新たに出てくるかもしれませんが、取りあえず
今のところでは、この3頭に注目していきたいと思います。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


タイトル画像

有馬記念

2017.12.23(15:15) 80

なんか久々の競馬ネタ。
いちおう、日本酒と競馬ブログと公言しているにもかかわらず
競馬記事は最近サボっております。競馬自体はやっております!
(当たってはおりませんが・・・)

さて、いよいよ一年の競馬の集大成。そう有馬記念です。
(今年から有馬記念後の28日に新設のGⅠがありますが…)

今年の有馬記念は率直な感想はちょっと小粒かなと思います。
今年の競馬界の顔「キタサンブラック」はともかく他のメンバーが
ちょっとなぁ…と思ってしまいます。

キタサンブラックのライバル「サトノダイヤモンド」をはじめ、3歳勢の
クラッシックホース「アルアイン」「レイデオロ」「キセキ」の3頭すべて
回避、しかも3歳牝馬のクラッシックホース3頭も出ない。

すこし拍子抜けの有馬記念となってしまいましたが、一年の締めくくりの
レースですから、例年同様に今年も購入資金をいつもより増やして挑みます。
そう、今年は先日購入してしまった羽毛布団代を稼がねば・・・

このメンバーからも本命は「キタサンブラック」と行きたいところですが
人気が一本被りであることから、ギャンブラーの僕からすると馬券妙味は
既に無く、本命は「サトノクラウン」で決まり。

相手に「スワーヴリチャード」「キタサンブラック」「サトノクロニクル」
「レインボーライン」へ馬連で流します。

本命のサトノクラウンは右回りの方が得意であり、荒れた馬場は良く走る。
有馬記念が行われる中山競馬場も明日で開催8日目を迎え、ぼちぼち芝の
状態も荒れてくるころかな。(ホントはひと雨欲しいところだけど…)
そして、関東馬なので長距離輸送がなく、関西の他有力馬に比べその点は
プラスに働き、騎手は何と言っても世界のライアンムーア、騎手込みの本命。

相手筆頭のスワーヴリチャードは、前走アルゼンチン共和国杯でこの馬の
非凡な能力の片鱗をみたような気がする。秋は調整が遅れからすこし始動が
ズレ込んだが成長力いかんではもしかしたらキタサンを負かすことの出来る
馬かもしれない。ただ気になるのはサウスポーかもしれないという点かな。

あとキタサンブラック、この馬はもはや語るまでもない現役馬では絶対的な
王者でありすでに名馬。さすがに保険で流しておきました。


その他相手のサトノクロニクルとレインボーラインは、本命をサトノクラウンに
したので、サトノクロニクルは終わってみればサトノ馬のワンツーとかあると
怖いので一応ちょっとだけ購入。レインボーラインは天皇賞・秋でお世話になり
この馬はいつも一生懸命に走っており最後は必ず伸びてくるから展開はハマれば。

今年のこんな馬券にしましたが、ちょっと穴狙いなのでどうかなぁ…
もし当てたら実りあるお正月を迎えられそうです!明日が楽しみだな。

頑張れ!サトノクラウン。キタサン3着でいいよ(笑)
もし来なくてもサブちゃんは「祭り」歌うって公言しているから。

でも、考えてみたらサブちゃんを見に行くのに〇万円払って、離れたところから
小っちゃいサブちゃん見るより、明日中山競馬場で結構近くで見た方が良くね?
競馬場の入場料ってワンコイン以下だよ。



日本酒とワインブログ。ときどき競馬


競 馬
  1. NHKマイルカップ(05/05)
  2. 皐月賞(04/14)
  3. 今年のクラッシック戦線(牡馬編)について(01/30)
  4. 今年のクラッシック戦線(牝馬編)について(01/29)
  5. 有馬記念(12/23)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ